電子版有料会員の方はより詳細な条件で検索機能をお使いいただけます。

17件中、1ページ目 1〜17件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.013秒)

地方創生に向けては防災や鳥獣対策といった地域課題を鶴岡高専と協力して解決を図るほか、鶴岡高専主催の各種セミナーを通じて産学官の連携を推進する。

アルガリ、ドローンで鳥獣対策 (2023/7/31 機械・ロボット・航空機2)

アルガリ(埼玉県上尾市、岩田昇資社長)は、埼玉県毛呂町で飛行ロボット(ドローン)を活用した鳥獣被害対策の実態調査を始めた。ドローンとトレイルカメラを使って被害を受けてい...

【浜松】パイフォトニクス(浜松市東区、池田貴裕社長)は11月下旬に茨城県つくば市で、12月に愛知県で、光照射による鳥獣対策の実証実験を行う。... 同社はこれまで市...

【浜松】パイフォトニクス(浜松市東区、池田貴裕社長)は、鳥獣対策用の携帯型発光ダイオード(LED)照明「ホロライト・チェッカーズ=写真」を開発した。市松模様&#...

KDDIなど、ドローン目視外運航を全国で実証 (2020/12/16 電機・電子部品・情報・通信2)

全国に先駆け、兵庫、宮城、三重の3県で、物流や警備、インフラ点検、有害鳥獣対策、災害時の被害状況把握などを想定した先行実証を行う。

WorkVision(ワークビジョン、東京都品川区、大和田昭彦社長、03・4233・0900)は、2021年の秋に鳥獣対策のわなと農村地域への支援者を結びつけるマッチングプラットフォー...

協和テクノは電気柵監視システムなど鳥獣対策製品のメーカー。

高効率で省力化につながる鳥獣被害対策ツールとして自治体などの需要を取り込む。 モハラテクニカの鳥獣被害対策装置「ユーソニック」を、TEADのドローンと組み合わせた。... 一方で、鳥...

有害鳥獣対策、高齢者見守りなど、市民が安全・安心に生活を送るためのIoT活用の研究が進んでいる。

鳥獣被害を防ぐ電気柵の利用は全国で増える一方、手間がかかる管理が課題。... 対策として、国は08年に鳥獣被害防止総合対策交付金を施行。... 展示会や農家などで粘り強く実演販売した結果、今では鳥獣対...

ICTで有害鳥獣捕獲 関電など、兵庫・養父市で検証 (2018/2/26 建設・エネルギー・生活)

関西電力とケイ・オプティコム、兵庫県養父市は、情報通信技術(ICT)を活用した有害鳥獣の計画的な捕獲の検証を同市で始めた。農作物の被害の多い鹿の捕獲を狙い、監視から捕獲、管理を一体化し...

認知症患者らをはじめとした行方不明者の捜索や鳥獣対策の効率向上につながる。... 可視光タイプは鳥獣対策や救助以外にも不法投棄など廃棄物の発見にも有効だ。

農林水産省の職員食堂に野生鳥獣の食肉「ジビエ」を使ったメニューが24日、お目見えした。... 野生鳥獣による農作物の被害額は年間200億円前後に上る。... メニュー開発にはジビエ料理で有名な長野県茅...

農林水産省は9日、飛行ロボット(ドローン)による農薬散布での安全対策について、省内で説明会を開いた。... 小型・安価なドローンはこれに加え「農作物の生育状況監視や鳥獣対策にも使えない...

異種金属の接合や鳥獣対策装置など将来に向けて車以外の分野にも用途拡大が見込める。

道内では年間60億円ものエゾシカによる農作物の被害があり、その対策が課題となっている。 ... さらにイノシシ、クマなどエゾシカ以外の鳥獣対策への活用も模索していく。... その応用...

【三共衛研/シロアリ被害生映像で確認】 三共衛研(名古屋市北区、宮田正昭社長、052・846・7439)は、シロアリ・ハチ・ゴキブリなどの害虫の予防・駆除や、カラス・...

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件の記事を保存することができます。

ログイン