電子版有料会員の方はより詳細な条件で検索機能をお使いいただけます。

251件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.006秒)

家庭の食品ロスは同8万トン減の236万トンだった。 食品ロスは2000年度には980万トン発生していたが、ほぼ半減した。持続可能な開発目標(SDGs)でも食品廃棄物の...

JR東、資源循環指針策定 10年で売上高100億円 (2024/7/10 生活インフラ・医療・くらし)

JR東日本グループの事業活動から生じる廃棄物を集約し、新技術や外部連携を活用しながら再資源化して利活用する。... 具体的には、現在、神奈川県と宮城県で食品廃棄物をメタン発酵させて発電と肥料生産するリ...

環境協会、伊藤忠エネクスのバイオ燃料をエコマークに認定 (2024/7/9 素材・建設・環境・エネルギー1)

HVOは、食品廃棄物や藻類由来の油脂を70%以上使い、生産段階も含めた温室効果ガス(GHG)排出量が、通常の化石燃料よりも少ないことなどを基準とした。 リニュ...

三菱ガス化学、脱炭素へ連携 メタノール構想始動 (2024/7/4 素材・建設・環境・エネルギー2)

横浜港で食品廃棄物などから生成されるグリーンメタノールの利用促進に向けて連携する、デンマークのAPモラー・マースクはバイオメタノール燃料船の採用を積極化する考えを示している。

生ゴミ資源化、住民の環境意識向上 楢葉町振興公社(福島県楢葉町)が、ヤンマーエネルギーシステム(兵庫県尼崎市)の食品廃棄物を堆肥化するバイオコンポスタ...

三菱ガス化の新中計、環境に大型投資 循環型メタノール注力 (2024/6/6 素材・建設・環境・エネルギー2)

同構想の一つでは、デンマークのAPモラー・マースクや横浜市と食品廃棄物などから生成される「グリーンメタノール」の横浜港における利用促進に向けて連携している。

食品廃棄物ガスで発電 福岡バイオのプラント本格稼働 (2024/5/27 機械・ロボット・航空機2)

福岡バイオフードリサイクル(福岡市博多区、中川浩臣社長)は、福岡市で食品リサイクル発電プラントを建設し、本格稼働を始めた。1日当たり最大100トンの食品廃棄物を、微...

味に問題はないが規格外として廃棄される果物は多い。... 食品ロス削減に貢献できる商品では同年春の3品と合わせて5品のラインアップになった。「30年までに食品廃棄物を18年比で50%削減する目...

食品廃棄物や汚泥などから生成したバイオガスで発電するプラントに幅660ミリメートル、厚さ300ミリメートルの円形のスパイラル式熱交換器を導入した。

同プラントでは2023年7月20日から食品廃棄物などを原料とするバイオガス発電事業を開始、今回の取り組みによって23年7月から24年3月に同プラントで使用した電力は全部が再生可能エネ由来の電力となる見...

グリーンインフラ産業展2024/自然環境機能で課題解決 (2024/2/21 素材・建設・環境・エネルギー1)

(総合1参照) ヤンマーグループは食品廃棄物を堆肥化するバイオコンポスターの実機を展示している。食品ロスの問題への注目度が高まる中、資源の循環システムの実現に向けた取...

酸化物セラミックスの皮膜形成に特化しており、1台100万円以下で製作できる。... 建造物の外壁や生体材料、食品廃棄物由来の雑貨などへの活用を見込む。プロトタイプでは、酸化物セラミックスなどへのコーテ...

三菱ガス化学とデンマークのAPモラー・マースク、横浜市は27日、食品廃棄物などから生成される「グリーンメタノール」の横浜港における利用促進に向けて連携すると発表した。

西松建設、バイオガス発電参入 熊本で脱炭素貢献 (2023/12/19 素材・建設・環境・エネルギー2)

西松建設は食品・飲料廃棄物のメタン発酵技術を使ったバイオガス発電事業に参入した。... 熊本県を中心に食品工場や大手スーパーマーケット、ホテルなどから食品・飲料廃棄物を収集し、メタンガス化した上で発電...

【長野】長野県産業振興機構(NICE)は、長野県の資源循環型産業の構築と食品関連産業の持続的発展を目指す「信州食品産業資源有効活用研究会」を発足した。企業、大学、研...

同チームの提案は干し芋の残渣(ざんさ)で食品を開発して販売するもの。廃棄物削減への貢献やプランの実現可能性が高く評価された。 干し芋の残渣は原料のサツマイモの皮などの...

東京都、スタートアップ社会実装促進支援で8社決定 (2023/11/24 中小・ベンチャー・中小政策)

▽Upmind(東京都品川区)=従業員のマインドフルネスの習慣化を軸とした企業向け健康プログラムの提供▽エニキャリ(同千代田区)=配送管理システムのフィ...

デンカ、卵殻配合プラ拡充 ABS樹脂複合材開発 (2023/9/15 素材・建設・環境・エネルギー)

廃棄物活用を推進 デンカは卵の殻を使用したプラスチック素材「PLATIECO(プラティエコ)」のラインアップを拡充する。... 卵殻は食品廃棄物として、国内で年間約2...

7月から近隣にあるトヨタ自動車田原工場(同田原市)で生じた食品廃棄物を受け入れている。... 同工場では野菜の皮など、どうしても残る食品廃棄物をバイオガス発電の原料としている。... ...

J&T環境、環境のミカタと資本業務提携 (2023/8/30 機械・ロボット・航空機1)

両社は廃棄物リサイクルなどをともに手がけており、地域性の補完や共同事業によるシナジーを見込む。 ... 廃プラスチックの集荷・リサイクルの共同事業、食品廃棄物の集荷・共同事業を検討す...

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件の記事を保存することができます。

ログイン