電子版有料会員の方はより詳細な条件で検索機能をお使いいただけます。

1,315件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.003秒)

シーメンスと柏葉会、高度脳血管治療で提携 12月、札幌に病院 (2024/6/17 生活インフラ・医療・くらし)

手術室では、拡張現実(AR)といった3次元(3D)デジタル画像技術も活用する。

また、拡張現実(AR)体験ができるスマートグラスに関連した新事業の立ち上げも視野に入れる。... 斎藤社長は「ARグラスの需要は現状小さいものの、長期で見ると今後大きく伸びていく」と将...

詳細は特設サイト(https://notredame-ar.jp/)へ。

光照射により、睡眠調節に重要なアデノシンA2A受容体(A2AR)の感受性を高めることで睡眠状態に導く。... ただ、A2ARは他の器官にも存在し、遺伝子改変なしに脳内のA2ARのみ選択...

日本航空電子、修理しやすい構造のマイクロSDコネクター発売 (2024/5/21 電機・電子部品・情報・通信2)

スマートフォンやゲーミングパソコン(PC)、飛行ロボット(ドローン)、アクションカメラ、拡張現実(AR)/仮想現実(VR)ヘッ...

佐川グローバル、物流業務支援 AR導入実証 (2024/5/17 生活インフラ・医療・くらし2)

実験でARの有用性を確認できた。... 同システムはエピソテックのAR手順書システム「Dive」を応用して開発した。人の判断が必要な業務をAR技術で支援し、熟練が不要なオペレーションを目指す。

デジタルで海運効率化 船員不足対応・安全性向上 (2024/4/23 機械・ロボット・航空機2)

ディスプレー上に船舶前方に設置したカメラの映像と、拡張現実(AR)技術を活用して航行に必要な情報を表示。

【名古屋】東海光学(愛知県岡崎市、古沢宏和社長)は、超低反射防止膜(WAB―AR)を開発した。... 東海光学による膜の受託加工のほか、成膜装置メーカーのシンクロン&#...

工場管理5月号/熊本「ひのくに道場」1000人の軌跡 (2024/4/18 機械・ロボット・航空機1)

先端のデジタル技術を生かした知識の蓄積と運用力の強化を狙いに、全工場一体化、拡張現実(AR)/仮想現実(VR)の活用の仕方、デジタル変革(DX)...

大日印、仮想で売り場評価 企画・設計開発を効率化 (2024/4/17 電機・電子部品・情報・通信2)

スマートフォンなどを通じて拡張現実(AR)により実寸の売り場を出現させる機能も備える。

第36回「中小企業優秀新技術・新製品賞」(1)一般部門 (2024/4/17 中小企業優秀新技術・新製品賞1)

「ちかデジ」は、現場で撮影した動画データから、3Dモデル、点群データ、平面図、断面図、3Dモデリング、拡張現実(AR)データといった多様なデータを作成することができる。

国直轄工事、生産性1.5倍 省人化目標40年度に3割 (2024/4/17 生活インフラ・医療・くらし1)

今後、異なるメーカーの建機を同じプログラムで動作させる基盤整備や、3次元(3D)データに時間軸を加えた4次元(4D)シミュレーション、拡張現実(AR)、...

NTT西日本は11日、多言語化音声合成技術と音声拡張現実(AR)を組み合わせた実証実験に関連するイベントを大阪市内で開いた(写真)。... 実証実験...

ソフトバンク、ARで座席案内 福岡PayPayドームで実証成功 (2024/4/9 電機・電子部品・情報・通信1)

スタジアムやアリーナで、拡張現実(AR)による座席までの高精度な経路案内や、来場者のスマートフォンなどに応援コンテンツを一斉表示するといった観戦体験を提供できる。 ....

ボルボ、EV試乗会を開催 ブランド発信拠点1周年 (2024/4/9 自動車・モビリティー)

拡張現実(AR)などのデジタル技術を活用し、最新のボルボのEVや持続可能性、安全性に関する取り組みを体験できる。

製造業に特化したARとして、自動車や産業機械、舶用機器など多様な業種に導入を提案する。... AR画像には作成済みの3DCADデータを活用する。... ARのために新たな画像を制作する必要がなく「早く...

中興メタバース(5)世界で進む官民一体の施策 (2024/3/29 電機・電子部品・情報・通信)

その中で、「ユーザー主導のインターネット」を掲げるWeb4・0や仮想世界の定義を説明するとともに、仮想空間の世界市場が22年の270億ユーロ(約4兆4000億円)から30年までに800...

ダッソー、透析室の飛沫視覚化 (2024/3/19 機械・ロボット・航空機2)

仏ダッソー・システムズはパリ公立病院連合サン・ルイ病院と連携し、飛沫感染におけるリスクを把握して患者の治療や看護を最適化するために、気流シミュレーションと拡張現実(AR)を組み合わせた...

大型パネルにとどまらず、スマートフォンやスマートウオッチ、拡張現実(AR)・仮想現実(VR)、医療用モニター、自動車のメーターディスプレーなど幅広い用途を見込む。...

飛島建、3Dの音場情報を可視化 MR・ARデバイス活用 (2024/3/12 素材・建設・環境・エネルギー2)

複数断面内または物体表面上の音圧レベル分布を複合現実(MR)・拡張現実(AR)デバイスを用いて可視化することで、空間全体の騒音源や遮音欠損部を一度に探査できる。... ...

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件の記事を保存することができます。

ログイン