19件中、1ページ目 1〜19件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.006秒)

【電子版】先週の注目記事は? (2020/9/29 特集・広告)

■アクセスランキング・ベスト10(9/21~9/27) 1位 ローカル5G実証急ピッチ 三菱電機・東芝・日立、製造現場を高度化 2位 ミネベアミ...

民間航空、宇宙、交通システムや防衛システムなどを手がけるフランスの大手企業タレスは世界初の無人飛行体「ストラトバス(成層圏バス)」を実用化する計画を進めている。... ◇  ◇ 同社...

上空を飛ぶ飛行ロボット(ドローン)の制御や航空機内での高速通信サービスの提供、山岳での遭難者探索や害獣監視などへの活用を見込む。 ... 通信不通エリアをなくし、災害時の通信復旧を迅...

【福岡】JR九州は飛行ロボット(ドローン)による鉄道施設の点検手法を、A.L.I.テクノロジーズ(東京都港区)と共同開発した。... A.L.I.は無人小型飛行体の研究開発などを手がけており、鉄道会社...

【福岡】九州大学は「先進電気推進飛行体研究センター」を伊都キャンパス(福岡市西区)に開設した。... 超電導技術の特性を生かしてモーターの小型化や軽量化を進め、飛行に必要なエネルギーの低減を図る。合わ...

【長野】クエストコーポレーション(長野県小布施町、神戸博之社長、026・247・2524)は、気球型の撮影用無人飛行体を製品化した。... 飛行ロボット(ドローン)とは別の扱いになる。... 製品化し...

このうちドローンは2020年代に都市部などの有人地帯で、目視できない広域での飛行(目視外飛行)の実現を目指す。... ドローンは目視できる範囲で飛行(目視内飛行)するレベル1と2、目視外で離島・山間部...

ロームは折り鶴型の飛行体「ORIZURU」の飛行デモを行い、会場を沸かせた。... センサー機能に加え、4枚羽とするなど構造も改良し「姿勢制御」を強化した飛行が可能となった。

<公的支援をめぐりWTO提訴合戦> フランスでは、航空機・宇宙飛行体は貿易黒字が2014年に約280億ドルへ拡大して最大の黒字品目となった。

特徴は自律飛行し、自由にプログラムを書き換えられる点だ。... これまでは人間が操縦したり、地上機が演算処理して飛行体に指示を出す必要があった。... 飛行ロボットと人が共生するモデルを作りたい」とい...

超音速風洞は飛行体に加わる空気力や圧力などを計測する設備で、マッハ数1・4―4・0までの飛行状態を模擬できる。

不審車両や不審者の侵入を検知すると自動的に飛行。... 飛行体は外部調達品。... 今後は降雨や暴風下でも安定飛行する飛行技術の開発や、非接触給電システムの構築を進める。

熊本高等専門学校の葉山清輝教授らは上空での気象観測を目的に、全地球測位システム(GPS)によって自律制御する自転式飛行体を試作した。... 考案した試作機は、機能を絞り、マイコンによる姿勢制御を行うこ...

ゼットエムピー(東京都文京区、谷口恒社長、03・5802・6901)は、飛行体の相対速度検出などに役立つ組み込み型センサーモジュール「オプティカルフローZ PWM」を発売した。 .....

飛行体に取り付けたGPS情報をもとに、オンライン地図情報サービスと組み合わせることで、撮影した場所が地図上のどこの場所に当たるか特定できる。

どこから飛んでくるか分からない鳥などの飛行体や、ゴルフのスイングなども正確に記録できる。2メートル離れれば音速の移動体をとらえられるという。

飛行時に地上で聞こえる爆音(ソニックブーム)やエンジン音を大幅に抑える機体を開発する。... 実験は高度30キロメートルの上空に実験飛行体を取り付けた気球を上げ、真下に向けて同飛行体を切り離す。

だが世界的に見ても、ロケットや人工衛星などの飛行体の需要は年20基くらいしかない。

野口聡一宇宙飛行士が乗り込んだロシアの宇宙船「ソユーズ」が国際宇宙ステーション(ISS)へのドッキングに成功し、日本人飛行士として最長5カ月間の長期滞在に入った。... 精密な飛行体がシャトルなら、頑...

おすすめコンテンツ

金を掛けずに知恵を出す 
からくり改善事例集 Part4

金を掛けずに知恵を出す からくり改善事例集 Part4

本当に役立つ英文ビジネスEメール
第2版

本当に役立つ英文ビジネスEメール 第2版

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい電線・ケーブルの本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい電線・ケーブルの本

そのまま使えるENAA 国内プラント建設契約モデルフォームと逐条解説 第3版

そのまま使えるENAA 国内プラント建設契約モデルフォームと逐条解説 第3版

そうか!わかった! 
プラント配管の原理としくみ

そうか!わかった! プラント配管の原理としくみ

わかる!使える!機械加工入門
<基礎知識><段取り><実作業>

わかる!使える!機械加工入門 <基礎知識><段取り><実作業>

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる