96件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.015秒)

新開発の高圧(70メガパスカル)大容量水素タンクで、満充填時間20―30分を目指す。 ... エネルギー密度の高い水素を燃料とするFCVが、トラックの環境対応に有効と判断した。...

Joyful喜一ホールディングス(大阪市西区、田中健一社長、06・7176・7771)は、パウダー状の炭酸水素ナトリウムを取り入れたブラスト式高圧洗浄機「EZ―Blust(イージーブラスト)」を発売し...

燃料タンクが高圧タンクだと安全性の問題があるため、小型タイプの設置が有効。... 川崎重工業はLNG船後の次世代船として、液化水素運搬船の開発に注力する。CO2を出さない水素をマイナス253度Cの極低...

水素ステーション用バルブ機器を手がけるフジキンは、バスなど大型車への高速充填を可能にする超高圧液体水素適合バルブを開発した。99・9メガパスカルの超高圧とマイナス253度Cの極低温に対応し、同社の気体...

燃料電池電車、実用化へ 鉄道総研とJR東が2つのアプローチ (2019/10/30 建設・生活・環境・エネルギー1)

基礎技術は確立したものの、電池コストや水素供給インフラ、高圧水素規制などが壁となって歩みが進まなかった。... しかし、燃料電池の出力や水素タンクの搭載位置、スペックに大きな違いがある。... 総研は...

●受賞部品 《総合1参照》 各賞とも応募受け付け順 【超モノづくり部品大賞】 ◇超高圧液体水素適合バルブ フジキン 【モノづくり日本会議 共同議長...

高圧密閉樹脂製燃料タンクや燃料電池車用水素タンクも参考出品する。

水電解能力が1万キロワットの装置(旭化成のアルカリ水電解装置)で水素を1時間当たり最大2000立方メートル製造し、高圧輸送する。... 液化水素運搬船の液化水素タンクは播磨工場(兵庫県播磨町)で建造す...

トヨタはFCVの基幹部品となる燃料電池スタックと高圧水素タンクの生産設備を拡充し、20年頃に稼働させる計画を公表済み。... 経済産業省は、25年までにFCVとハイブリッド車(HV)の価格差を現在の3...

燃料電池試験車両、鶴見線で21年度実証 JR東 (2019/6/5 建設・生活・環境・エネルギー1)

燃料電池車やバスで使う70メガ(メガは100万)パスカルの高圧水素を、初めて鉄道車両に搭載する。... 貯蔵ユニットには炭素繊維複合容器の自動車用水素タンクを採用。水素社会づくりで包括連携するトヨタ自...

カエタノ・バスは2019年秋をめどに、FCスタックや高圧水素タンクなどのFCシステムを搭載した路線バス2台を開発・生産し、欧州で実証試験を始める。

現状のFCVは、大型プラントなどで製造した水素を水素ステーションまで運搬し、それを車載タンクに充填(じゅうてん)する形をとる。水素はクリーンな電力源である一方、運搬には高圧・超低温にする必要がある。今...

(名古屋・杉本要) ◇   ◇ 三重県いなべ市の山あいに今春、豊田合成がFCV向け高圧水素タンクの新工場を完成した。... 20年代初めに稼働し、樹脂、炭素繊維、ガ...

20年頃に基幹部品のFCスタックと高圧水素タンクの本格的な量産設備を稼働すると5月に公表しており、現状比10倍となるFCVの年産能力3万台体制に向け、準備を整えている。 「究極のエコ...

トヨタ自動車は24日、燃料電池車(FCV)の基幹部品となるFCスタックと高圧水素タンクの生産設備を拡充すると発表した。FCスタックは本社工場(愛知県豊田市)に建設した新棟で生産し、高圧水素タンクは下山...

ミズノ、CFRP加工設備増強 年度内に10億円投資 (2018/5/15 建設・エネルギー・生活1)

同社の製品は、トヨタ自動車の燃料電池車(FCV)「MIRAI(ミライ)」の高圧水素タンクを補強するためのテープ状材料や、カシオ計算機の腕時計「G―SHOCK」のバンド部分などに採用。

わが社のモットー/大静高圧 (2018/5/10 モノづくり基盤・成長企業)

◎お客さまが安全・安心に製品を使用できるよう努めること 大静高圧(静岡県長泉町、白砂清一社長、055・986・5485)はLPガスをはじめ、酸素や窒素などの高圧ガス容器の再検査が主力...

腐食に強く、超高圧の環境下でも十分な耐久性を達成した。... さらに強度が高く、溶接しやすい高圧水素用ステンレス「HRX19」を採用することで、70メガパスカル以上でも耐えられることをシミュレーション...

川重、高圧水素減圧弁 独ダイムラーの新FCVに供給 (2018/4/24 機械・ロボット・航空機1)

川崎重工業は23日、高圧水素減圧弁(写真)を開発し、独ダイムラーが市販化を計画する新型燃料電池車(FCV)「メルセデス・ベンツGLC F―CELL」に採用されたと発表した。... 車両に搭載する水素タ...

トヨタ、FCバス「SORA」投入 (2018/3/29 自動車)

高圧水素タンクを10本搭載し、タンク内容積は600リットル。

おすすめコンテンツ

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい地盤工学の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい地盤工学の本

図解よくわかるスマート農業
デジタル化が実現する儲かる農業

図解よくわかるスマート農業 デジタル化が実現する儲かる農業

すぐ身につく分析化学・機器分析の実務
基礎、前処理、手法選択、記録作成を現場目線で解説

すぐ身につく分析化学・機器分析の実務 基礎、前処理、手法選択、記録作成を現場目線で解説

岐路に立つ日本医療
破綻か飛躍か!?激変する世界が迫る選択

岐路に立つ日本医療 破綻か飛躍か!?激変する世界が迫る選択

新版 
イチから知る!IR実務

新版 イチから知る!IR実務

おもしろサイエンス 
火山の科学

おもしろサイエンス 火山の科学

電子版クレジットカード決済が対象になりました。キャッシュレスでお支払いのお客様に5%還元 ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる