電子版有料会員の方はより詳細な条件で検索機能をお使いいただけます。

164件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.009秒)

岡山大学の芳野極教授と高輝度光科学研究センターの肥後祐司主幹研究員らは、マントルの岩石に存在する水がプレート運動を駆動することを示した。... 研究チームは短周期振動発生技術を独自に開発。

高輝度光科学研究センターは、2023年2月に大型放射光施設SPring―8(兵庫県佐用町)で保有する高エネルギーX線コンピューター断層撮影(CT)計...

東北大学の岡本聡教授と関西学院大学の鈴木基寛教授らは、高輝度光科学研究センターと物質・材料研究機構、大同特殊鋼と共同で磁石の磁区を3次元的に撮影することに成功した。

真空状態1カ月保持 “リュウグウの宝物”を世界に 小惑星探査機「はやぶさ2」が持ち帰った小惑星「リュウグウ」の試料はさまざまな研究機関で分析・研究される。... 輸送容器のデ...

北海道大学の鈴木明大准教授、西野吉則教授らは立命館大学、高輝度光科学研究センターなどと共同で、電子顕微鏡観察では徐々に変質してしまう全固体電池材料を無損傷かつナノスケール(ナノは10...

高輝度光科学研究センターの横山優一博士研究員と水牧仁一朗コーディネータらは、強磁性体の磁区模様をX線回折パターンから再構成するアルゴリズムを開発した。... 材料研究の幅を広げてい...

高輝度光科学研究センターと東北大学、ドイツ・バイロイト大学バイエルン地球科学研究所などの国際研究グループは、地球深部にある上部マントルと下部マントルの境界がプレート沈み込み帯付近で陥没する原因を解明し...

理化学研究所の井上伊知郎研究員と矢橋牧名グループディレクターらは高輝度光科学研究センター、電気通信大学と共同で、X線パルスレーザーの時間幅を短くする技術を開発した。

東北大学金属材料研究所の木俣基准教授らは、高輝度光科学研究センター、高エネルギー加速器研究機構、京都大学、東京大学と共同で、大きな熱電効果などの起源となる「磁気八極子(磁気オクタポール)...

大阪府立大学大学院の小菅厚子准教授、奥友洋大学院生らと近畿大学工業高等専門学校、高輝度光科学研究センターの研究チームは室温付近での熱電性能を既存材料の最大2倍に高める材料を開発した。... 研究チーム...

研究に合わせてX線回折などを用いて、複数の原子が入り交じった不規則合金の構造を可視化する手法を確立した。... 東京理科大学、高輝度光科学研究センター、京都大学、愛媛大学との共同研究。

東北大学多元物質科学研究所の雨沢浩史教授、高輝度光科学研究センターの為則雄祐主席研究員らの共同研究グループは、電池の異常発熱の原因となる蓄電材料からの酸素脱離現象のメカニズムを解明した。... 研究グ...

化学分析チームは北海道大学のほか、東京理科大学、高輝度光科学研究センター、堀場の子会社で同拠点を運営する堀場テクノサービス(京都市南区)、リガク(東京都昭島市)の研究者...

京都大学化学研究所の島川祐一教授らの共同研究グループは、磁場と圧力を加えると高効率に熱を制御して冷却できる酸化物材料を発見した。... 研究の成果は熱量効果材料を設計する新しい指針を示したものと言え、...

物質・材料研究機構の山瀬博之主幹研究員、高輝度光科学研究センターの桜井吉晴放射光利用研究基盤センター副センター長、東北大学の藤田全基教授らの研究グループは、高温超伝導体の銅酸化物の電子状態を明らかにし...

群馬大学の鈴木宏輔助教と櫻井浩教授、高輝度光科学研究センターの研究グループは、円筒型リチウムイオン電池の充放電を大型放射光施設(SPring―8)で計測し、正極反応の自己組織化パターン...

東北大学大学院理学研究科の石井祐太助教、分子科学研究所の山本航平研究員、高輝度光科学研究センター放射光利用研究基盤センターの横山優一博士研究員らの研究グループは、軟X線の特殊な状態である渦ビームに対し...

広島大学大学院理学研究科の河野嵩修士課程学生、先進理工系科学研究科の木村昭夫教授らは、高輝度光科学研究センターの室隆桂之主幹研究員と東北大学金属材料研究所の梅津理恵教授らと共同で多機能性の強磁性合金の...

兵庫県立大学の中嶋誠二准教授、藤澤浩訓教授、清水勝特任教授らは東京理科大学、高輝度光科学研究センターと共同で、強誘電性や強磁性など複数の性質を持つマルチフェロイック材料であるビスマスフェライトにマンガ...

理研など、物体内らせん構造の向き識別 (2020/8/19 科学技術・大学)

理化学研究所と高輝度光科学研究センター、量子科学技術研究開発機構の共同チームは、大型放射光施設「スプリング8」のX線顕微鏡を使って、物体内部のらせん構造の向きを識別する新手法を開発した。物体のらせん構...

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件の記事を保存することができます。

ログイン