127件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.01秒)

総務省は第5世代通信(5G)の次の世代「ビヨンド5G」(6G)の実用化が見込まれる2030年に向け、知財・標準化を重要戦略の一つに位置付ける。KDDIも「標準化に関する特許を一つでも多く取得し、4G、...

ソフトバンク、6G技術開発強化 テラヘルツ波の利用探る (2021/7/15 電機・電子部品・情報・通信1)

ソフトバンクは14日、2030年代に普及が見込まれる第6世代通信(6G)についての技術展を開き、テラヘルツ波や高高度疑似衛星(HAPS)関連の技術開発に力を注ぐ方針を示した。... 一連の活動により、...

テラヘルツ波は次世代通信基盤「ビヨンド5G」(6G)の通信周波数として期待されている。

KDDI、今年度特許出願480件 スマホ決済・ドローン注力 (2021/6/30 電機・電子部品・情報・通信1)

第5世代通信(5G)の次の世代「ビヨンド5G」(6G)では、5Gの特徴である高速大容量、同時多接続、超低遅延に加え、自律性や超安全・信頼性といった新たな機能が求められる。政府は国際競争力強化を目的に、...

最大瞬間加速度12Gに対し、防振サス上では最大1・06Gに抑制した。

新工場棟は敷地面積2508平方メートル、4階建てで延べ床面積4865平方メートル。... 各大学と実用レベルに近い実験ができる分析装置などもそろえて「5G(第5世代通信)や次の6Gを狙うため、コネクタ...

一方で、5Gの次の世代である「ビヨンド5G」(6G)を視野に入れた研究開発などワイヤレステクノロジーが大きく成長しようとしている。 ... 5Gは...

次世代通信基盤「ビヨンド5G」(6G)を支える部材として提案していく。 ... パターンは銀インクで描き、6ミリメートル角の平面に小さなコンデンサーが8万個並ぶ構造になる。... 透...

高周波の電波を出せるため第5世代通信(5G)の次の世代「ビヨンド5G」(6G)の基地局からの出力に応用できる。

KDDIは、2030年ごろの実用化を見込む第6世代通信(6G)のコンセプトをまとめた技術概念(ホワイトペーパー)を公開した。6Gの通信速度は、20年に商用化した5Gの10倍に当たる毎秒100ギガビット...

第5世代通信(5G)の次の世代「ビヨンド5G」(6G)に向け、人間の動きなどを仮想空間上に写実的に再現するためのコア技術を確立し、臨場感の高い医療や教育、エンターテインメント向けサービスの開発につなげ...

「第5世代通信(5G)の次を議論する時、通信の分野では6Gではなく『ビヨンド5G』と言うことが多い」と話すのは、東京大学次世代サイバーインフラ連携研究機構機構長の中尾彰宏さん。 「G...

23年に5Gのピークを迎えると想定し、投資を積極化する。... エリア限定で5Gを利用する「ローカル5G」と電気自動車(EV)・電池、医療・医薬品、光センシングの4領域を成長分野に設定。... 第6世...

オールジャパンで6G開発 情報通信研究機構の第5期中長期計画が始まった。次世代通信基盤「ビヨンド5G」(6G)のホワイトペーパー(技術概念)をまとめ、開発ロードマップを示した。......

NTTや富士通は特定メーカーの機器に縛られないオープン化戦略を加速し、第6世代通信(6G)での商機拡大を狙う。... 16日の日米首脳会談では、両国でオープンな第5世代通信(5G)ネットワークの推進を...

第5世代通信(5G)の次の世代「ビヨンド5G」(6G)に挙げられるセルフリーMIMOシステムで、多数の送受信アンテナを使う通信で利用する。... 特許出願を終え、企業などとビヨンド5Gへの標準化を目指...

情報通信研究機構は第5世代通信(5G)の次の世代「ビヨンド5G」(6G)の開発加速のため199億7000万円を投じ、2021年度中にテストベッド環境を整備する。5G以降は要素技術と通信、アプリケーショ...

2030年の第6世代通信(6G)実用化も見据え需要取り込みを狙う。... 世界各地のニーズを拾い、グループ企業ごとに特化する分野を決めて効率化を図る」 ―第6世代通信(6G)の実用化...

楽天モバイル、6G推進へエッジクラウド活用 東工大と連携 (2021/4/20 電機・電子部品・情報・通信1)

楽天モバイルは19日、東京工業大学と連携し、第5世代通信(5G)の次の世代「ビヨンド5G」(6G)を見据えたエッジクラウドコンピューティングに関する研究開発を始めたと発表した。東工大大岡山キャンパス(...

【ワシントン=時事】菅義偉首相とバイデン米大統領は16日の首脳会談で、経済安全保障をめぐる中国の脅威に対抗するため、第5世代通信「5G」と次世代規格「6G」の最先端通信技術開発に日米で計45億ドル(約...

おすすめコンテンツ

演習!本気の製造業「管理会計と原価計算」
経営改善のための工業簿記練習帳

演習!本気の製造業「管理会計と原価計算」 経営改善のための工業簿記練習帳

プラスチック製品設計者1年目の教科書

プラスチック製品設計者1年目の教科書

<解析塾秘伝>AIとCAEを用いた実用化設計

<解析塾秘伝>AIとCAEを用いた実用化設計

技術士第一次試験「機械部門」専門科目過去問題 解答と解説
第8版

技術士第一次試験「機械部門」専門科目過去問題 解答と解説 第8版

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

金属加工シリーズ フライス加工の基礎 上巻

金属加工シリーズ フライス加工の基礎 上巻

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用しています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる