217件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.01秒)

コンパクトながら広々とした室内空間のあるパンダに、4輪駆動システムとマニュアルトランスミッション(MT)を組み合わせたパワートレーンを採用。

空気圧機器・システムは自動車や半導体、食品などの工場で、組み立てや搬送などの自動化装置に数多く使われる。... 空気圧駆動を担う機器を「調質機器」「方向制御弁」「空気圧シリンダ」に分け、それぞれコガネ...

経営ひと言/黒田精工・黒田浩史社長「ピリリと辛く」 (2020/8/24 機械・ロボット・航空機)

ボールネジなどの駆動システム事業、モーターコアを製造する金型システム事業、精密測定を行う機工・計測システム事業が柱だが、「新事業があれば軸足を移す」とも。

「2020年度(21年3月期)までの中期経営計画で駆動システム事業を重点分野として位置付けた。... 「確かに影響はあるが中計で定めた駆動システム事業の生産体制増強は粛々と進めることを決めた。... ...

先行するのはボールネジや直動関連機器を製造する「駆動システム事業」。

準天頂衛星システムを活用して自車の位置を高精度に把握することなどで正確な走行を実現した。 ... 駆動システムでは4輪制御技術「e―4ORCE(イーフォース)」を開発。前後に搭載した...

両車とも「アウディプレセンスフロント」と呼ばれる衝突軽減ブレーキ機能など最新の安全システムを標準搭載。駆動システムは日本市場向けにガソリンエンジンとディーゼルエンジンの2種類を設定した。

東海道新幹線 56年目の進化(3)新型車両N700S登場 (2020/7/2 建設・生活・環境・エネルギー)

歴代の新幹線同様に駆動システムや軸受といった重要部品は複数社から調達。

日産、小型SUV投入 eパワー搭載で反転攻勢 (2020/6/25 自動車・機械・ロボット・航空機)

人気が高い独自のハイブリッド車(HV)システム「eパワー」の性能を高めて搭載する。... キックスは駆動システムとしてeパワー搭載車のみを販売する。... eパワーはエンジンを発電のみに使い、モーター...

ローム、低オン抵抗のパワー半導体 車載駆動装置向け (2020/6/17 電機・電子部品・情報・通信1)

電動化が進む次世代車の主機インバーターなどの車載パワートレーン(駆動装置)システムや、産業機器向け電源での採用を狙う。 ... 業界トップの低オン抵抗と、高速スイッチングも兼ね備えた...

富士電機は10日、ドア駆動システムがトヨタ自動車の自動運転機能搭載の電気自動車(EV)「eパレット」に採用されたと発表した。... 富士電機のドア駆動システムはモーターを使う電気式で、国内シェア約50...

【京都】ロームは4日、車部品大手の独コンチネンタル傘下でパワートレイン(駆動装置)を手がける子会社ヴィテスコ・テクノロジーズと、電気自動車(EV)向け部品開発で協力すると発表した。 ...

高機能な4輪駆動システムを備え、安定した路面でのスポーツ走行から路面が変化する環境での走行までトラクションを最適化する。 ハンドルから手を離した状態で渋滞した高速道路を自動走行する「...

バッテリー駆動の電気自動車(EV)とプラグインハイブリッド車(PHV)のシェアは急速に拡大するとみている。... 駆動システム別では日本市場は他の主要市場と異なり、ハイブリッド車(HV)のシェアが19...

NTNは自社開発の電気自動車(EV)向けインホイールモーター(IWM)駆動システムの事業計画を見直す。... IWM駆動システムを採用するEVメーカーを新たに探し、事業計画を立て直す。 ...

YRMにより制御系統を集約することで、各ロボットの動きを最適化し、生産性の飛躍的な向上に貢献する」 【記者の目/パラダイムシフトに備える】 電気自動車(EV)分野で...

キヤノン、「EOS」基本性能重視 AF精度高める (2020/1/8 電機・電子部品・情報・通信1)

オートフォーカス(AF)専用センサーやミラー駆動システムなども新たに開発しており、被写体の追いやすさやAF精度を高めている。

東陽テクニカ、ADAS検証技術など出展 (2019/12/24 機械・ロボット・航空機1)

東陽テクニカは2020年1月15―17日に東京ビッグサイト(東京都江東区)で開かれる「オートモーティブワールド」内の「自動運転EXPO」「EV・HEV駆動システム技術展」に出展する。ミリ波レーダーセン...

MBDではマツダと資本関係を結ぶトヨタ自動車も、駆動システムの働きや起こる現象を関係式に置き換えたシミュレーション(予測)モデルなどを研究している。... 「技術間の背反も考えた『システム設計』を導入...

RAV4は新時代のSUVとして幅広いニーズに応え、3種類の4輪駆動システムなどによる走破性の高さだけでなく、広い荷室などの使い勝手の良さ、リーズナブルな価格設定も評価された。

おすすめコンテンツ

金を掛けずに知恵を出す 
からくり改善事例集 Part4

金を掛けずに知恵を出す からくり改善事例集 Part4

本当に役立つ英文ビジネスEメール
第2版

本当に役立つ英文ビジネスEメール 第2版

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい電線・ケーブルの本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい電線・ケーブルの本

そのまま使えるENAA 国内プラント建設契約モデルフォームと逐条解説 第3版

そのまま使えるENAA 国内プラント建設契約モデルフォームと逐条解説 第3版

そうか!わかった! 
プラント配管の原理としくみ

そうか!わかった! プラント配管の原理としくみ

わかる!使える!機械加工入門
<基礎知識><段取り><実作業>

わかる!使える!機械加工入門 <基礎知識><段取り><実作業>

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる