676件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.014秒)

リチウムイオン電池を構成する正極材、電解液、グラファイトのクローズドループ・リサイクルに関する手法の研究開発を進める。

挑戦する企業/旭化成(3)CO2ケミストリー、世界をリード (2022/6/8 素材・医療・ヘルスケア)

同社の技術はポリカ樹脂からリチウムイオン電池用電解液の溶剤、ウレタン原料のイソシアネートなどへ広がっている。... さらに次世代技術として、他社との協業でグリーン水素を使ったCO2変換やCO2電解還元...

重量エネルギー密度がリチウムイオン電池の10倍以上というリチウム空気電池は通常の微多孔フィルムのセパレータでは、異なる電解液の混合による劣化やショートの発生などの安全性が課題。... 空気電池内の異な...

流動電位で電解重合反応 東工大が成功 (2022/5/30 科学技術・大学)

東京工業大学の稲木信介教授と岩井優大学院生らは、電解液が流れると生じる流動電位で電解重合反応を起こすことに成功した。... 電力のない極限環境などで電解反応を起こす手法になる可能性がある。 &...

電極材料が電解液を練り込んだ粘土状の半固体リチウムイオン蓄電池で、電解液を満たした従来の液系電池に比べ安全性が高い。... 例えば、箔(はく)の表面にスラリーと呼ばれる液体と固体粒子の...

物質・材料研究機構の松田翔一主任研究員らは空気電池の電解液探索を自動化した。... 1000万通りの実験条件の中から約1万条件を実験し、電解液の添加成分の協調効果を発見した。 ...

セルは熱を使って電解液を取り除き、粉砕して粉状のブラックマスに処理し、銅や金などは回収する。 電解液を乾燥する電気炉の電力は再生可能エネルギーを用い、工場全体でRE100を実現する。

グリーン水素製造技術は自社の水電解技術を核に、再生可能エネルギー発電事業者や水素需要家と組んで25年度の事業化を目指す。... リチウムイオン電池用電解液は、欧米での増産を計画する。 ...

電解液を改良し、電極材料との相性最適化により、自動車車室内で求められるマイナス40度C―プラス85度Cの動作温度範囲を実現したことが評価された。

電解液と電極表面が触れているためイオン移動度を損なわない。

日本触媒は2025年3月期までに、リチウムイオン電池用電解質「イオネル」の生産コストを現状比で半減できる生産プロセスを確立する。... 同社でも電解質のコスト低減を急ぎ、価格競争力...

電解液の開発では、ナノ界面評価技術を用いて、リチウムイオン電池の電極界面評価などを進め、機能向上に役立てている。

1000万通り以上の組み合わせがある実験条件の中で約1万種の電解液を調製して評価し、添加剤の組み合わせの妙を発見した。... リチウム空気のアミド系電解液の添加剤の配合を検証した。... この候補の中...

電解液などを工夫することで、この二つの炭素―酸素結合による反応を利用することに成功した。

電解液注液 技術的なポイントの二つ目は、少量の電解液を均一に電極内部に浸透させる注液技術だ。リチウム空気電池のエネルギー密度を最大化するためには、電解液量を極限まで削減する...

イオンが隙間に入り込むのを阻もうとする反発力を抑える技術と高電圧に適応する低コストの電解液の開発で実用化にめどが付いた。

三洋化成、30年までに200億円投資 基盤3分野強化 (2022/3/9 素材・医療・ヘルスケア)

風力発電の風車向け炭素繊維用集束剤や、自動車の自動化に使われるアルミ電解コンデンサー用電解液、腸の内視鏡検査で用いる医薬品用ポリエチレングリコールといった、成長が見込まれる基盤事業三つを中心に投資する...

「木質由来のセルロースナノファイバー(CNF)を活用したもので、高い耐熱性や安全性、電解液浸透性を実現する。

従来の微多孔質フィルム製に比べ加工が容易で、高い耐熱性や電解液浸透性、低コストが特徴だ。... フィブリックは電解液溶媒(プロピレンカーボネート)を使った浸透性の実験で即座に染み込むこ...

クレイ型電池は電極に電解質を練り込んで粘土状とした構造で、電解液を用いた従来のリチウムイオン電池と比べて安全性が高いのが特徴。... 【用語】クレイ型リチウムイオン蓄電池=電極材料が、電解液を...

おすすめコンテンツ

切削加工技術者のための知識と理論

切削加工技術者のための知識と理論

詳解 車載ネットワーク 
CAN、CAN FD、LIN、CXPI、Ethernetの仕組みと設計のために

詳解 車載ネットワーク CAN、CAN FD、LIN、CXPI、Ethernetの仕組みと設計のために

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

金属加工シリーズ フライス加工の基礎 上巻

金属加工シリーズ フライス加工の基礎 上巻

金属加工シリーズ 研削加工の基礎 上巻

金属加工シリーズ 研削加工の基礎 上巻

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン