電子版有料会員の方はより詳細な条件で検索機能をお使いいただけます。

194件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.004秒)

発電所とひも付いた非化石証書付きの電気を購入することで、電気の種類を識別できる。ただ、国が管理する非化石証書は制度上、発電所が後付けになるイメージ。恵那電力の太陽光発電所は再生エネ固定価格買い取り制度...

自然電力、米MSと仮想PPA (2024/4/3 素材・建設・環境・エネルギー2)

同発電所の稼働によって発行する非化石証書は、米マイクロソフトに供給する。マイクロソフトは非化石証書を購入することで再生エネルギーの利用実績を得られる。

グッドホールディングス(兵庫県西宮市、赤沢健一社長)傘下のリヴァックス(同、山本英治社長)は、トラッキング付非化石証書の導入により、西宮バイオガス発電プラント(...

2024年7月以降に運転開始予定の太陽光発電所で創出された追加性のある環境価値の全量を、再生可能エネ固定価格買取制度(FIT)に依存しない「非FIT」の非化石証書として20年間購入する...

東証が開設した市場との差別化という意味では、J―クレジットのみならず、非化石証書(非化石電源で発電した電力の証書)や民間・NGO主導で発行したボランタリークレジットまで国内外の幅広いカ...

東京発電と東電EP、静岡銀に小水力電力供給 9店舗を脱炭素化 (2024/3/13 素材・建設・環境・エネルギー2)

東電EPが発電所由来のトラッキング付きFIT(再生可能エネルギー固定価格買取制度)非化石証書を活用し、実質再生可能エネルギー100%の電力を供給する仕組み。

コスモ石油マーケ、町田市66施設に再生エネ100%電力供給 (2024/3/6 素材・建設・環境・エネルギー2)

コスモエネルギーグループのコスモエコパワー(東京都品川区)が発電する風力電源にひも付くトラッキング付非化石証書を組み合わせた。顧客の年間合計販売量相当以上の非化石証書を購入し電気の販売...

JR西、北陸新幹線に再生エネ 北陸電とPPA (2024/3/5 生活インフラ・医療・くらし)

またJR西は北陸新幹線で16日の金沢―福井県敦賀間延伸に合わせ、日本卸電力取引所の非化石価値取引市場で非化石証書を調達する。

白銅、国内工場に太陽光 50年度脱炭素化へ導入拡大 (2024/2/21 素材・建設・環境・エネルギー1)

同社は工場へのPV設備導入だけでなく、工場設備における待機電力の削減と営業車への電気自動車(EV)導入、再生可能エネルギー固定価格買取制度(FIT)非化石証書活用の4項...

東電EP、NPRと電力契約 プレナ幕張に再生エネ (2024/2/19 素材・建設・環境・エネルギー)

また、プレナ幕張が供給を受ける再生エネ電力以外の電力に対し、トラッキング付非化石証書を付与する。

東京建物、CO2排出実質ゼロのマンション竣工 (2024/2/6 素材・建設・環境・エネルギー2)

太陽光パネルの設置や非化石証書付き電力の導入により、CO2排出量を年間約194トン削減できる。... 蓄電池を設置しており、太陽光パネルで発電した電力を非常用電源としても活用できる。

JFEエンジ、橋梁建設工事に再生エネ電力 (2024/2/6 機械・ロボット・航空機1)

再生エネの固定価格買取制度(FIT)の電気や非化石証書などにより、工事の電力使用による二酸化炭素(CO2)排出量を実質ゼロにした。

需要地から離れた場所で発電した電力を三井物産が一般系統を介して供給し、発電元が特定されている非化石証書も付ける。

加えて東京・大阪本社には非化石証書を使った実質再エネもこれから導入し、温室効果ガス(GHG)排出削減を進める。

コスモ石油マーケ、山梨・上野原市の22施設に再生エネ100%電力供給 (2024/1/17 素材・建設・環境・エネルギー1)

上野原市へ供給する「コスモでんきビジネスグリーン」電力は、コスモエコパワー(東京都品川区)が発電する風力由来の電力と風力電源にひもづくトラッキング付非化石証書を合わせた再生エネ電力10...

2025年4月には再生エネ由来の非化石証書を付与し、実質再生エネ100%電力を使用可能とする。

展望2024/JR東海社長・丹羽俊介氏 需要の多様化、丁寧に対応 (2024/1/4 生活インフラ・医療・くらし)

在来線の一部では、運行に必要な電力量に相当する非化石証書を購入して相殺する取り組みを実施している。

再生エネ由来の非化石証書を活用して二酸化炭素(CO2)排出量が実質ゼロの電気を会議や研修旅行、国際会議、展示会などのイベント会場に届ける。

太陽光パネルで発電した電力を、非化石証書などの環境価値とセットでJR西に供給する。

京阪HD、サステナ債で100億円調達 枚方市で再開発 (2023/12/13 生活インフラ・医療・くらし1)

また、ビオスタイルは23年度に非化石証書の購入を開始し、複合商業施設「グッド・ネイチャー・ステーション」の全電力を実質再生可能エネルギー由来電力に転換した。

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件の記事を保存することができます。

ログイン