電子版有料会員の方はより詳細な条件で検索機能をお使いいただけます。

531件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.011秒)

こうした中、課題が明らかとなり、ニーズも多様化・高度化し、情報を重畳・連携する3次元(3D)空間情報「空間ID(識別符号)」の活用、サイバーフィジカルの融合に向けた取り...

ミスミ、iCADと協業 設計から部品調達シームレスに連携 (2024/5/30 機械・ロボット・航空機2)

iCADは、3次元(3D)コンピューター利用設計(CAD)で国内トップレベルのシェアを持つ。3Dデータで部品調達可能なメビーと協業することにより、3DCADでの完全設計...

日本郵船、船舶設計のDX提案 (2024/5/28 生活インフラ・医療・くらし)

通常、船舶の要件が決まっていない初期段階は3Dモデルを作成できないが、既存船の3Dデータを活用することでこれを補う。3Dモデルを共有しながら関係者間で議論し、決まった要件を随時3Dモデルに反映すること...

建設現場の省人化について、40年度までに23年度に比べ3割削減する目標を掲げた。... 3次元(3D)設計データとバケットの位置情報を比較し、その差をリアルタイムで案内し、オペレーター...

中国の宇樹科技(ユニトリー・ロボティクス、杭州市)製ロボットにタブレット端末を載せ、専用アプリケーションで建物の画像や位置情報、3次元(3D)データを記録する。... ...

3Dデータ活用進める 栗田工業は鋳造から機械加工、組み立てまでを手がける一貫生産体制が強みだ。... もう一つ欠かせないのが、3次元(3D)データの活用だ。... ま...

ゼンリン、建設ソフト新興買収 (2024/5/14 電機・電子部品・情報・通信2)

ローカスの「スキャン・エックス」は3次元(3D)データをオンライン上で処理・解析する。

仮想で施工進捗管理 日立建機など基盤開発 (2024/5/10 機械・ロボット・航空機)

同基盤の活用により、施工に関するデータを収集し、インターネット経由で遠隔地からの作業進捗(しんちょく)管理や自律型建設機械の操作を実現する。 ... 現場で刻々と変化...

また、製造に必要なデータはオークマの部品の3Dデータから一貫で効率的に生み出す方法を編み出した。オークマが部品の形状の3Dモデルのデジタルデータを生成。... こうしたデジタルデータの連携とロボット、...

第36回「中小企業優秀新技術・新製品賞」(1)一般部門 (2024/4/17 中小企業優秀新技術・新製品賞1)

(さいたま市北区) ジオ・サーチ 掘削状況3D管理アプリ「ちかデジ」 「ちかデジ」は、スマートフォン...

国直轄工事、生産性1.5倍 省人化目標40年度に3割 (2024/4/17 生活インフラ・医療・くらし1)

施工・データ連携・管理でDX 国土交通省は2040年度までに、国直轄工事で生産性を1・5倍に向上し3割の省人化を目指す新たな目標を打ち出した。... 今後、異なるメーカーの建機を同じ...

仮想で建物状態管理 ビプロジーとリコーが実証 (2024/4/10 電機・電子部品・情報・通信2)

デジタルツイン上で閲覧可能な建物の3次元(3D)データを作成するリコーの「空間データ作成・利活用AIソリューション」と、ビプロジーが販売している、建物設備管理全体を可視化する統合ワーク...

3次元(3D)コンピューター利用設計(CAD)データを使った部品画像などを実物に重ね合わせて表示し、検査や組み立てといった作業を効率化する。... AR画像には作成済み...

3次元(3D)データを活用した開発プロセスなどで「リードタイムと工数は半減を目指す」と競争力の引き上げをもくろむ。

近畿地方整備局はデータとデジタル技術活用によるインフラ分野のデジタル変革(DX)推進策「近畿インフラDXアクションプログラム」を策定した。3次元(3D)データやデジタル...

再生骨材利用に着目した中温化アスファルト混合物の性能評価と、3次元(3D)データを活用した地下空間での道路管理の高度化・効率化の2件で研究機関や研究目的の法人などを募って行う。

桜井製、3Dプリンターで受託造形 装置販売とシナジー (2024/3/6 機械・ロボット・航空機1)

【浜松】桜井製作所は自社で製造販売する3次元(3D)プリンターを活用し、樹脂素材の受託積層造形(AM)事業を始めた。... 受託事業では造形に向いた3Dデータの作成や3...

画像と3次元(3D)データなど複数の形式のデータを学ぶマルチモーダルAIをロボットに適用する。... 4月から3年間、「スケーラブル・ロボットラーニング」講座を設置する。... ロボッ...

【浜松】浅沼技研(浜松市中央区、浅沼祐一郎社長)は、試作事業での精密鋳造品の形状確認作業の効率化を図るために新しい3次元(3D)スキャナー(...

3次元(3D)データのみで加工できるため、専門の技術が必要なコンピューター利用製造(CAM)は使う必要がない。 ... データがあればすぐに、樹脂型を...

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件の記事を保存することができます。

ログイン