電子版有料会員の方はより詳細な条件で検索機能をお使いいただけます。

2,874件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.003秒)

海外では高炉など工業用水を使う工場、ゴミ処理場やリサイクル施設、上下水道などインフラ施設の用途を見込む。

鉄連会長、日鉄の米社買収「脱炭素・高級鋼で日米の連携深まる」 (2024/3/1 素材・建設・環境・エネルギー)

高炉3社の労働組合が今春季労使交渉(春闘)で賃金改善分として月3万円の賃上げを要求していることについては「物価上昇分を超す引き上げだけでなく、人手不足下での人材獲得という点が重要だ。

メーカー間の値上げ幅は、各高炉が全品種で「現状契約価格から10%程度の上伸」といった表現に留まる。... 実勢価格は高炉品の配管用鋼管(黒ネジなし50A)がトン当たり23万―2...

JFEスチール、洗堀防止にスラグ人工石 洋上風力向け (2024/2/26 素材・建設・環境・エネルギー)

フロンティアロックは製鋼スラグとその前工程での高炉スラグ微粉末、水などを練り混ぜ、水和固化させたものを破砕してつくる。

粗鋼生産、1月0.6%増 2カ月連続プラス (2024/2/23 素材・建設・環境・エネルギー)

内訳は高炉3社による転炉鋼が同0・1%減の542万7100トンで2カ月ぶりに減り、建設向け需要が主体の電炉鋼は同2・7%増の183万8600トンで3カ月連続で増えた。 ...

建材(コラム)メーカーは高炉や電炉材鋼板(コイル)および輸入材の供給を受け、鉄骨建築物の柱材に用いる各種ロールコラム(BCR)を製造。

日本の大手鉄鋼メーカーはインドで高炉を建設する一方で、米国の鉄鋼大手USスチールを2兆円かけて買収すると報じられている。英国では国内で最後の高炉が閉鎖され、3000人の従業員が解雇される恐れがあると報...

また、例えば日本の高効率な高炉技術は、脱炭素途上にあるアジア圏を中心に活用が見込まれ、産業競争力になりうる。経産省幹部は「高炉でも脱炭素価値があると明確化することで、日本が培ってきた高炉技術を維持・発...

高炉3社の通期見通し、2社が事業増益 適正利ざや・コスト低減 (2024/2/12 素材・建設・環境・エネルギー)

高炉鉄鋼3社の2024年3月期連結業績見通しが出そろい、鋼材の販売数量や海外市況が振るわない状況を、適正マージン(利ざや)の確保とコスト低減で打開する動きが定着して...

主原料である高炉溶銑の価格高騰に加え、副原料費や資材費、物流費などの諸コストが上昇し、自助努力では上昇分を吸収できない状況としている。

高炉は日本製鉄が1月と3月契約で製品販価を合わせてトン当たり2万円引き上げ神戸製鋼所が4月導入分から同2万円の値上げを打ち出した。 ... 4月時点で高炉販価に同調できるかに注目が集...

北野氏は技術系で、脱炭素化へ高炉の電炉シフトを主導。... 経営企画担当役員として京浜地区(川崎市川崎区)の高炉休止など構造改革案をまとめた。

メーカーは高炉、電炉ともに、現時点では価格を据え置いている。

ニッポンの素材力 トップに聞く(2)阪和興業社長・中川洋一氏 (2024/2/7 素材・建設・環境・エネルギー2)

(経営資源が限られるため)総合商社のような大きな資源ビジネスとはいかないが、量より質に着目し、検討したい」 ―インドネシアでは高炉生産や、車載リチウムイオン電池...

経営ひと言/耐火物協会・藤原弘之会長「存在感打ち出す」 (2024/2/7 生活インフラ・医療・くらし2)

耐火物は千数百度の高温に耐える機能を持ち、高炉などさまざまな場所で使われる。

第66回十大新製品賞/本賞 清水建設 (2024/2/5 素材・建設・環境・エネルギー)

「SUSMICS―C」は、バイオ炭の混入量1キログラム当たり2・3キログラムのCO2を固定化でき、セメント材料に低炭素型の高炉セメント類を使用すれば、普通コンクリートのCO2排出量と比べて最大118&...

さらに母材値上げを主とした生産・加工コストの上昇に一部の高炉系建材メーカーがコラム製品販価の引き上げを実施した。... 高炉材ベースの従来品との競合が鮮明になり「積極受注に動けば、その価格差から値下げ...

地政学的リスクの悪化、高炉の修理が延期されたことなどを理由に挙げた。

「JFEスチールが高炉の一つを電炉にするとか、ENEOSが水素の受け入れ拠点を作るとか、水島の主要企業も必死で取り組んでいる。

昨年の粗鋼生産、2年連続9000万トン割れ 鉄連まとめ (2024/1/24 素材・建設・環境・エネルギー1)

2年連続の9000万トン割れだが「高炉縮小などでメーカーは量から質への転換を推進中。... 生産の内訳は高炉3社による転炉鋼が同1・9%減の6416万6600トン、建設向け需要が主体の電炉鋼は...

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件の記事を保存することができます。

ログイン