278件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.013秒)

ターボチャージャーも圧力を高めた空気をエンジンに供給して高出力化する仕組みで、FCV向けに培った技術の活用を見込める。 IHIは大型商用車に搭載する電動ターボコンプレッサーを実用化す...

2026年度をめどに製品化を目指す。 ... 昭和電線HDは、同社が強みとする純度99・99%以上の銅「高機能無酸素銅MiDIP(ミディップ)」を用いて、駆動モーター向け平角巻線を製...

NTNは産業ロボット用サーボモーターの小型化と高出力化につながる「サーボモータ用低発塵軸受」を開発した。... 2022年度に量産を始め、同年度に売上高5億円を目指す。 サーボモータ...

襲来するドローンをレーザーシステムで撃ち落とす技術実証試験を行ったり、高出力マイクロ波(HPM)を照射して墜落させる発生装置研究に取り組んだりする。... 装置の高出力化や小型化がポイント。 ...

UVLEDの開発とともに困難を極めたのが事業化だ。... その後、高出力化によりUV樹脂硬化の用途にも応用されたが、市場がニッチだったため参入した大手LEDメーカーは早々に撤退したという現実がある。&...

第5世代のハイブリッドシステムは、より小型化と低コスト化を進めるのに加え、体積あたりの出力を高める方針。 ... 21年末―22年初頭に全面改良する予定の新型ノアとヴォクシーは、TN...

この中にリチウムイオン電池の大容量化・高出力化に不可欠のコバルトやニッケル等の希少金属が含まれるのが最大の特徴である。... 折しも7月1日からはレジ袋の有料化が開始されたが、プラスチックに加えて、金...

波長を自由に設定できる赤外線の高出力レーザー光源開発と高効率な加工特性の実証が課題である。 ... 赤外線は分子の振動を励起して直接加熱できるので、溶着などのプロセスでは特に高効率化...

ローム、VCSELモジュールを30%高出力 来春製品化 (2020/9/1 電機・電子部品・情報・通信)

【京都】ロームはモバイル機器の顔認証や空間認識などで使われる垂直共振器面発光レーザー(VCSEL)を従来比30%高出力化し、10ナノ秒(ナノは10億分の1)以内で短パルス駆動できる技術を確立した。.....

紫外線を効率的に拡散反射し、特にウイルスの不活化に効果的とされる250ナノ―280ナノメートル(ナノは10億分の1)帯域の反射率が高まる。... これによりCOB(チップ・オン・ボード)型や表面実装部...

ウシオ電機/導入負担軽減したエキシマ照射装置 (2020/8/10 新製品フラッシュ2)

独自のオゾン排気構造の採用で処理室構造を大幅に簡素化。... エキシマランプは小型化・高出力化した。

「搭載するレーザーの小型化や高出力化、安定化にフォトニック結晶は最適だ」と胸を張る。... 複数の企業と並行して共同研究し、実用化を目指している。「すでにかなり小型化できているが、将来は指先に載る超小...

溶接高速化により車載電池の生産性向上につながる点を訴求し、需要を取り込む。 ... 車載電池市場は自動車の電動化の加速に伴い、今後の成長が見込まれる。... 車載電池の大容量化などを...

高出力化を実現し、操作性を高めた。... エンジンの最高出力を約1・4PS、エンジン回転数の上限値を350rpm高め、高回転域でも高いパフォーマンスを発揮できるようにした。... クラッチのコイルスプ...

新開発のプラグインハイブリッドシステムは、18・1キロワット時の大容量リチウムイオン電池と高出力化したフロントモーター、インバーターを組み合わせ、これまでのSUVにない異次元の走りを実現した。 ...

悪環境に強い一方、信号出力が弱い課題があった。新製品は計測芯と呼ぶ部材の材料と、微妙な先細り形状にするなどの工夫、コイル数の変更などで高出力化。従来品の10倍のケーブル長100メートルでも検知した信号...

レーザーの総出力は600ワット。2020年中に出力1キロワット級、加工速度を従来比10倍以上に高め、21年の製品化を目指す。 ... 一方、吸収率が高い青色半導体レーザーは出力が低く...

研究グループは、発電した電気を集める部材を改良し、電極面積当たりの出力密度を倍増。また複数のセルの接続に必要な電池用絶縁材(セパレーター)の形状を工夫して軽量化し、出力当たりの重量を従来と比べ60%低...

【立川】YAC国際電熱(東京都昭島市、風間健太郎社長、042・546・9211)は、電気ヒーターを独自開発し、高出力化した汎用小型工業炉を発売した。... 出力は最大30キロワット、発熱エレメントの最...

コマツ産機、プラズマ切断機投入 消耗品カートリッジ化 (2020/5/12 機械・ロボット・航空機)

定格出力の仕様は200アンぺアと300アンぺアで従来機の150アンぺアから高出力化し、切断速度が向上して中厚板の切断に向く。価格は出力200アンぺアで2900万円(消費税抜き)、同300アンぺアで30...

おすすめコンテンツ

金を掛けずに知恵を出す 
からくり改善事例集 Part4

金を掛けずに知恵を出す からくり改善事例集 Part4

本当に役立つ英文ビジネスEメール
第2版

本当に役立つ英文ビジネスEメール 第2版

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい電線・ケーブルの本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい電線・ケーブルの本

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

金属加工シリーズ フライス加工の基礎 上巻

金属加工シリーズ フライス加工の基礎 上巻

金属加工シリーズ 研削加工の基礎 上巻

金属加工シリーズ 研削加工の基礎 上巻

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる