70件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.009秒)

微生物によるVOCの分解を促進するため、地盤を加温浄化剤で微生物が最も活性化する25―30度Cに加温。

住化、千葉でガスタービン発電 工場のCO2を20%削減 (2020/10/6 素材・医療・ヘルスケア)

2023年秋に完成を予定し、同工場から排出される二酸化炭素(CO2)の約20%に相当する年24万トン以上を削減する計画。

環境省、東急不など5社選定 CO2削減計画支援 (2020/10/1 建設・生活・環境・エネルギー2)

環境省は二酸化炭素(CO2)排出削減計画の設定支援事業の参加企業に東急不動産ホールディングス(HD)、日清食品HD、ファミリーマート、ベネッセコーポレーション、明電舎の5社を選んだ。 ...

東邦ガス、CO2排出ゼロの電気料金プラン (2020/10/1 建設・生活・環境・エネルギー2)

料金は、同地区で競合する中部電力ミライズ(名古屋市東区)の同様のCO2フリーメニューと比較すると、契約電流40アンペア、月間使用量320キロワット時のモデルケースの場合で年間約9000円安い。 ...

【ニューヨーク=時事】中国の習近平国家主席は22日の国連総会一般討論のビデオ演説で、二酸化炭素(CO2)排出量を2030年までに減少に転じさせ、実質ゼロを「60年までに達成することを目指す」と表明した...

同車種は2010年に追浜工場(神奈川県横須賀市)で生産を始め、米テネシー州のスマーナ工場、英国のサンダーランド工場で生産してきた。 ... 17年に全面改良して航続距離を当初比2倍に...

島根大学の小俣光司教授の研究成果を基に、既存技術では10―20%の収率を実用化に見合う60―90%程度に高める。2020年代中に、実用化を目指す。

二酸化炭素(CO2)の排出削減効果が高いほか、災害時には非常用電源として活用できる。... 充電方法は普通充電と急速充電の2種類ある。... 近年は車載バッテリーの電気を建物で利用する...

その内、地熱発電が0.2%を占めている。... また、資源を燃焼してタービンを回す発電方式と異なり、発電時の二酸化炭素(CO2)排出がほぼゼロのため、地球温暖化防止に貢...

7月23日は海の日 (2020/8/4 特集・広告)

現在、建造量が国内で1―2位の今治造船とジャパンマリンユナイテッド(JMU)が、共同会社の設立を進めている。 船舶はトラックや飛行機などと比較して輸送量当たりの二酸化...

今回は「レジ袋有料化 その先の未来」の2回目。... 「生分解性」課題解決の一助に 水とCO2に分解 &...

現在、「モントリオール議定書」によるフロンガスの生産終了に伴い、倉庫事業者はフロンを使用しない水、二酸化炭素(CO2)、NH3などの自然冷媒を使用した冷凍機ユニットや空調機器、冷却シス...

2020年代の日本は社会構造が変わっていくのではないかと思っています。 ... 専門家によれば、2018年の西日本豪雨と台風21号の経済的な影...

それらに加えて、運行の際のエネルギー消費量、CO2排出量が少ないことが大きな特徴だ。... 2017年度の日本のCO2総排出量11億9000万トンのうち運輸部門は17.9%の2億1300万トン...

欧州では新車の二酸化炭素(CO2)排出量を2021年までに走行距離1キロ当たり平均95グラムに圧縮し、30年までにはさらに37.5%の削減が義務付けられている。... ボッシュは25年までに中...

日本は17カ国と140件以上のJCM事業に取り組んでおり、2030年度までに累計で最大1億トンのCO2削減を見込む。過去にタイ、モンゴルなどでの22事業でクレジットを発行した。

大丸心斎橋店、100%再生エネ利用 J.フロント、50年にCO2ゼロへ (2019/6/6 建設・生活・環境・エネルギー2)

2030年にはJ・フロント全体で、二酸化炭素(CO2)排出量を17年比で40%削減し、50年にはゼロにする。 ... 東京電力エナジーパートナーによる水力発電由来の「アクアプレミアム...

石炭火力は地球温暖化の原因となる二酸化炭素(CO2)を大量に排出するため、欧州では廃止の動きが広がっている。

走行を認められるのは有害な排ガスや二酸化炭素(CO2)を出さない電気自動車(EV)や燃料電池車(FCV)だけとなる。  ... 実現には現在市内3000カ所の充電設備を25年までに1...

EUは二酸化炭素(CO2)排出量目標への対応で自動車メーカーが連合を組むことを認める「オープン・プール」と呼ばれる制度を設けており、FCAはこれを活用。... EUの行政執行機関である欧州委員会のウェ...

おすすめコンテンツ

エレクトロニクス実装のためのマイクロ接合科学

エレクトロニクス実装のためのマイクロ接合科学

図解!製造業の管理会計「最重要KPI」がわかる本
会社を本当に良くして事業復活するための徹底解説

図解!製造業の管理会計「最重要KPI」がわかる本 会社を本当に良くして事業復活するための徹底解説

SDGsアクション
<ターゲット実践>インプットからアウトプットまで

SDGsアクション <ターゲット実践>インプットからアウトプットまで

日本製造業の後退は天下の一大事
モノづくりこそニッポンの砦 第3弾

日本製造業の後退は天下の一大事 モノづくりこそニッポンの砦 第3弾

技術大全シリーズ 
塗料大全

技術大全シリーズ 塗料大全

令和上司のすすめ
「部下の力を引き出す」は最高の仕事

令和上司のすすめ 「部下の力を引き出す」は最高の仕事

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる