94件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.022秒)

本体の小型・軽量化や部材の共通化やレス化につながる」 ―日本環境協会が主催するエコマークアワード2020で、キヤノンの再生複合機がエコ・オブ・ザ・イヤーを受賞しました。 &#...

三井物産は、二酸化炭素(CO2)の回収・貯留(CCS)事業を手がける英ストレッガ・ジオテクノロジー(SG)に15・4%出資する。金額は十数億円とみられる。 SGは100%子会社を通じ...

年間約422トンの二酸化炭素(CO2)排出量削減を見込む。 細呂木事業所・第1棟の屋上に2418枚の太陽光パネルを設置した。発電容量は約822キロワット、容量約505キロワットの直流...

【東大阪】大阪府東大阪市は中小企業の設備投資を補助する支援事業4億7030万円を含む2021年度当初予算案をまとめた。... 設備投資の支援は補助率2分の1。... 脱炭素型は初めての施策で、一般型は...

関電、50年にCO2排出ゼロ ゼロカーボンビジョン策定 (2021/3/1 建設・生活・環境・エネルギー)

関西電力は2050年時点で二酸化炭素(CO2)排出をグループ全体でゼロにする「ゼロカーボンビジョン2050」を策定した。

Jパワー、30年に石炭火力4割減 CO2フリー水素発電を実現 (2021/3/1 建設・生活・環境・エネルギー)

Jパワーは2050年に二酸化炭素(CO2)排出を実質ゼロにする計画を策定した。

大阪大学の森浩亮准教授、松尾淳平大学院生、山下弘巳教授らは、水素の貯蔵・放出用として、光のスイッチングで駆動する触媒の開発に成功した。多孔性材料の「金属有機構造体(MOF)」を用いてガス吸着能、光応答...

人員は20人程度になる見込み。... 九大では2020年8月、CO2回収と資源転換技術を開発するプロジェクトが、新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)の「ムーンショット型研究開発事業」に採択さ...

根からの窒素養分吸収が20%以上で、光合成が25%以上活性化された。 この結果をもとに、2年にわたり4カ所の異なる野外環境で収量評価試験を行った。

試行版を18日から無料公開し、ニーズを聞き取った上で2021年度中に正規版を有料公開する。 ... 2050年の温室効果ガス排出実質ゼロが政府方針となり、大企業を中心に脱炭素を目指す...

環境省、CO2排出削減でゼファーなど4件採択 (2021/1/5 建設・生活・環境・エネルギー2)

環境省は二酸化炭素(CO2)排出削減対策を強化する技術の開発・実証事業にゼファー(東京都港区)などが提案した合計4件を選んだ。ゼファーはリコージャパンなどと出力50キロワットの小型風力発電設備を開発す...

沖縄電、50年CO2排出ゼロへのロードマップ策定 (2020/12/29 建設・生活・環境・エネルギー)

沖縄電力は2050年における二酸化炭素(CO2)「排出ネットゼロ」に向けたロードマップをまとめた。... まず30年までに再エネ電源を10万キロワット増やすほかクリーン燃料の利用拡大で30年時点の排出...

これまでCO2を分解しCOに変換する触媒の実験は500度C以下では検討されていなかった。... 政府は2050年にCO2の排出量を実質ゼロにする目標を掲げている。... 成果は23日、英科学誌ケミカル...

これは2枚の磁石(強磁性体)に、磁石でない物質(非磁性体)を挟んで重ね合わせた素子であり、電気を流すと2枚の磁石のN極の相対的な向きの違いで、抵抗値が変わる(図)。... 特に、コバルト、マンガン、シ...

東ガスエンジなど、コージェネ設置 CO2を17%削減 (2020/12/23 建設・生活・環境・エネルギー2)

東京ガスエンジニアリングソリューションズ(東京都港区)とパナソニック、太田都市ガス(群馬県太田市)は、ナチュラルチラーなどを製造するパナソニック大泉拠点(群馬県大泉町)で、大型の高効率ガスコージェネレ...

神奈川県は二酸化炭素(CO2)の濃度で換気の機会を知ることができる「CO2濃度測定器」200台の貸し出しを開始した。測定器はUSB充電式で縦8・3センチ×横8・3センチ×高さ3・2...

近い将来に想定されるPM2・5の濃度の低下に伴う気温上昇をシミュレーションで予想。PM2・5の濃度を下げる場合、同時に温室効果ガスの濃度上昇を抑える必要があるという。 人間活動による...

2030年ごろまでの実用化を目指す。... 収率が21%に低下したが、触媒の寿命を表す指標「触媒回転数」が従来比9倍になることを確認した。

ニュース拡大鏡/JFEスチール、製銑・製鋼でCO2削減 (2020/11/20 素材・医療・ヘルスケア)

これら“合わせ技”によりコストの大幅増を抑えつつ、2030年度に二酸化炭素(CO2)排出量で13年度比20%以上の削減を目指す。... 23年にも技術を確立して、早期商用化を目指す。... 同設備は福...

川崎市は、2050年の脱炭素社会実現に向け、脱炭素戦略「かわさきカーボンゼロチャレンジ2050」を策定した。脱炭素戦略の策定は政令指定都市の中で横浜市に次いで2番目。

おすすめコンテンツ

メカニズム展開で開発生産性を上げろ
品質と設計根拠が「見える」「使える」「残せる」

メカニズム展開で開発生産性を上げろ 品質と設計根拠が「見える」「使える」「残せる」

技術士第二次試験「総合技術監理部門」難関突破のための受験万全対策

技術士第二次試験「総合技術監理部門」難関突破のための受験万全対策

2021年度版 技術士第二次試験 
「建設部門」<必須科目>論文対策キーワード

2021年度版 技術士第二次試験 「建設部門」<必須科目>論文対策キーワード

例題練習で身につく 
技術士第二次試験論文の書き方 第6版

例題練習で身につく 技術士第二次試験論文の書き方 第6版

幾何公差<見る見るワカル>演習100

幾何公差<見る見るワカル>演習100

理系学生必見!! 
日刊工業新聞社が推薦する入社したくなる会社60社

理系学生必見!! 日刊工業新聞社が推薦する入社したくなる会社60社

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用しています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる