電子版有料会員の方はより詳細な条件で検索機能をお使いいただけます。

547件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.003秒)

また、CNTは、その円周方向に定義されるカイラリティ(巻き方)を変換することで電気的性質が変わる。最近では、このカイラリティ変換を利用して、CNT分子接合の作製に成功した。... 現在...

同社が手がけるLiB用分散体は、絡み合った状態で存在するカーボンナノチューブ(CNT)の繊維をほぐして溶剤中に安定化したもの。... また導電材にCNTを用いることで、従来品より少量で...

単層CNT使い安定化 アンモニアは二酸化炭素(CO2)を排出しない燃料として、また水素を貯蔵・輸送する水素キャリアの候補として注目されている。

多くの場合、CNTがそのまま製品化されることはなく、何らかの形に加工される。例えば、複合材などを作製する際、CNTを溶媒に分散させる場合がある。分散プロセスを経た後に、CNTがどのような品質、状態にな...

具体的には、1次元半導体であるカーボンナノチューブ(CNT)と、2次元半導体であるセレン化タングステンを用いた異次元ヘテロ構造を作製して光吸収と発光特性を調査した。 ...

これまでのポリシリコンから次の材料として有力視されるカーボンナノチューブ(CNT)に変えていく中で、オランダのASMLやベルギー研究開発機関のimec(アイメック)とも...

リンテック、耐熱性2倍のフォトマスク用防塵カバー開発 (2023/12/20 素材・建設・環境・エネルギー2)

高い耐久性を持つカーボンナノチューブ(CNT)を使用し、ポリシリコンなどを使う従来品よりも耐熱性を2倍に高めた。... 同社がペリクルの素材に用いたCNTは、直径がナノメートル(...

最先端のEUV露光機に対応したカーボンナノチューブ(CNT)膜ペリクルの開発を目指す。

先端材料技術展2023/紙上プレビュー(3) (2023/11/20 素材・建設・環境・エネルギー)

【カーボンフライ・日本ユピカ/CFRPより軽量・速硬化】 カーボンフライ(東京都江東区)と日本ユピカ(東京都千代田区)は...

キヤノン、廃プラからCNT 3-5年後の量産実用化目指す (2023/10/24 素材・建設・環境・エネルギー1)

CNTの材料である化学原料に代わって廃プラを熱し、発生させた炭化水素ガスで製造する。... 通常のCVD法によるCNT製造では、アセチレンなど炭素を含むガスを投入して触媒の金属にCNTを成長させる。....

この課題を解決するために、従来のプローブ材料であるタングステン線材に代わり、熱耐性が高く、低密度ゆえに熱負荷が小さいカーボンナノチューブ(CNT)線材を導入し、良好な結果を得た。...

中央大学の李恒助教と松﨑勇斗大学院生、河野行雄教授らは、印刷でカーボンナノチューブ(CNT)撮像センサーを作製することに成功した。... CNT分散液の濃度を0・5%と高めて粘...

東洋インキ、車載リチウム電池材料増産 250億円超投資 (2023/8/31 素材・建設・環境・エネルギー2)

LiBの高出力・高容量化に寄与することから、車載向けを中心にCNTの採用比率は今後高まるとみられている。 東洋インキSCHDは独自の改質・分散技術でCNTの分散性と導電性を高め、より...

CNTは年100トンを製造する。 ... 加えて副生成物の炭素は高導電性の多層CNTとして市場に展開するため、用途探索と性能評価を進める。CNTが加わることで、1ノルマル立方メートル...

フッ素のついた炭素鎖をCNTに修飾する。... フッ化炭素鎖をCNTに結合させると発光ピークが移動した。... CNTの種類によって修飾の効果が変わる。

美粒(堺市堺区)の持つCNTを解繊し混合時に均一分散できる技術を活用し、CNT本来の特性を発揮できる再分散性カーボン(RDC)として実用化を促す。... 新会社では美粒...

NEC、非冷却型赤外線イメージセンサー開発 CNT適用で高感度実現 (2023/4/11 電機・電子部品・情報・通信1)

NECは10日、独自開発した抽出技術による高純度半導体型のカーボンナノチューブ(CNT)を赤外線の検出部に適用した、高感度非冷却型赤外線イメージセンサーの開発に世界で初めて成功したと発...

CNTがヒトに対して毒性を示すかどうかについては明らかになっていないが、今回の研究がCNTの実用化に向けて安全性を担保する材料になると期待される。 ... 国際化学物質事務局はこれを...

新事業の柱の一つとしてCNTを応用した製品の実用化を進めており、すでにCNTの量産技術を確立。... CNTを主力のピストンリングに次ぐ事業に育てる。 ... 今回新たにCNT分散液...

中国でも寧徳時代新能源科技(CATL)が24年量産予定の次世代LiBにCNT分散体の採用を決めたことを受け、生産体制を強化する。 東洋インキSCHDのLiB用分散体は...

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件の記事を保存することができます。

ログイン