電子版有料会員の方はより詳細な条件で検索機能をお使いいただけます。

3,056件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.009秒)

(生活インフラ・医療・くらしに関連記事) 2026年2月期の黒字化に向けて構造改革を実行した上で27年2月期以降の上場実現を目指す。

【福岡】福岡国際空港(福岡市博多区、田川真司社長)は、2027年3月期に初の当期損益の黒字化を見込む。... 同社は福岡空港の運営民営化にあたり地場大手企業などが1...

社会とのつながりの中で個人の力がアップデートされ、それを最大化することで結果的に企業価値向上につながる」。... ヨシオ工業の業績は22年3月期以降、各利益段階で黒字化し、23年には過去最大級の設備投...

キリンHD、ヘルスサイエンスを次の柱に 売上高2000億円規模 (2024/4/8 生活インフラ・医療・くらし)

協和発酵バイオ(KHB)の構造改革を推進し25年度以降の黒字化を確実に進めることなどで、ヘルスサイエンス事業の自立を目指す。 ... 併せてKHBの黒字化に向け構造改...

財政制度等審議会(財務相の諮問機関)は4日、財政制度分科会を開き、例年5月下旬ごろに取りまとめる「春の建議(意見書)」の策定に向け、財政健全化目標をめぐって議論を開始し...

ソラコム、IoT基盤攻勢 継続課金、売上高年30%増 (2024/4/4 電機・電子部品・情報・通信2)

ソラコムは180の国・地域の392の通信キャリアに対応したIoT向けのデータ通信を軸に、データ可視化やアラート通知などの各種サービスをクラウド経由で提供。... 急速なデジタル化に伴うIoT需要を取り...

だが、事業の黒字化目標は31年以降に設定する。... 事業収入は廃棄者から得る処理費用と再生資源の販売価格で成り立っており、資源価格の安さこそが黒字化の大きな課題だ。 &#...

JR貨物は2026年度を最終年度とする新中期経営計画について、鉄道ロジスティクス部門単体で営業収支の10億円以上の黒字化(22年度実績は162億円の赤字)を目指す。...

同社の北米事業は輸入タイヤの採算改善などが寄与し、2023年12月期の事業損益が黒字転換したが、現地生産拠点である同工場の生産改善は道半ばの状況。... 自動成形機に置き換えることで生産を効率化できる...

これにより年30億円程度(約3000万豪ドル)の合理化効果を引き出す。... 現地では印刷・情報用紙事業からの撤退後、段ボール原紙から加工まで一貫化を進めており、効率化経営でオパール事...

新東工業、超小型アルコール検知器発売 (2024/3/26 自動車・モビリティー)

スマホからの給電で電池を不要にし、小型化につなげた。... 発売後1年で黒字化を目指す。

日銀は金融正常化に動くものの、政策金利は0―0・1%と米国の5%超と依然格差が大きい。... 海外に見劣りする賃金の引き上げと同時に日本の稼ぐ力を引き上げ、貿易収支の黒字化を定着させた...

政府は25年度に国・地方の基礎的財政収支(プライマリーバランス、PB)黒字化を目指している。だが内閣府試算では1・3%の実質成長率を実現しても黒字化しない。... 財政健全化の...

中興メタバース(3)米メタ、難しさ増すかじ取り (2024/3/15 電機・電子部品・情報・通信)

同部門の損失は21年の101億ドルから23年に161億ドルと膨らみ、黒字化は見通せない。 メタがメタバース傾注をぶち上げた21年はコロナ禍のただ中にあり、世界中で在宅勤務が常態化して...

本日も東奔西走/中小企業診断士からの応援歌(431)資金繰り問題 (2024/3/12 中小・ベンチャー・中小政策)

資金繰りを考える上で、大前提となるのは損益計算書を黒字化することだ。

製薬企業 変革の道筋(3)住友ファーマ社長・野村博氏 (2024/3/11 生活インフラ・医療・くらし)

24年度は資産売却との合わせ技で当期損益を黒字化し、25年度に資産売却なしでの黒字化を目指す。

(特別取材班) 原資不足、“無い袖無理に” 自動化機械などを手がける宇都宮精機(宇都宮市)。...

NIO、昨年207億元赤字 中国EV市場激化で苦戦 (2024/3/7 自動車・モビリティー)

奉瑋最高財務責任者(CFO)は「24年に向け我々は事業目標に優先順位を付け、システム能力を向上させ、コスト管理を最適化する」と述べた。 ... ただ、現在は高級スポー...

売上高3300億円、営業利益300億円などの数値目標を掲げつつ、欧州事業の黒字化や脱炭素化の加速、高所作業車の世界展開などを推進し、新たな成長領域に挑む。... 「23年度に営業損益で138億円の損失...

激動の経営/DAIZ(3)ベビーリーフ事業発足 (2024/3/1 中小・ベンチャー・中小政策)

ベンチャー経営者として再起を期する井出は産業化につながりそうなベビーリーフに着目した。... 高齢化で耕作放棄地が増え、若者の農業離れが進んでいた。農業にはハイテク化や黒字化、自立が必要と井出は考えた...

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件の記事を保存することができます。

ログイン