電子版有料会員の方はより詳細な条件で検索機能をお使いいただけます。

22件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.005秒)

アイエフエム、食品向け電磁流量計を発売 配管内の媒体可視化 (2024/5/28 電機・電子部品・情報・通信2)

ifm efector(アイエフエム エフェクター、東京都港区、岩室一志社長)は、食品産業向けの電磁流量計「SM Foodmag(エ...

アズビルがタイに新工場 15億円投資、電磁流量計など生産 (2024/4/19 機械・ロボット・航空機)

工業向けの電磁流量計や差圧発信器などを生産する。... 電磁流量計を中心とした大型加工、組み立て、塗装、検査、出荷を効率的に配置した新しい生産ラインを今後設置する計画。... アズビルプロダクションタ...

横河、インド流量計買収 グローバル品質で現地生産 (2024/3/4 機械・ロボット・航空機2)

自社の電磁流量計の現地生産拠点とし、2025年に生産を始める計画。... アデプトは1983年に設立し、電磁流量計を30年以上製造する。... 差圧・圧力伝送器やガス分析計は現地生産しているが、電磁流...

三つ目の棟になり、工場やプラント向けの電磁流量計、差圧発信器などの計測器を生産する。... タイでは13年に工場を開設し、工業向け温度調節計、各種センサー、空調用コントローラーなどを生産しており、新工...

東京計器は流量計が正しい流量を測定できているかを試験する流量校正ビジネスに本格参入する。... 自社製流量計に加え、他社製流量計やプラントメーカーの流量計の性能も確認できるようになった。... 超音波...

鹿島、ボーリング調査の安全性向上−湧水量を正確に把握 (2015/11/25 建設・エネルギー・生活1)

スイリモはボーリングマシン先端部に電源内蔵型水圧計ユニットを装備。... 同時にボーリングを始めた口元に電磁流量計を設置。

まずは受注先の浄水場向けに、最新の設備監視・制御システム、電磁流量計など各種分析計の技術解説などを行う。

アズビルは22日、国際標準準拠の校正証明書を付加した電磁流量計「マグニュー3000フレックスプラス=写真」を23日に発売すると発表した。メーカーが海外で使用する電磁流量計では国際標準の校正証明...

アズビルは27日、中国市場向けの汎用電磁流量計の生産を中国・大連工場で始めたと発表した。... 汎用品の生産開始により、中国市場での電磁流量計全体の販売額を1年後に現在比2倍、2年後に同3倍に増やす。...

インドネシア地方給水事業公社がバリ島南部に新設するペタヌ浄水場に、統合監視・制御ソフト、ネットワークベース生産システム、電磁流量計などを納める。

アズビルは30日、米国流量計メーカーのボルテック(コロラド州)を買収したと発表した。ボルテックの渦流量計を製品群に加え、電磁流量計に強いアズビルの製品群を補完するほか、北米での流量校正...

横河電機 独自の励磁方式により、高い測定精度と耐ノイズ性を持つ2線式電磁流量計「アドマグAXRシリーズ」に新機能を追加し、発売した。

プラント制御システムに組み込む流量計などのうち、汎用的な製品の生産から撤退。... 電磁流量計と渦流量計、一部機種を除く光計装機器の供給を5月で打ち切る。環境用途の伸びが見込めるガス分析計や水質計のほ...

同流量計の国内市場規模は年間約35億円。... 山武が発売するコリオリ質量流量計は、Ω形状の測定管を使って液体や気体の質量流量を測るタイプ。... 現在普及している電磁流量計に比べると、電気を通さない...

東芝は電磁流量計変換器で、業界で初めて脱着端子台を採用し操作性を向上させた新製品を7月から販売する。... 現在、東芝の電磁流量計全体の事業規模は約15億円。

山武は電磁流量計が正しく測定できるかを検査して補正する校正の請負事業に参入する。... 山武瑞穂で校正した電磁流量計は世界的計量標準に基づき測定精度を保証されることになる。 ... 電磁流量計...

山武は子会社の山武瑞穂(京都府京丹波町)の本社工場に、電磁流量計の測定値を調整する実流校正装置(写真)を完成した。... 同装置の稼働により、電磁流量計の加工・組み立て...

山武はペットボトルや缶など飲料物の液体充填(じゅうてん)装置に使う電磁流量計「マグニュー3000ハイパーMGR11A=写真」を発売した。... 充填システム内の洗浄・殺菌工程に...

横河電機は測定誤差プラスマイナス0・5%以内に抑えた2線式の電磁流量計「ADMAG AXRシリーズ」を09年2月に発売する。... 液体の流量測定に利用する。

山武は米国で現在、半導体業界向け制御機器の販売子会社と電磁流量計の販売子会社が事業を展開しており、両社は09年1月に合併する。

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件の記事を保存することができます。

ログイン