電子版有料会員の方はより詳細な条件で検索機能をお使いいただけます。

941件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.022秒)

シリコンヘテロ接合太陽電池の低コスト化につながる。 ... 次世代太陽電池として期待されるシリコンヘテロ接合太陽電池は、理論効率に迫る26・8%の効率を示すなど高い性能が報告...

レーザーチップの高効率化や駆動条件の最適化で従来比27%増となる19dBmの光出力が可能となった。... 同社が培った結晶成長や精密光半導体加工といったレーザー製造技術を生かした導波路設計の最...

【松山】三浦工業と東京ガスは、発電効率63%の高効率燃料電池システムを共同開発した。... 東京ガスの燃料電池の高効率化技術と三浦工業の熱流体や制御ノウハウを生かしたシステム技術を融合し、一般...

高付加価値品シフトで成長 ―自動車の電動化の流れが見通しにくくなっています。 ... 高強度で高速回転にも耐えられることでイーアクスルの小型化に...

充電機会の増加に貢献する高効率双方向マルチポートEVチャージャ 電気自動車(EV)の普及には、インフラとしての充電器(チャージャー)の不足が足かせの一...

60ボルト高耐圧動作において世界最小クラスの実装面積を実現。... 電源ICの高耐圧性能向上と小型化・低消費電力の需要に対応。高耐圧と低電力消費を両立し、待機時の低消費電量化や実装面積削減など産業機器...

電動化、事業広げる好機 電動化の進展とともに車の構造は確実に変化している。... デンソーが17年から量産しているヒートポンプを活用した「MC―HPシステム」はマイナス10度Cの温度...

生産技術の担当者には高度化する個々の技術の見極めとともに、それらをまとめ上げる能力が求められる。... ロボットを複数台設置すれば、多軸で同時に複数の加工を進められるため高効率化が可能だ。 &...

新中期経営計画で取り組むモノづくり変革では、生産時のエネルギー消費低減に加え、デジタル技術を活用した自動化で生産現場の「匠(たくみ)の技を標準化し高効率化を進める」。 ...

アイシン、産業用SOFC開発加速 水素環流で高効率発電 (2024/3/8 自動車・モビリティー)

エネ・資源循環、地域連携目指す アイシンは家庭用燃料電池「エネファーム」で培った技術を生かし、高効率な産業用純水素固体酸化物形燃料電池(SOFC)や固体酸化物形電解セ...

現在、コア部品の共用化はさらに進んで、モーター、インバーター、増減速機を一体化した「eアクスル」と呼ばれるモジュールの開発に入っており、EV用の「3-in-1」、e-POWER...

トレックス、高耐圧の小型DC変換器発売 低消費電力も実現 (2024/2/26 電機・電子部品・情報・通信)

電源ICの高耐圧性能向上と小型化・低消費電力のニーズの増加に対応した。高耐圧と低電力消費を両立し、待機時の低消費電力化や実装面積削減など産業機器の高効率化・小型化に役立つ。 ... ...

液化石油ガスに10%水素を混合したガスの住宅への供給も実用化を進める。東北電力の石炭火力は今後、アンモニアや水素混焼も含めた高効率化に期待している」 ―今後の課題は。 ...

第66回十大新製品賞/本賞 三菱電機 (2024/2/8 機械・ロボット・航空機1)

ただ高効率化を追求するため、鉄の薄板が互いに導通しないよう溶接などを用いずに積層するなど、従来と異なるローターの製造方法を探求。... 加えて「モーターの高効率化だけでなく、トルク密度や電流値など最適...

第66回十大新製品賞/本賞 タダノ (2024/2/6 機械・ロボット・航空機1)

タダノは、業界に先駆けてフル電動化クレーンの製品化を実現した。 ... また、サプライヤーからの情報収集をはじめ、部品の軽量化や高電圧バッテリーのスペース確保、生産面の対応などで乗り...

サカナAIは基盤モデルを高効率化する技術、チューリング(同品川区)は自動運転向けの基盤モデルを開発する。

世界に先駆けて太陽光発電技術を実用化し産業を生み出すなどの成果を上げた。... 低コスト化できるアモルファスシリコン太陽電池の開発や、世界に先駆けた量産技術、高効率化などを実現した。 ...

そこに切り込むため、モーターそのものの高効率化とインバーター制御の導入加速が期待されている。... 「新モーター+インバーター」セット提案 &#...

「(2023年3月期を最終年度とする)前中期経営計画ではコロナ禍や地政学リスクの顕在化で(航空機事業を中心に)大きな影響を受けた。... 顧客への提供価値の高度化にもつ...

各社がeアクスルのラインアップを拡大する中、共通課題である「高出力」「小型化」「軽量化」「省資源化」に資する個々の要素技術や部品をメーカーの需要に応じて提供する考えだ。... 一方で小型軽量化や高効率...

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件の記事を保存することができます。

ログイン