電子版有料会員の方はより詳細な条件で検索機能をお使いいただけます。

16,275件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.012秒)

4社はCN燃料を水素と二酸化炭素(CO2)を複合した合成燃料(eフューエル)や、エタノールなど植物を原料にしたバイオ燃料を含むと定義する。既存のインフラを活用でき、輸送...

AXIA EXPO 2024/紙上プレビュー(2) (2024/5/28 西日本)

水素ステーション用ガス供給機器「e―hydrogen」、運用コスト低減と最適流量・濃度管理の「e―mixer」、二酸化炭素(CO2)使用量削減機器「e―control」の製品群(...

サプライチェーン(供給網)全体でCO2排出量「スコープ3」を削減する企業の取り組みを消費につなげて、脱炭素の好循環を推進する。... 削減率はCO2排出の測定手法を開発したスウェーデン...

都、産廃処理のDX支援 (2024/5/28 東日本)

また、IDタグやブロックチェーン(分散型台帳)を活用したゴミ処理の透明化、処理に要する二酸化炭素(CO2)排出量など環境負荷の見える化なども助成の対象として想定している...

中部電と三浦工業が連携 アンモニア混焼ボイラ開発 (2024/5/28 素材・建設・環境・エネルギー1)

産業用ボイラの燃料として、燃焼時に二酸化炭素(CO2)を排出しないアンモニアなどへの転換が求められている。

ミマキエンジ、紙製インクカートリッジの海外出荷を開始 (2024/5/28 機械・ロボット・航空機1)

今回の国外出荷の開始により、年間約44トンのプラスチックとともに輸送で発生する二酸化炭素(CO2)排出量を削減できる見込み。

また建機の二酸化炭素(CO2)排出量は産業全体の1・4%を占めることから、各社は脱炭素に向け電動化や水素燃料電池の開発を推し進めている。... 国交省は4月にi―コンストラクシ...

再生可能エネルギー由来の電力で水素を製造・利用する山梨県のシステム「やまなしモデルP2Gシステム」を同社の白河工場(福島県白河市)に導入。... P2Gシステムを導入することで工場内で...

経営ひと言/日本製紙連合会・野沢徹会長「製紙発展に尽力」 (2024/5/28 素材・建設・環境・エネルギー2)

2020―22年以来2度目の会長に就いた。 ... 26年度には二酸化炭素(CO2)の排出量取引が本格化する。

TRE HDの新中計、29年3月期営業益54%増 (2024/5/28 素材・建設・環境・エネルギー2)

TREホールディングスは2029年3月期に売上高1200億円(24年3月期比29・2%増)、営業利益120億円(同54・5%増)を目指す中期経営計画を策...

アイエイアイ、電動アクチュエーター増産 新本社工場稼働 (2024/5/28 機械・ロボット・航空機2)

県内にある既存2工場と合わせるとフル稼働時で従来比倍増の同800億円となる。... 電動アクチュエーターは正確な制御動作などの機械特性のほか、電気消費量や二酸化炭素(CO2)削減効果を...

このほか液体水素をエンジンに送るポンプの耐久性や大気中の二酸化炭素(CO2)を走行中に回収する装置の技術も向上した。 ... 圧縮気体水素と比べると、水素搭載量は今回...

カルテック(大阪市中央区、染井潤一社長)は、光と反応して有機物を二酸化炭素(CO2)と水に分解する光触媒を用いた、浄化フィルターの新たな部材を開発した。

水や薬剤の使用を減らせるほか、燃料コストや二酸化炭素(CO2)排出削減につながる点が期待できる。

これにより年約269トンの二酸化炭素(CO2)排出量削減につながる。

さまざまな金属を接合する技術を持つ金属技研と、商用核融合装置を開発するスタートアップのヘリカルフュージョンの技術をあわせた高温超伝導導体の通電試験が2月に成功しました。... 核融合炉が実現すれば二酸...

レンタルのニッケン、CO2相殺付きレンタルサービス提供 (2024/5/27 機械・ロボット・航空機2)

レンタルのニッケン(東京都港区、斉藤良幸社長)は、Sustineri(東京都渋谷区)と共同で建設機械レンタルに伴う二酸化炭素(CO2)排出量をカーボンオ...

三菱重工、ベルギーで高炉CO2回収実証 (2024/5/27 機械・ロボット・航空機2)

CO2回収技術の本格導入に向けた実証試験として1―2年間稼働する予定。同技術の実装により、同製鉄所から排出されるCO2の大半を回収できる見込み。 ... 4社は、三菱重工と関西電力が...

エムジー/有機EL表示器付き信号変換器 (2024/5/27 新製品フラッシュ2)

パソコンを使わずに電圧や電流、電力、二酸化炭素(CO2)排出量などの数値をその場で確認できる。

エプソン販売/定額制のA4カラー複合機 (2024/5/27 新製品フラッシュ2)

最大消費電力は160ワット以下で、印字工程に熱を使わないインクジェット方式のため二酸化炭素(CO2)排出量を削減する。

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件の記事を保存することができます。

ログイン