533件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.008秒)

非資源分野の当期利益が同245億円増の3353億円と好調に推移したこともあり、全体の利益を押し上げた。

19年11月の加工分野(ワイヤロッドを含む伸銅)向けスクラップ量は小幅増加した。... 「廃六類」としてはHS7404・0000(銅のくず)として規定され、これが19年7月1日に「非制限」から「制限」...

大手商社各社は非資源事業を強化し、資源価格に左右されにくい収益体質へと転換を進める。... 「これまで非資源領域でナンバーワン商社になる目標を立て、実現できた。... 19年度は各...

西部ガス、純粋持ち株会社制へ移行 (2020/1/7 建設・生活・環境・エネルギー1)

ガス事業の維持と非エネルギー分野拡大のため、経営資源の最適配置やガバナンス強化を図る。

2020予測/エンジ3社、新分野に挑む (2020/1/6 機械・ロボット・航空機)

「10年後には非EPCの売上高比率を50%にしたい。... 「海外では新たな分野に挑戦した。... 「資源やエネルギーを効率的に採集する技術を提供している。

本社定点観測/私の景気診断 NEC会長・遠藤信博氏ほか (2020/1/6 景気アンケート インタビュー)

「情報とデータは似て非なるものだ。... 国際的に負けられない分野での規制緩和や税制の措置をこれまで以上に期待したい」(栗下直也) 日本伸管社長・細沼直泰(ほそぬま・なおやす)氏 3...

足元では資源高に一服感がみられるほか、米中貿易交渉の長期化など、懸念もくすぶる。各社とも資源事業で資産整理を進めつつ、ITや電力など、非資源事業でどこまで利益を固められるかがポイントになりそうだ。&#...

ICTビジネス協業推進 かつては「資源一本足」と言われるほど、資源分野への依存度が高かった三井物産。目下、進めている非資源分野の強化において、ICT事業本部にはデジタルトランスフォー...

IHI、木質バイオマス専焼化工事を静岡で受注 (2019/12/5 機械・ロボット・航空機1)

受注額は非公表。... IHIは木質バイオマス燃焼技術に関し、熱量比で混焼率25%以上の発電用ボイラを納入した実績を持つなど同分野で先行している。資源・エネルギー・環境事業領域の長期目標では、国内外の...

伊藤忠商事は非資源分野を中心に業績を伸ばした。三井物産は豪州鉄鉱石など、金属資源が堅調に推移。... 三井物産は金属資源やエネルギー事業が好調で、景気減速の影響を受けた化学品や生活産業など、非資源分野...

投資額は非公表。多様化する廃棄物の適正処理や再資源化の需要増に対応する。 ... 今後、発展が見込まれる化学工業分野を中心に、有害廃棄物の廃液や汚泥などの受け入れを増やす。 ...

金融スタートアップ支援 大手の事業資源を橋渡し 日本資産運用基盤グループは、金融関連事業者の立ち上げから運営までを支援している。... 当面は資産運用会社出身を生かし同分野に注力する...

ビジネストレンド/金融業界、意識高く時代はESG (2019/10/23 ビジネストレンド/ESG金融)

オリックスは傘下のオリックス資源循環(埼玉県寄居町)が乾式バイオガス発電施設を同町で建設し、2021年秋に完成予定。... 環境・エネルギー事業本部の浜一郎本部長は、リース各社が再生エネに取り組む背景...

事業構想大学院大学学長・田中里沙氏 価値創造の社会人教育 既存の枠組みで効率化する経営管理などを学ぶビジネススクールに対し、似て非なる存在が事業構想大学院大学だ。... 「社会人の経...

取得額は非公表。主力の電子部品用表面処理剤と、キザイが得意とする樹脂メッキ薬品やアルミ・マグネシウム合金上の前処理薬品などの経営資源を融合し、製品提案力や技術サポート力を拡充する。 ...

SCSKと住友商事、米にVCファンド設立 デジタル変革加速 (2019/9/5 電機・電子部品・情報・通信1)

両社の出資額は非公表。... SCSKと住友商事はDX分野の事業開発を担う専門組織をそれぞれが立ち上げ、連携しながら事業化を進めている。国内外のベンチャー企業が持つ人工知能(AI)、IoT(モノのイン...

【非“選択と集中”】 数多の技術の芽を抱えた上で、「時代の求められるものに対して芽をピックアップして対応していく」。... 手を広げすぎれば経営資源が分散し、それぞれの市場で各個撃破...

経営革新計承認/東京都・31件 (2019/8/21 中小企業・地域経済1)

承認企業とテーマは次の通り(非公表は除く)。 ▽日扇(世田谷区)=フィリピンでの技能実習生支援事業▽青山キャリアサービス(港区)=中小企業の「後継経営者探し」に向けた人材育成・紹介サ...

「資源ビジネスはコスト競争力を高め、非資源も着実に強化を進めてきた」と強調するのは、三井物産社長の安永竜夫さん。環境と健康分野を重要視する。

過去には「資源一本足」と言われるほど資源ビジネスが利益の大部分を稼いだが、20年3月期見通しでは当期利益4500億円のうち、1950億円を非資源分野が占める。... 資源分野は市況変動に左右されやすい...

おすすめコンテンツ

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい地盤工学の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい地盤工学の本

図解よくわかるスマート農業
デジタル化が実現する儲かる農業

図解よくわかるスマート農業 デジタル化が実現する儲かる農業

すぐ身につく分析化学・機器分析の実務
基礎、前処理、手法選択、記録作成を現場目線で解説

すぐ身につく分析化学・機器分析の実務 基礎、前処理、手法選択、記録作成を現場目線で解説

岐路に立つ日本医療
破綻か飛躍か!?激変する世界が迫る選択

岐路に立つ日本医療 破綻か飛躍か!?激変する世界が迫る選択

新版 
イチから知る!IR実務

新版 イチから知る!IR実務

おもしろサイエンス 
火山の科学

おもしろサイエンス 火山の科学

電子版クレジットカード決済が対象になりました。キャッシュレスでお支払いのお客様に5%還元 ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる