電子版有料会員の方はより詳細な条件で検索機能をお使いいただけます。

1,226件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.031秒)

テーマは「食品産業を支えるスマート技術」。食品工場で活躍する最新のロボット技術に関する雑誌記事などを紹介。企画を担当した司書の吉田知恵さんは「食品産業はあらゆる人に関わること。

イシダ、食品検査装置の校正自動化 帳票まで作成 (2024/5/22 機械・ロボット・航空機2)

【京都】イシダ(京都市左京区、石田隆英社長)は、食品の異物検査などで使うX線検査装置の動作や精度を確認する定期的な校正作業を自動化するソフトウエアを開発した。......

ショーケースや断熱パネルの各新工場、冷凍冷蔵庫の配送センター新設などを計画。海外事業もタイ工場拡充や他国進出も検討中だ。... 19年に完成した8階建て新本社は、食品工場の設備や食品の研究室を設けグル...

第34回西日本食品産業創造展・紙上プレビュー(4) (2024/5/10 生活インフラ・医療・くらし1)

「滑り性」「非粘着性」「撥水(はっすい)性」など、ユーザーのニーズに合わせて提供し、食品製造プロセスの改善と効率化に貢献する。... 【ケイエルプラント/工場の油脂含有排水を...

第34回西日本食品産業創造展・紙上プレビュー(1) (2024/5/7 生活インフラ・医療・くらし)

日刊工業新聞社は15―17日の3日間、福岡市博多区のマリンメッセ福岡で「第34回西日本食品産業創造展」を開く。今回は「フードテック×サステナブル」をテーマに据え、食品製造現場の最新技術を発信...

ロボ進化、人手不足救う 食品工場・飲食店に切り札 (2024/4/30 機械・ロボット・航空機)

AI・センサー威力発揮 「つかむ」動作精度アップ 食品産業や外食産業で深刻な人手不足が言われる中、解決策としての自動化ロボットの開発が進んでいる。コネクテッドロボティクス&#...

コンテック、無線LAN高速・安定 新規格対応アクセスポイント (2024/4/12 電機・電子部品・情報・通信)

半導体・食品工場、物流センターなどの産業用途を見込む。

ニッタ、食品搬送向けブルーベルト3種投入 (2024/4/10 機械・ロボット・航空機1)

ニッタは食肉や野菜、米飯向けの食品搬送用ブルーベルト「MEXUシリーズ=写真」3種を発売した。... 食品衛生管理基準(HACCP)の対応が必須となっている...

業務用冷凍庫などの製造・販売を行う中堅企業、フクシマガリレイの本社(大阪市西淀川区)を訪れ、経営陣との意見交換や食品工場研究室などを見学した(写真)。 ...

三立機器/摩擦粉塵ゼロの工業用クリーナー (2024/3/4 新製品フラッシュ2)

食品工場などへの導入を見込む。

三立機器、ブラシレスブロワ搭載工業用クリーナー投入 (2024/2/19 機械・ロボット・航空機2)

食品工場などへの導入を見込む。... 製薬や食品工場、半導体のクリーンルームなど向けにHEPAフィルターを搭載したバキュームクリーナーもそろえた。

カミナシ(東京都千代田区、諸岡裕人最高経営責任者〈CEO〉)は、工場などでの現場業務を効率化するアプリ「カミナシ」を提供している。... 当初ターゲットにしていた食品工場だけでなく自動...

食品工場や小売り向けなどの計量包装関連機器を手がけるイシダは、物流向けにマテハン機器やシステムを提案する「物流FA事業」を展開している。

J-クレジット東北地域推進協、CO2削減でサンコー表彰 (2024/1/31 素材・建設・環境・エネルギー2)

同社は福島県内の食品工場が実施した省エネ投資によるCO2削減量をクレジットとして調達し、印刷に伴う排出量を打ち消す「実質CO2ゼロ印刷」を展開。

採択により約5億6000万円の支援を受け、従来は食品工場向けに納入してきた「多品種盛り付けロボット」をセル生産型のロボットシステムに高度化し、総菜業界が抱える人手不足の課題解決を図る。

ユニチカ、高バリアーフィルム増産 食品向け3割拡大 (2024/1/10 素材・建設・環境・エネルギー)

加熱食品は多くが東南アジアなど海外の食品工場で製造されていることを踏まえ、輸出も増やしていく方針だ。

ロボ、身近になるには? 生産性・品質・事業継続に期待 (2024/1/5 機械・ロボット・航空機)

ファナックは直感操作・簡単設置・メンテナンスフリーが特徴の協働ロボット「CRX」で、食品分野向けの機種を開発した。... 労働者を十分に確保できない食品工場などでも増産に対応しやすくなる。 &...

西松建設、バイオガス発電参入 熊本で脱炭素貢献 (2023/12/19 素材・建設・環境・エネルギー2)

西松建設は食品・飲料廃棄物のメタン発酵技術を使ったバイオガス発電事業に参入した。... 熊本県を中心に食品工場や大手スーパーマーケット、ホテルなどから食品・飲料廃棄物を収集し、メタンガス化した上で発電...

食品工場は労働集約型の生産ラインが多く、人手不足の影響を強く受けやすいため、専用ロボットの導入をテコに旺盛な自動化ニーズを取り込む。 ... ファナックはロボット...

明治、ゴムのかけらをAIで識別 食品工場保全 (2023/12/1 生活インフラ・医療・くらし2)

明治は食品工場で多用される合成ゴム製部品の“かけら”を人工知能(AI)を用いて識別する方法を開発した。... 食品工場では、配管の接続部やバルブに合成ゴムを材質とす...

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件の記事を保存することができます。

ログイン