電子版有料会員の方はより詳細な条件で検索機能をお使いいただけます。

1,863件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.009秒)

製造業は同24%増の18兆7179億円、非製造業は同4%増の14兆8499億円で、製造業のけん引が顕著だ。 ... 現時点で可能性は低いが「中東情勢の悪化で世界貿易が...

産機受注、2月1.9%増 3カ月連続プラス (2024/4/17 機械・ロボット・航空機1)

内需は製造業向けが同4・0%増の871億7200万円で、4カ月連続の増加。... 非製造業向けは同11・0%増の638億9600万円。電力向けボイラ・原動機、ガス業向けに化学機械が好調...

製造業、非製造業いずれも幅広い業種からの受注が増加した。製造業は17業種のうち14業種で、非製造業は12業種のうち8業種でそれぞれプラスとなった。... 船舶・電力を除く非製造業は同9・1%増...

製造業の業況判断DIは同4・8ポイント減のマイナス19・9と2期ぶりに低下した。非製造業は同3・2ポイント減のマイナス17・8となり、3期連続で低下した。 ... 相場に左右されない...

業種別では製造業が同10・1ポイント減の44・1、非製造業は同4・8ポイント減の48・8だった。

株急反発、一時800円高 (2024/4/5 総合3)

昨晩発表の米非製造業(サービス業)景況感指数は前月から1・2ポイント低下し、市場予想を下回る結果だった。

他方で、非製造業の指数は23年12月調査と同じプラス18で高水準を維持した。中堅企業非製造業が同1ポイント改善のプラス20、中小企業非製造業が同1ポイント悪化のプラス13だった。 ....

今年度の産機受注、2%増の見通し 3年連続プラス (2024/4/1 機械・ロボット・航空機1)

一方、非製造業向けは比重の大きい電力業向けが、23年度に火力発電設備の大型案件があった反動で落ち込む。物流関連の投資は拡大するが、非製造業全体は23年度見込みを下回るとみる。... 内需は製造業向けが...

2月の中小景況、0.8ポイント増 全国中央会まとめ (2024/3/29 中小・ベンチャー・中小政策)

非製造業が改善 全国中小企業団体中央会は2月の中小企業月次景況調査をまとめ、景況DIがマイナス23・3(前月比0・8ポイント増)と小幅に増加した。インバウンド(...

日銀が4月1日に発表する3月の企業短期経済観測調査(短観)は、大企業・製造業の業況判断指数(DI)が4四半期ぶりに悪化する見通しだ。... 大企業・非製造業の業況判断D...

製造業からの受注が減少した。... 製造業は同13・2%減の3623億円と、2カ月ぶりに減少した。... 船舶・電力を除く非製造業は同6・5%増の4639億円と、4カ月ぶりに増加した。

産機受注、1月14%増3715億円 2カ月連続プラス (2024/3/15 機械・ロボット・航空機)

17業種中、増加となったのは4業種にとどまったが、鉄鋼業で脱炭素関連の大型受注があり、製造業全体のプラスに寄与した。非製造業向けは同7・2%減の516億9700万円。比重の大きい電力業が微減だ...

製造業は同11・6%増、非製造業は同8・3%増を見込む。 ... 製造業は同17・8%増、非製造業は同2・3%増と、ともに増加の見通し。 &#...

非製造業は同9・5%増の16兆4170億円で12四半期連続の増益だった。... 非製造業は同14・2%増の9兆2800億円と、6四半期連続の増加だった。... 非製造業は同4・6...

1月の中小景況DI、大幅低下 価格転嫁遅れ響く 全国中央会調べ (2024/3/1 中小・ベンチャー・中小政策)

製造業の景況DIはマイナス29・6(同4・7ポイント減)。... 非製造業はマイナス20・0(同5・3ポイント減)で、小売業や運輸業が悪化した。

1月の建設工事受注、14%増の1兆1052億円 民間けん引 (2024/2/29 素材・建設・環境・エネルギー1)

日本建設業連合会は28日、1月の建設工事受注(対象は会員企業93社)が前年同月を14・0%上回る約1兆1052億円だったと発表した。... 製造業の大型案件としては、輸送用機械...

製造業からの受注が増えた。... 船舶・電力を除く非製造業は同2・2%減の4385億円と、2カ月連続で減少した。... 製造業からの受注が減った。

産機受注、2年ぶり増 内需けん引 外需減補う (2024/2/19 機械・ロボット・航空機1)

内需は非製造業と官公需が好調で、製造業の減少をカバーした。非製造業は同41・8%増の1兆2940億円で4年ぶりのプラス。... 製造業は同6・7%減の1兆2953億円で3年ぶりのマイナ...

製造業・非製造業とも大企業と中小企業で明暗が分かれた。大企業は製造業が13・7、非製造業が13・8といずれも2ケタの値となったが、中小企業は製造業が4・7、非製造業が3・6と平均を下回る1ケタにとどま...

「新型コロナウイルス感染症の5類移行で非製造業は回復してきた。中部地域の産業のメーンである製造業の生産量はまだ元に戻ったとは言えない。

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件の記事を保存することができます。

ログイン