173件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.007秒)

鉄系超電導体において、電子の集団が向く方向をあらゆる方向にそろえられることを示した。... 液晶ディスプレーなどに使われる一般的な棒状の液晶分子は高温でバラバラの方向を向いているが、低温では一定の方向...

明興双葉(東京都中央区、是松孝典会長兼社長、03・3535・6011)と由紀精密(神奈川県茅ケ崎市、大坪正人社長、0467・82・4106)は、物質・材料研究機構(物質機構)との共同研究により、単芯構...

量子科学技術研究開発機構と三菱重工業が開発してきたイーターの重要部品「トロイダル磁場超電導コイル」が30日に完成する。... 3種類の超電導コイルで強力な磁場を作り、燃料を閉じ込め、核融合を起こす。....

液晶ディスプレーや有機ELに使われる酸化物半導体「IGZO(イグゾー)」や鉄系高温超電導体などを開発し、優れた成果を世界に発信している。 ... さらに水になじみやすい「超親水性」と...

こうした航空機の電動化の課題の解決に貢献すると期待されているのがコイルの電気抵抗をゼロにする超電導技術だ。産業技術総合研究所や九大の研究グループは、液体窒素を利用した高温超電導体を利用し、断面積1平方...

この装置はドーナツ形の真空容器内で重水素同士を超高温のプラズマにし、核融合反応を起こす。... 核融合発電はウランの核分裂反応を利用する原子力発電より安全性が高く、燃料が豊富で効率が良いとされるが、超...

水素ガスと超電導磁石を同時に効率的に冷やす設計が求められる。... 超電導材の転移温度と水素の温度に差ができる。超電導コイルはできるだけ高温で動作させたいが、コイルが水素を温めてしまう。

高温超電導で新たな世界開く 【広い分野に応用】 高温超電導材料の中には、液体窒素温度で超電導を示す材料があり、広い分野に応用できることから、エネルギー問題を解決する...

そのためには、高性能モーターやリチウムイオン電池、磁性材料、超電導送電など、国内の優れた技術を結集し、国際競争に打ち勝つ必要がある。... エンジン故障による即座の墜落や高温環境にさらされる電動デバイ...

飯吉中部大総長、ロシアから名誉博士号 (2018/11/29 大学・産学連携)

核融合科学研究所の初代所長としてロシアでの研究も活発なヘリカル型磁場配位に基づくヘイオトロン研究を推進、超電導技術を用いた大型ヘリカル装置のプロジェクトに関わった。... また、ロシア国営送電大手のロ...

明興双葉と由紀精密、超電導ワイヤ開発 (2018/11/1 素材・ヘルスケア・環境)

明興双葉(東京都中央区、是松孝典会長兼社長、03・3535・6011)は、由紀精密(神奈川県茅ケ崎市)と共同で、高温・高磁場応用の実現が期待できる、もろく伸ばしにくい金属間化合物を用いた超電導ワイヤの...

東京大学大学院新領域創成科学研究科の宮本辰也助教や岡本博教授らは、高温超電導体の機構の解明につながる超高速の物理現象の一端を明らかにした。... 電子やイオンなどの「電荷キャリア」の生成に伴い生じるス...

液晶ディスプレーに使われる酸化物半導体「IGZO」や鉄系高温超電導体、電気を通すセメントなどを開発し、世界に衝撃を与えた。

理化学研究所放射光科学研究センターの玉作賢治チームリーダーらは、高温超電導体など有用な材料機能に関わる金属を含む化合物を詳細に調べられる光学手法を開発した。

東京海洋大学と新日鉄住金、スイスのABB(チューリヒ市)は、ガドリニウム系高温超電導体を小片状に固めた「バルク材」の集合体を磁石として使う超電導モーターを試作し、運転試験に成功した。出力30キロワット...

岩手製鉄(岩手県北上市)は、超電導加速空洞などを格納する「クライオモジュール」を支える“足”となる架台を、鋳物で作る技術を発表した。... 工場の高温廃熱は既に発電などに使われているが、低温廃熱は用途...

物質・材料研究機構の伴野信哉主幹研究員らは、超電導線材をつなぐ「超電導ハンダ」を開発した。高温超電導線材であるレアアース(希土類)系酸化物線材と低温超電導線材であるニオブ系線材をつなぐことができる。....

東大など、鉄系超電導体のギャップを観測 (2018/1/30 科学技術・大学)

東京大学物性研究所の岡崎浩三特任准教授、辛埴教授らの研究グループは、京都大学などと共同で、鉄系超電導体の超電導ギャップの符号が反転する「ノード」の観測に世界で初めて成功した。超電導ギャップ構造を正確に...

現在主流のシリコン系に比べ、製造方法が簡単な上、コストが安い、高温加熱や高真空の製造プロセスを必要としないといった特徴を持つ。... その結晶構造は超高圧の地球内部のマントルに存在し、酸化物高温超電導...

大陽日酸のターボ・ブレイトン冷凍機「ネオケルビンターボ2キロワット=写真」3台が、ロシアのモスクワ市電力公社が試験運用する220キロボルト向け超電導限流器設備(SFCL)に採用された。... 大陽日酸...

おすすめコンテンツ

すぐ身につく分析化学・機器分析の実務
基礎、前処理、手法選択、記録作成を現場目線で解説

すぐ身につく分析化学・機器分析の実務 基礎、前処理、手法選択、記録作成を現場目線で解説

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい地盤工学の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい地盤工学の本

図解よくわかるスマート農業
デジタル化が実現する儲かる農業

図解よくわかるスマート農業 デジタル化が実現する儲かる農業

岐路に立つ日本医療
破綻か飛躍か!?激変する世界が迫る選択

岐路に立つ日本医療 破綻か飛躍か!?激変する世界が迫る選択

おもしろサイエンス 
火山の科学

おもしろサイエンス 火山の科学

新版 
イチから知る!IR実務

新版 イチから知る!IR実務

電子版クレジットカード決済が対象になりました。キャッシュレスでお支払いのお客様に5%還元 ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる