電子版有料会員の方はより詳細な条件で検索機能をお使いいただけます。

124件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.009秒)

サービス事業者と連携し、取引実績などの非財務情報を事業性評価に活用して融資する。

展望2024/住友金属鉱山社長・野崎明氏 製錬技術で再生資源活用 (2024/1/23 素材・建設・環境・エネルギー1)

今まで示してこなかった権益資源量や将来の生産計画などの非財務情報を開示し、市場が反応するかどうか考えたい。

またクラウドを活用した非財務情報一元管理システム「価値創造経営プラットフォーム」や、製造現場のDX導入効果を可視化する体験型課題解決拠点「インダストリーソリューションガレージ」などを提供する。 ...

野村証は2022年10月、非財務情報の開示に関する助言や排出権取引などを含むサステナブル・ファイナンス関連の社内機能を集約する形で「サステナブル・ファイナンス部」を新設した。... インパクト投資を推...

PwCコンサルティング(東京都千代田区、大竹伸明代表執行役最高経営責任者〈CEO〉)は、クライアント向けに非財務情報の一元管理システムを開発する。... 非財務情報...

経営ひと言/住友金属鉱山・野崎明社長「成長性を示す」 (2023/11/23 素材・建設・環境・エネルギー)

「強固な財務基盤を築く」と話すのは住友金属鉱山社長の野崎明さん。... 企業評価においてその重みが増している「非財務情報の充実」にもさらに注力する。

環境評価厳格、企業価値揺るがす 有価証券報告書における非財務情報の開示が義務化されてからおよそ10カ月。目下、どの上場企業にとっても課題となっているのが、いかにE...

それに加え、近年の人的資本経営の潮流(有価証券報告書での非財務情報の開示義務化方針など)もあり、健康経営に取り組む機運がさらに高まっていると感じる。 ... 時には医...

PwCあらたは2030年に向けた中期経営ビジョン「アシュアランスビジョン2030」を掲げ、監査業務と非財務情報に関わる保証・アドバイザリー業務の組織の垣根を越えて専門性をつなぐ「統合されたアシュアラン...

従来の財務分析だけでは発掘できない真の成長企業を見極め、投資している」 ―提携先の強みは。 「ドラッカー研究所のスコアは開示されていない非財務情...

統合報告書は財務情報だけでは読み取れない企業の実態を非財務情報とともに記載し、中長期的な成長性を示す。

企業価値が適正に評価されるためには、これら企業固有の非財務情報がしっかり開示されて説明されるべきだ。 ... 財務情報と同様に非財務情報も同じ項目が並べば機械的な計算には都合が良く、...

人材育成など情報開示必要 第6回は、人的投資を取り上げる。... これを機に人的資本への投資を定量化すると同時に透明性も高め、投資家と労働者の双方に選ばれる企業になるように、情報開示...

KHネオケム、23年統合報告書を発行 第4次中計の進捗説明 (2023/9/12 素材・建設・環境・エネルギー2)

マテリアリティ(重要課題)に対するKPI(重要業績評価指標)などサステナビリティー(持続可能性)に関する非財務情報も拡充している。

企業のサステナビリティー情報の開示を推進する動きが活発になっている。日本では2023年1月から有価証券報告書などにサステナビリティー情報の開示が義務化されたことを受け、ESG評価の信頼性について課題が...

住化、統合報告書発行 知財活動など内容拡充 (2023/8/2 素材・建設・環境・エネルギー2)

住友化学レポートは事業の強みや戦略、業績、コーポレート・ガバナンス体制など、財務情報と非財務情報をまとめた統合報告書。

監査業務と非財務情報に関わる保証・アドバイザリー業務の組織の垣根を越えて専門性をつなぐ「統合されたアシュアランス」により、信頼の空白を埋めるプロフェッショナルファームになることを掲げた。 &#...

それまでは有価証券報告書と半期報告書の年2回の開示を原則としたが、投資家が企業情報に触れる機会を増やす目的で開示頻度を高めた。情報開示が促された一方、開示企業は事務負担が増えただけでなく、短期的な株価...

CTCとアスタミューゼ、ESG投融資で提携 (2023/6/1 電機・電子部品・情報・通信2)

伊藤忠テクノソリューションズ(CTC)は企業の非財務情報やESG(環境・社会・企業統治)に関するデータを提供するアスタミューゼ(東京都千代田区)と業務提...

現在の制度「非財務情報開示指令(NFRD)」の後継だ。... 社会と財務への影響の大きさを検討する「ダブルマテリアリティ評価」によって重要と特定した課題を開示すればよい。... 企業は...

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件の記事を保存することができます。

ログイン