149件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.006秒)

米航空機部品メーカー、インプレサ・エアロスペース(米カリフォルニア州)が、デラウェア州の米連邦破産裁判所に連邦破産法11条(日本の民事再生法に相当)の適用を申請した。米航空機大手ボーイングの最新型旅客...

購入契約が完全に履行された場合、エンターエアが保有する737MAXは10機に増える見込みという。 エンターエアの役員は「737MAXは、現在実施されている厳しい検査後、長きにわたって...

737MAX対策、米航空当局が設計変更要求案 (2020/8/5 機械・航空機 1)

737MAXは、2件の墜落事故で346人が死亡したことを受けて安全問題が明らかになり、昨年3月に運航停止になった。

737MAXを巡っては、2度の事故を受けてボーイングが生産を一時停止していたが、今春、米シアトル近郊の工場で生産を再開している。

米連邦航空局、737MAXに落雷対策の改善指示 (2020/3/2 機械・ロボット・航空機1)

米連邦航空局(FAA)は運航停止となっている米ボーイングの旅客機737MAXに対する追加の安全対策を勧告した。運航再開を目指す同社にはクリアすべきハードルが増えた。連邦官報によると、落雷から配線を保護...

米ボーイング、737MAXの関連費用2兆円 (2020/1/31 機械・航空機 2)

米ボーイングは、世界中で運航が禁止された737MAXをめぐる総費用が180億ドル(約1兆9600億円)を超える見通しだと明らかにした。

エアキャップは、737MAX100機を発注済み。

737MAXは2件の墜落事故を起こした後、昨年3月に全世界で運航が停止され、再開の見通しは立っていない。

19年3月からのMAX運航停止で、同年の税引き前利益が少なくとも5億4000万ドル失われたとアメリカンは説明。

米スピリット、737MAXの部品生産中断へ (2019/12/24 機械・ロボット・航空機1)

ボーイングは1月からMAX機の生産を一時停止することを決めている。... ボーイングは、MAX機の運航停止による経営への打撃から主要サプライヤーを守るため、部品を社内生産品より割高なコストで調達し、サ...

【シカゴ=時事】米航空機大手ボーイングは、相次ぐ墜落事故を受けて世界中で運航停止となっている新型旅客機「737MAX」の生産を2020年1月から一時停止する。運航再開のめどが立たず、生産計画の見直しを...

米連邦航空局、新製造737MAX精査へ (2019/12/2 機械・ロボット・航空機)

米連邦航空局(FAA)は米ボーイング製旅客機737MAXの商業運航が再開された後に引き渡しが行われる同型機について、同社従業員に承認の権限を付与する通常のプロセスの代わりに、FAAが最終検査を実施する...

米ボーイング、737MAX受注加速 50機に (2019/11/21 機械・ロボット・航空機1)

ボーイングは前日の同ショーで、3月の運航停止後初めて737MAXを確定受注したばかり。カザフスタンを代表する航空会社エア・アスタナは、MAX機30機を発注する覚書(LOI)に署名したと発表した。......

トルコの旅客航空会社サンエクスプレスはドバイ航空ショーで、2件の墜落事故を起こし世界中で運航停止となっている米ボーイングの新型旅客機「737MAX」を10機追加発注したと発表した。ボーイングにとって3...

737MAX、来年1月運航再開 ボーイングが見通し (2019/11/13 機械・航空機 1)

同社は「MAX機が最も安全な航空機の一つになると確信している」と強調した。 ミューレンバーグ最高経営責任者(CEO)は先月末に議会公聴会で証言し、MAX機の運航再開時期について「すべ...

737MAX引き渡し再開なら「1000機余剰発生も」 (2019/11/7 機械・ロボット・航空機1)

ダムが決壊しMAXが流入し始めれば、多数の航空機が出回るだろう」と強調。

MAX型機を操縦するパイロットにシミュレーターを用いた追加的な訓練の実施を義務付けるかについては、EASAが自らシミュレーションと試験飛行を実施してから決定されるとのみ述べ、詳細は明らかにしなかった。

米ボーイング、737MAX運航再開の準備「大詰め」 (2019/10/3 機械・ロボット・航空機1)

米ボーイングのデニス・マレンバーグ最高経営責任者(CEO)は、2回の墜落事故を受けて半年以上前から世界的に運航停止となっている737MAXについて、商業運航再開の準備が「大詰め」を迎えていることをイン...

米ボーイング、段階的に「737MAX」運航再開も (2019/9/18 機械・航空機 2)

デニス・マレンバーグ最高経営責任者(CEO)は、10―12月(第4四半期)の早い時期にMAXの運航再開が承認されるとの同社の見通しを繰り返した上で、「スケジュール上の最大のリスクは引き続き世界の規制当...

 米サウスウエスト航空はボーイング737MAXについて、当局から運航再開許可が下りる時期は11月の米感謝祭より前となり、ボーイングからの年内納入に道が開かれるとの見通しを示した。  ...

おすすめコンテンツ

エレクトロニクス実装のためのマイクロ接合科学

エレクトロニクス実装のためのマイクロ接合科学

図解!製造業の管理会計「最重要KPI」がわかる本
会社を本当に良くして事業復活するための徹底解説

図解!製造業の管理会計「最重要KPI」がわかる本 会社を本当に良くして事業復活するための徹底解説

SDGsアクション
<ターゲット実践>インプットからアウトプットまで

SDGsアクション <ターゲット実践>インプットからアウトプットまで

日本製造業の後退は天下の一大事
モノづくりこそニッポンの砦 第3弾

日本製造業の後退は天下の一大事 モノづくりこそニッポンの砦 第3弾

技術大全シリーズ 
塗料大全

技術大全シリーズ 塗料大全

令和上司のすすめ
「部下の力を引き出す」は最高の仕事

令和上司のすすめ 「部下の力を引き出す」は最高の仕事

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる