電子版有料会員の方はより詳細な条件で検索機能をお使いいただけます。

214件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.019秒)

2050年度までに酒田港の臨港地区における二酸化炭素(CO2)排出量を実質ゼロにする。

COP28に先立ち、23年4月に札幌で開かれた先進7カ国(G7)閣僚会議の合意では、途上国にも「50年CO2排出ゼロ」を宣言するよう要請していた。... いまや、パリ協定は「先進国だけ...

ホンダ、新型FCV今夏投入 プラグイン充電搭載 (2024/2/29 自動車・モビリティー)

搭載する燃料電池システムは米ゼネラル・モーターズ(GM)と共同開発し、従来比3分の1以下の低コスト化や同2倍以上の耐久性などを実現。... 二酸化炭素(CO2)排出ゼロ...

インタビュー/三井E&S社長・高橋岳之氏 脱炭素へ市場見極め (2024/2/1 機械・ロボット・航空機2)

ロサンゼルスのロングビーチ港は30年までに二酸化炭素(CO2)排出ゼロを目指している。

第66回十大新製品賞・喜びの声 (2024/1/26 総合3)

建設業の二酸化炭素(CO2)削減のエースにしたい。 ... クレーンの走行・作業ともに「CO2排出ゼロ」を実現する、世界初の画期的製品。... 受...

財政均衡を譲れない財務相と二酸化炭素(CO2)排出ゼロの45年達成を目指す経済相の意見も異なり、この財源を当てにしていた施策だけでなく、関連する研究開発投資の動向にも深刻な影響が考えら...

豊田合成が再生可能エネルギーを活用し、二酸化炭素(CO2)排出ゼロで栽培したイチゴ「いなベリー」が名古屋プリンスホテルスカイタワー(名古屋市中村区)...

また二酸化炭素(CO2)排出ゼロで運用できる。

極東開発、完全電動のゴミ収集車 ティエラルに納入 (2023/12/14 自動車・モビリティー)

新型eパッカーは駆動バッテリーからモーター式動力取り出し装置を介し動力を伝え、排出板押し出し式の圧縮装置を動かす。同バッテリーを2個搭載し、充電1回当たりの走行距離は213キロメートル。... EVに...

環境省は7日、二酸化炭素(CO2)排出ゼロに向けて取り組む「脱炭素先行地域」に北海道苫小牧市や富山県高岡市など12地域を選んだと発表した。... 苫小牧市は出光興産などと連携し、太陽光...

再生可能エネルギー由来の電気を使えば、二酸化炭素(CO2)排出ゼロを実現できる。

日鉄、PR絵本シリーズに新刊 脱炭素製鉄技術を紹介 (2023/10/4 素材・建設・環境・エネルギー1)

温暖化のため地球がピンチだと知った主人公が、水素を活用する二酸化炭素(CO2)排出ゼロの鉄づくりに向け超革新的技術に挑む姿を描く。

再生可能エネルギーの利用などで31工場が二酸化炭素(CO2)排出ゼロを達成した。自動車関連事業の全拠点が排出ゼロとなり、前年度から22工場も増加。24年度には37工場、30年度には全工...

コニカミノルタ、再生エネ電力100%達成 海外複合機生産拠点で (2023/6/21 素材・建設・環境・エネルギー2)

中国の東莞と無錫の2拠点でも再生エネを活用しており、同社グループの海外のすべての複合機生産拠点で再生エネ100%を達成した。 ... また同社は、2050年までに製品の製造や...

石炭火力発電を含む化石燃料への対応、自動車の二酸化炭素(CO2)排出量の削減など、多くの合意文書が発表された。 ... 今のG7の認識のように、「自然災害の激甚化など...

いすゞ、燃料電池大型トラックでホンダとの協業加速 (2023/5/16 自動車・モビリティー)

高積載量、長時間使用、長距離走行、短時間の燃料供給が求められる大型トラックの脱炭素化には、二酸化炭素(CO2)排出ゼロの水素を燃料とする燃料電池車(FCV)の適用が有望...

環境価値を示す「非化石証書」が付与された実質100%再生エネ由来、二酸化炭素(CO2)排出ゼロの電気を導入した。 ... モータースポーツ活動でカーボンニュー...

地元の中小企業も再生エネ普及に協力することで二酸化炭素(CO2)排出ゼロの電気を安定的に購入できるメリットを生かせるか。 ... 地元企業も設置場...

生産プロセスにおける二酸化炭素(CO2)量を2030年に13年比30―40%減らすグループ目標を掲げており、その達成に向けた取り組みの一環。... 五日市工場で導入したのは、中...

デンソーは、生産子会社のデンソー福島(福島県田村市)でのカーボンニュートラル(温室効果ガス排出量実質ゼロ)達成時期を5年、前倒す。... 再生可能エ...

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件の記事を保存することができます。

ログイン