電子版有料会員の方はより詳細な条件で検索機能をお使いいただけます。

41件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.007秒)

この中には、風や太陽光が弱い時に機動的に発電する「水素スプリンター発電設備」(容量440万キロワット)や、太陽光発電設備、水電解設備、水素貯蔵設備を備えた「水素ハイブリッド発電設備」&...

旭化成、電解槽事業を革新 状態監視サービス、セル貸与と一体提供 (2023/4/24 素材・建設・環境・エネルギー)

旭化成は2024年度をめどに新たなデータ駆動型サービスを立ち上げ、約50年続く食塩電解設備のビジネスを革新する。顧客に導入した設備の状態監視と基幹部品(セル)の修理・交換時期の最適化、...

挑戦する企業/AGC(10)カーボン・ネットゼロ挑む (2022/12/21 素材・医療・ヘルスケア)

スコープ2は大量の電力を使うクロール・アルカリ電解設備の割合が大きい。... 燃料電池用のフッ素系電解質ポリマーなど需要の急増が見込まれる製品もある。

22―24年度の設備投資2000億円(前3カ年比25・2%増)のうち、スペシャリティ分野にコモディティの2倍の800億円を充てる。... コモディティ分野ではアジアの電解・塩ビ...

挑戦する企業/旭化成(7)スマートファクトリー (2022/6/15 素材・医療・ヘルスケア)

25年の事業化に向けてグリーン水素製造用アルカリ型水電解設備は同取り組みの先頭を走る。福島県で稼働中の実証設備をサイバー空間上に再現したデジタルツインを作成。

東ソー、比で電解設備能力を増強 来年11月商業運転 (2022/3/2 素材・医療・ヘルスケア)

東ソーは1日、フィリピンでカセイソーダと塩素を生産する電解設備の生産能力を増強すると発表した。... グループ会社のマブハイ・ビニル・コーポレーション(マカティ市)に電解設備を増設する...

ENEOSなど、グリーン水素実用化へ 燃料電池車に充填成功 (2021/11/4 建設・生活・環境・エネルギー1)

今後、電解設備の大型化に取り組み、30年の商用化を目指す。 ... 水電解で生成した水素を一度タンクに貯蔵し、あらためてトルエンと反応させMCHに変換する従来法と比べ、工程...

(梶原洵子) 【思惑が一致】 三菱ケミカルは、2020年秋にも福岡事業所(北九州市八幡西区)にある電解設備を大阪ソーダに譲渡する。....

展望2020/東ソー社長・山本寿宣氏 高利益体質で世界で戦う (2020/1/31 素材・医療・ヘルスケア)

通常ウレタン原料は旧正月明けに需要期に入り、市況は若干回復の期待がある」 ―フィリピンに塩素やカセイソーダを生産する電解設備の新設を検討しています。 ... 半導体...

太陽光電力で水素製造 旭化成が検証試験 (2018/6/4 素材・ヘルスケア・環境)

旭化成は福島県相馬市にアルカリ水電解設備を設置して、IHIと共同で太陽光発電を電源にした水素の試験製造を始めた。同設備の最大水電解電力は120キロワットで、水素製造能力が毎時25ノルマル立方メートル。...

三井金属、台湾で高周波基板用銅箔を増強 (2017/7/24 素材・ヘルスケア・環境)

三井金属はサーバーなどの通信機器に使う高周波基板用の電解銅箔「VSP」の生産能力を、台湾工場(南投市)で現在比57%増の月275トンに増強する。... 設備投資額は数億円。.....

電源設備や工場内のメッキライン、電解設備などに設置され、電気分解槽のメンテナンス時に電流を迂回(うかい)させるのに使う。... 装置はプラント内に設備の一部として組み込まれるため、自社...

カセイソーダの製造プロセスで使われる、イオン交換膜電解設備の前処理を行う装置で、東南アジアでは最大規模の精製能力を持つ。

「(塩ビモノマー原料とカセイソーダを生産する)電気分解設備の稼働率は現在約80%で生産余力がある。10月に南陽事業所(山口県周南市)の塩ビモノマーの生産増強が完...

需要低迷による稼働率の低下や円安で主原料を生産する電解設備のコストが上がり採算が悪化したため。

テクニップが旭化成ケミカルズのイオン交換膜法食塩電解技術と機器を使用して拡張工事を行う。... イオン交換膜法食塩電解プロセスは、水銀やアスベストを使った従来の方法に比べ有害物質を使用せず、省エネルギ...

(電解設備で生産される)塩化ビニール樹脂やカセイソーダなど素材事業は売り上げが高いが利幅が薄い。... 南陽事業所は3基の塩化ビニールモノマー製造設備のうち、2基が稼働再開。事故が起き...

東ソーは2011年11月に爆発火災事故を起こした南陽事業所(山口県周南市)の三つある塩化ビニール樹脂原料製造設備のうち、第一設備(年産能力25万トン)と第三設備(...

工業塩を電気分解して塩素とカセイソーダを生産する設備の稼働率が塩素需要の低迷で70%程度に落ち込んでいるほか、電解製品価格の下落、電解設備の維持負担増で採算が悪化しているため。 国内最...

同製造所内の電解設備で発生する水素から液化水素を生産し、全量を岩谷産業が販売する。

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件の記事を保存することができます。

ログイン