124件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.007秒)

JPX、ESG情報発信 (2020/11/27 総合3)

日本取引所グループ(JPX)は、上場会社のESG(環境・社会・企業統治)投資に対する理解を深め、情報開示を促進するため、自社ウェブサイトに「JPX ESG Knowledge Hub(ナレッジハブ)」...

ESG投融資の発展形 機関投資家もインパクト投資を始めている。... 環境省は報告書でインパクト投資を「ESG(環境・社会・企業統治)投融資の発展形」と位置付けた。現状のESG投資は...

投資表明者は約50社。... 機関投資家の間では「ESG投資の観点で魅力的な案件で、スプレッドも許容できる水準」といった声が聞かれる。... こうした事情に加え、同債券はソーシャル・ボンドとしての発行...

ESG(環境・社会・企業統治)投資が世界的に広がる中、LNGの開発から生産、輸送、供給までの環境負荷を低減する。... 近年、ESG投資の新潮流を受け、環境負荷の大きい石炭火力発電の資金調達が困難にな...

ESG投資がSDGs達成に貢献する企業を後押しする 日本でも、金融機関・投資家が、環境(Environment)・社会(Social)・ガバナンス(Governance=企業統治)の...

企業は長期投資家を味方に 【非財務見る流れ】 投資の世界でESG(環境・社会・企業統治)投資がメーンストリームになっている。... 長期投資家を引きつけるための重要...

DXで生産性向上 積水化学工業がESG(環境・社会・統治)経営を本格化している。... 物流コストとのバランスを見つつ、生産拠点統合の準備もしている」 ―中計ではD...

両債券ともESG(環境・社会・統治)投資の一環。太陽生命はこれまで累計約2000億円のESG投資実績がある。投資額は非公表。

第一生命はESG(環境、社会、企業統治)を資産運用の基本方針としており、SMFLのSDGsリースへの投資は理念に合致し、収益も見込めると判断した。 ... 第一生命は、期初にESG投...

ESG経営の中核の一つである環境面に関して、中長期の取り組みの方向性を定めた。 ... ESG投資枠400億円の活用などで、再生可能エネルギーの調達を推進する。

ESG投資を長期視点で 新型コロナウイルスの感染拡大は、先進国経済とともに、新興国・途上国経済へも深刻な影響を及ぼしている。... 一方、新興国にとっては経済成長...

同賞は、画期的な金融商品・サービスの開発・提供やESG(環境、社会、企業統治)投資の普及などに取り組む金融事業者(都内で事業を営んでいるか始める予定の国内外の金融事業者)を選定する。 ...

リコーリースは29日、ESG(環境・社会・企業統治)分野のスタートアップを対象にした総額200億円の投資枠を設定したと発表した。... 同社は2022年度までの新中期経営計画で、ESGを軸にした成長戦...

アフリカ新興企業に焦点 環境・社会・ガバナンスに配慮したESG投資の一手法に含まれるインパクト投資は教育、貧困、環境、医療といった社会・環境に貢献する企業などに投...

拡大傾向にあったESG(環境・社会・企業統治)投資が、コロナ禍の企業活動の停滞、各国の財政制約の高まり、グリーンプロジェクトの遅延などで減速するとの意見も聞くが、大きな潮流が変わる...

名称は「ESG情報開示研究会」とし、日立が準備事務局を務めて6月下旬に一般社団法人として正式発足する。... ESGを基準とした投資が潮流となっているが、ESG情報には環境対策、労働者の人権配慮、地域...

長期ビジョンの達成に向け、中計の投資計画は変更せず、負債も活用する。M&A投資枠は前中計実績の3・8倍の3000億円に拡大。400億円のESG投資枠も設定した。

急速に浸透し、投資家もESG評価の眼力を磨いている。 ... 短期利益の追求が招いた08年の世界経済危機の反省から、年金を運用する機関投資家を中心にESGを重視するようになった。.....

機関投資家としての立場では、ESG投資を推進、持続可能な社会や経営に向けた重要な責務を担っている。 ... 取り組みを一層推進するため、「ESG投資の基本方針」を新たに設定。... ...

一方、企業の環境保全などの取り組みを投資判断の基準とする「ESG(環境・社会・企業統治)投資」が世界的な潮流となっている。世界有数の運用資産を保有する年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)も、ES...

おすすめコンテンツ

金を掛けずに知恵を出す 
からくり改善事例集 Part4

金を掛けずに知恵を出す からくり改善事例集 Part4

本当に役立つ英文ビジネスEメール
第2版

本当に役立つ英文ビジネスEメール 第2版

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい電線・ケーブルの本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい電線・ケーブルの本

そのまま使えるENAA 国内プラント建設契約モデルフォームと逐条解説 第3版

そのまま使えるENAA 国内プラント建設契約モデルフォームと逐条解説 第3版

そうか!わかった! 
プラント配管の原理としくみ

そうか!わかった! プラント配管の原理としくみ

わかる!使える!機械加工入門
<基礎知識><段取り><実作業>

わかる!使える!機械加工入門 <基礎知識><段取り><実作業>

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

↓もっと見る

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる