電子版有料会員の方はより詳細な条件で検索機能をお使いいただけます。

122件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.002秒)

採用実績のある韓国SKオンや中国・寧徳時代新能源科技(CATL)などに加え、顧客開拓にも注力する方針だ。

米テスラ、ネバダ州に電池工場 中国社の設備利用 (2024/2/2 自動車・モビリティー)

CATLの従業員は設備の設置を手伝う以外は関与しないという。 ... またCATLからの設備購入について、テスラは費用対効果の高い手法とみているという。 ... C...

展望2024/TDK社長・斎藤昇氏 センサー営業益2ケタ%に (2024/1/17 電機・電子部品・情報・通信1)

今後も技術進化を追求したい」 ―中型電池は中国CATLとの合弁会社設立で品ぞろえが広がります。

ただ自動車メーカーには、車載電池で世界最大手の中国・寧徳時代新能源科技(CATL)との協力を進めている事例もあり、新方針で「脱中国」がどこまで図られるかには不透明さも残る。

東陽テクニカ、中国製の二次電池評価ソリューション提供 (2023/9/27 機械・ロボット・航空機2)

IESTは中国の車載用電池メーカーであるCATLの計測装置アウトソーシング部門がスピンアウトして設立した。

海外では米テスラや中国の寧徳時代新能源科技(CATL)などメーカーが直接権益を抑える動きが活発だ。

【ラパス=ロイター時事】中国の電気自動車(EV)向け電池大手、寧徳時代新能源科技(CATL)は、南米ボリビアの大規模リチウム鉱床の開発支援に14億ドルを投じる意...

中国の寧徳時代新能源科技(CATL)の技術と支援を得て操業すると発言し、政治的な論争を招いた。

一方で1位に韓国・LGグループ、2位にサムスングループ、7位に中国・寧徳時代新能源科技(CATL)が入るなど、両国が追い上げている。

4月の上海モーターショーでは、世界最大の電池メーカーである中国・寧徳時代新能源科技(CATL)が時期を明らかにせずに中国・奇瑞の電気自動車(EV)にSIBを搭載すると発...

視点 アナリストの見方(91)EV普及への課題 (2023/5/3 金融・商品市況)

中国を中心に普及が進んでおり、中国EVメーカーの上海蔚来汽車(NIO)や、EV用電池世界首位の中国・寧徳時代新能源科技(CATL)などがバッテリー交換ステーションを展開...

車載電池世界最大手の中国CATLや、韓国LGエナジー・ソリューションのほか、米電気自動車(EV)大手テスラ、米ゼネラル・モーターズなど海外の川下メーカーは近年、南米やアフリカなどの鉱山...

J―MAX、中国にEV電池部品の新工場 25年稼働 (2023/4/19 自動車・モビリティー)

電気自動車(EV)用電池で世界首位の寧徳時代新能源科技(CATL)の現地工場から大型電池のカバーやケースを受注した。... 新たにCATLに電池ケースなどを24年3月か...

20年には中国・寧徳時代新能源科技(CATL)と電池のリサイクルやリユースのスキーム構築に向け提携を結んだ。

中国でも寧徳時代新能源科技(CATL)が24年量産予定の次世代LiBにCNT分散体の採用を決めたことを受け、生産体制を強化する。

中国では寧徳時代新能源科技(CATL)の次世代LiBに採用され、現地拠点の設備を増強中。

電池は世界最大手の中国・寧徳時代新能源科技(CATL)製を採用した。

18億円を投じて広州市の工場に電気自動車(EV)用電池で世界首位のCATL向けに同ケースのプレスラインを2024年末にも稼働する。... J―MAXは22年8月に寧徳市に開発・営業拠点...

中国の寧徳時代新能源科技(CATL)や韓国のLGエネルギーソリューション(ES)などからの攻勢に、シェアは押され気味だ。自動車大手との提携戦略でもCATLなどから後れを...

「転機になった」と振り返るのが、中国の大手車載電池メーカー、寧徳時代新能源科技(CATL)日本法人トップとしての経験だ。中国・福建省にあるCATL本社を訪れた際、出会った若者らの熱気に...

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件の記事を保存することができます。

ログイン