電子版有料会員の方はより詳細な条件で検索機能をお使いいただけます。

6,777件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.013秒)

東京メトロ、水力由来電力に2線置き換え (2024/4/18 生活インフラ・医療・くらし)

東京メトロは丸ノ内線と南北線で使用する全ての電力を水力発電由来の再生可能エネルギー電力に置き換え、二酸化炭素(CO2)排出量ゼロでの運行を始めた。... これにより東京メトログループの...

これにより機器使用時の二酸化炭素(CO2)排出量を同社従来トナーと比べて約5割削減でき、環境負荷低減に寄与する。

シード、エコ基準とマーク策定 消費者選びやすく (2024/4/18 生活インフラ・医療・くらし)

二酸化炭素(CO2)排出量削減に寄与する商品や、リサイクル原材料や植物由来原料を使った商品に同マークを付与する。... カーボンニュートラル(温室効果ガス排出量実質ゼロ)...

旭化成、環境配慮に貢献 水現像フレキソ樹脂版の提案拡大 (2024/4/18 素材・建設・環境・エネルギー1)

CO2削減、飲料ラベルで採用 旭化成がパッケージの印刷など向けに展開する水現像フレキソ樹脂版「AWP」の採用が広がっている。... 従来の版と比べ、約3割の二酸化炭素(CO2...

住化の再生アクリル樹脂、ジュエリー素材に バージン材と品質同等 (2024/4/18 素材・建設・環境・エネルギー1)

製品ライフサイクル全体の二酸化炭素(CO2)排出量を削減して環境負荷低減に貢献しつつ、バージン材と同等の品質を実現できるという。

NXHD、SAFでCO2削減 (2024/4/17 生活インフラ・医療・くらし2)

NIPPON EXPRESSホールディングス(HD)は持続可能な航空燃料(SAF)の環境価値を割り当て、顧客の物流に関する二酸化炭素(CO2)排...

大建工業、新幹線アルミ再利用 環境配慮の内装ルーバー (2024/4/17 生活インフラ・医療・くらし2)

大建工業(大阪市北区、億田正則社長)は、内装建材のルーバー製品において、二酸化炭素(CO2)の排出量削減などに貢献する環境配慮型の提案を強化する。....

「日本の二酸化炭素(CO2)排出量の1―2割は中小企業による。... CO2排出量の見える化ツールを導入支援する「見えサポ」を新興企業3社と始動。... カーボンニ...

1人当たりのCO2排出量、新幹線の区間別に公開 JR東 (2024/4/16 生活インフラ・医療・くらし)

JR東日本は乗客1人当たりの新幹線の区間別の二酸化炭素(CO2)排出量を同社ホームページで公開した。... 事業活動に関連する間接排出量(スコープ3)...

2023年にカーボンニュートラル(温室効果ガス排出量実質ゼロ)を含めてSDGsに対応すべく、専門委員会を設置した。... 事業活動にかかる二酸化炭素(CO2)排出量を算...

UACJの環境配慮アルミ材、積水樹脂系が複合板に採用 (2024/4/16 素材・建設・環境・エネルギー1)

原料にリサイクル材を使用するほか、実際の二酸化炭素(CO2)排出削減量を特定商品に割り付ける「マスバランス方式」を採用。従来品と比べ、製品のCO2排出量を約30%削減できる。&...

前年度比2.5%減の11億3500万トン 環境省によると2022年度の日本の温室効果ガス排出量は、前年度比2・5%減の11億3500万トンだった。... 部門...

JAL、SAFの価値証書化 (2024/4/12 生活インフラ・医療・くらし2)

日本航空(JAL)は持続可能な航空燃料(SAF)の活用による二酸化炭素(CO2)排出量削減の環境価値を証書化して、法人顧客に提供する事業「JALコーポレ...

空調設備の電気使用量を測定・把握して省エネルギーにつなげる。 ... 分電盤の各ブレーカーにクランプセンサーを取り付け、生産設備や空調などのエネルギー使用量・二酸化炭素(CO...

RPFは石炭と比べて二酸化炭素(CO2)排出量を3分の1に抑えられ、脱炭素に貢献できる。 ... 排出業者は埋め立てなどに比べて処理費を半分ほどに...

今回の取り組みによりSFCの年間使用電力量の約15%に相当する約65万キロワット時が再生可能エネルギー由来の電力となり、年間約247トンの二酸化炭素(CO2)排出量削減が期待で...

DXの先導者たち(149)ディグル 廃棄物のCO2量を可視化 (2024/4/11 電機・電子部品・情報・通信2)

製品を廃棄する時の二酸化炭素(CO2)排出量の可視化や、トレーサビリティー(履歴管理)ができるサービス「マテリ」を手がける。サプライチェーン(供給網)全...

環境配慮の牛乳紙パック採用拡大 (2024/4/11 素材・建設・環境・エネルギー1)

容器に関わるバリューチェーン(供給網)全体で、二酸化炭素(CO2)排出量を従来から約23%削減する。

西松建と戸田建、火山ガラスでコンクリ 実構造部に適用へ (2024/4/11 素材・建設・環境・エネルギー2)

実出荷時の二酸化炭素(CO2)削減量に関する試算・検討も進める。 コンクリート製造に関わるCO2排出量のうち、セメント材料を起源とする排出量は約9割を占める。... ...

具体的には、解体データの取得や解体で抽出された素材の高純度化、再生材を用いた自動車部品評価、二酸化炭素(CO2)排出量削減効果の評価支援などを進める。... 自動車業界では再生材の利用...

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件の記事を保存することができます。

ログイン