3,049件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.027秒)

脱炭素社会に向け2輪車、4輪車の電動化の動きは加速する。 大型2輪車が強みの川重だが、電動バイクの市場投入は今後の課題。... 「ガソリン車に負けない乗り物を見つける必要がある」と顧...

トヨタは14日、マレーシアの完成車工場2カ所の操業を停止。... ホンダは、13日から2輪車と4輪車、4輪車エンジンの計3拠点の工場の操業を一時停止した。... ホンダは2輪車の生産能力が年30万台、...

工作機械7社、昨年受注31%減 12月は25カ月ぶりプラス (2021/1/14 機械・ロボット・航空機)

日刊工業新聞社が13日まとめた工作機械主要7社の2020年(暦年)の工作機械受注実績は、前年比31・1%減の2545億500万円となり、2年連続の減少となった。... 高いシェアを持つ中国で「自動車を...

スズキは2輪・4輪車用純正アクセサリーなどを扱うモール型電子商取引(EC)サイト「S―MALL(エスモール)」を、11日に公開する。公開時は子会社2社が計3店舗を出店し、合わせて約300点の商品を掲載...

「先進国向けの2輪車や4輪バギー、マリンの小売りの動きは、引き続き好調だとみている。... 新興国向け2輪車の需要も非常に緩やかだが回復傾向にはある。21年中には19年度並みに戻るのではないか」...

◇ ―2輪車事業を10月に分社化します。 ... 業界内で他社と連携しやすい環境を整えるのが大事だ」 ―2輪車の環境対応は。 ....

ホンダは大型クルーザーモデルの2輪車「Rebel(レブル)1100=写真」を5月13日に発売する。... 価格は121万円(同)。... 排気量1082ccの水冷4ストロークOHC直列2気筒エンジンを...

ホンダは2022年にロシアでの4輪車の新車販売から撤退する。... 2輪車販売や4輪車のアフターサービスなどは継続し「現地の雇用に影響はない」(同社広報)という。 ... 一方、日欧...

技研精機はホンダの研究開発子会社である本田技術研究所と連携し、2輪車や4輪車のレース用のエンジンヘッドを製造してきた。

JVCケンウッドは2輪車販売のレッドバロン(愛知県岡崎市)と共同で、2輪車用ドライブレコーダーを開発した。... 2021年3月にレッドバロンの会員向けにドラレコの販売とサービスの提供を始める。...

ホンダは23日、インドで4輪車の生産体制を再編すると発表した。ウッタルプラディッシュ州グレーターノイダにある第1工場の生産を23日に終了し、ラジャスタン州タプカラにある第2工場に集約する。... 第1...

宇部興産機械(山口県宇部市、宮内浩典社長、0836・22・0072)は、省エネルギー性能と生産性に優れた電動トグル式射出成形機「HH(ダブルH)」シリーズから、型締め力1300トンの大型機(写真)を発...

ホンダはロードスポーツモデルの2輪車「CB650R=写真」「CBR650R」を一部変更し、2021年1月28日に発売する。... 年間販売台数は2モデル合計で、1800台を計画。 ....

ホンダはインドの2輪車事業を強化するため、新たな開発体制を構築した。... (松崎裕) ◇   ◇ 「2輪において最後の市場とされるインド。... インドは年間約1...

日本二輪車文化協会(東京都港区、吉田純一会長)は、年間で最も優れた2輪車を選出する「日本バイクオブザイヤー2020大賞」に、原付部門で最優秀金賞だったホンダの「CT125・ハンターカブ=写真」を選んだ...

EVやPHV、FCVなどは購入時や2回目までの車検時にかかる税金を免除する一方、環境性能で劣るクリーンディーゼル車は2年間の経過措置を経て、ガソリン車と同様に燃費基準の達成度に応じた税率に見直す。&#...

92年に帰国し、大手自動車メーカーを担当した。... 当社の主力製品であるエンジン点火プラグの強みとして、日本の2輪車メーカーとともに海外に出て行ったことで販売網を作れた。その後、4輪車メーカーが海外...

工作機械7社の11月受注1.3%減 2社がプラスに浮上 (2020/12/10 機械・ロボット・航空機1)

一方、国内市場は「設備投資のマインドは、まだ様子見の雰囲気がある」(オークマ)との指摘もあり、依然低迷している(総合1参照) ツガミは3カ月連続の前年同月比増加で、2020年の中で最...

東京都の小池百合子知事は8日、都議会定例会において都内で新車販売される4輪車を2030年まで、2輪車を35年までに全て「非ガソリン化することを目指す」と述べた。都は新車販売比率を電気自動車(EV)、プ...

この結果、過去7カ月の一致指数の平均値が、9月時点での平均値を0・06ポイント上回り、2年ぶりに上昇に転じた。... 一致指数の上昇幅4・9ポイントはデータを比較できる85年以降で、7月の6・0に次ぐ...

おすすめコンテンツ

きちんと知りたい! 
スポーツバイクメカニズムの基礎知識

きちんと知りたい! スポーツバイクメカニズムの基礎知識

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい包装の本 第2版

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい包装の本 第2版

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしいSCMの本 第3版

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしいSCMの本 第3版

よくわかるデザイン心理学
人間の行動・心理を考慮した一歩進んだデザインへのヒント

よくわかるデザイン心理学 人間の行動・心理を考慮した一歩進んだデザインへのヒント

攻略!「射出成形作業」技能検定試験
<1・2級>学科・実技試験

攻略!「射出成形作業」技能検定試験 <1・2級>学科・実技試験

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる