18件中、1ページ目 1〜18件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.003秒)

次に熱い視線が注がれるのが環太平洋パートナーシップ協定(CPTPP)だ。... 米国がいないCPTPPに参加しアジア太平洋の覇権を目指す中国、中国の台頭をけん制したい米国。... ただ...

環太平洋パートナーシップ協定(CPTPP)では着実な実施と拡大に取り組む一方、加入を検討する英国や中国、台湾など申請国が協定の高いレベルを満たせるか見極めたい。

日本の外交・通商に貴重なツール 去る9月、中国がCPTPP(環太平洋パートナーシップ協定)への加盟を正式に申請した。... 筆者はCPTPPをリー...

日本商工会議所の三村明夫会頭も「CPTPPは日本が主導した世界に冠たるレベルの高い自由貿易協定だ。... 「米国に早く戻ってもらいたい」と十倉会長がこぼすように、米国のCPTPP復帰は日本経済界も切望...

CPTPPについて共同声明では「主要な高水準の貿易協定の促進もしくはそれらへの参加を含め、先進的で市場開放的な貿易アジェンダを優先的に実現する」と盛り込んだ。 平野会長は「...

日英EPAや日欧EPA、CPTPP(環太平洋パートナーシップ協定)に対応する。

日本と豪州の経済閣僚は15日、両国を含む11カ国が参加するCPTPP(環太平洋パートナーシップ協定)への英国の加盟手続きを盛り込んだ共同声明を出した。CPTPPのルール作りに向け協力し...

今後、英国がCPTPP(環太平洋パートナーシップ協定)に加盟すれば、交流はさらに進むだろう」 ―スタートアップ支援にも強い関心を持っています。

さらに日本の通商戦略の最大の武器である環太平洋パートナーシップ協定(CPTPP)を活用し、加盟国拡大と自由貿易の進化を模索してほしい。

世界貿易機関(WTO)で半導体製造装置などがゼロ関税リストに追加されたのは2015年、「データの越境流通の自由」や「サーバー現地化要求の禁止」などをうたった環太平洋パートナーシップ協定...

アジア太平洋の枠組み維持にはまず、同盟関係を強調する米国の復帰でCPTPPが合意時の環太平洋パートナーシップ(TPP)に戻ることが必要だ。... 可能性は低いが、既にCPTPP加盟の意...

日本は環太平洋パートナーシップに関する包括的および先進的な協定(CPTPP)の加盟国をはじめ各国と国際協調を再構築していくことでリーダーを担えるはずだ。

「環太平洋パートナーシップに関する包括的及び先進的な協定(CPTPP、通称TPP11)」を巡り、かねて加盟に意欲を示していたタイが4月にも加盟申請を国内で正式決定する。

同社が運営する観光列車「ろくもん」で、「CPTPP弁当」として販売する予定だ。 「CPTPPは関税の削減だけではなく、互いの国を結びつける象徴的な協定だ」。同大使館のリサ・マリン1等...

米国やアジア向け木材輸出のほか、環太平洋パートナーシップに関する包括的および先進的な協定(CPTPP)の発効もあり「カナダの優位性を生かした農林水産ビジネスの強化を図りたい」と語る。&...

日本の精力的な努力で米国を除くTPP11(正式名称はCPTPP=環太平洋経済連携に関する包括的および先進的な協定)が発足すると、非加盟の米国は日本市場で不利となった。 ...

オーストラリア外務貿易省は声明の中で、「包括的および先進的な環太平洋パートナーシップ協定(CPTPP)」にも言及し、「ペルー・オーストラリアFTA(PAFTA)は、南米...

包括的および先進的な環太平洋連携協定(CPTPP)の大筋合意を歓迎し、他の参加国と協力して課題の解決と早期発効実現の加速を求めた。

おすすめコンテンツ

切削加工技術者のための知識と理論

切削加工技術者のための知識と理論

詳解 車載ネットワーク 
CAN、CAN FD、LIN、CXPI、Ethernetの仕組みと設計のために

詳解 車載ネットワーク CAN、CAN FD、LIN、CXPI、Ethernetの仕組みと設計のために

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

金属加工シリーズ フライス加工の基礎 上巻

金属加工シリーズ フライス加工の基礎 上巻

金属加工シリーズ 研削加工の基礎 上巻

金属加工シリーズ 研削加工の基礎 上巻

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン