46件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.014秒)

実証期間は2022年5月末までの約6カ月で、小型EVトラック2台を使用する。... ヤマト運輸は実証実験を通して今後のEVトラック導入を検討する。 デュトロZ EVは22年初...

【デトロイト=ロイター時事】米自動車大手ゼネラル・モーターズ(GM)は、大型車ブランド「GMC」から「ハマー」の電気自動車(EV)トラックの納入を12月に開始す...

運ぶモノによって船舶や航空機、鉄道、トラックなど最適な運び方を提案できる。... 「欧州の主要都市では三菱ふそうの電気トラック(EVトラック)を使っており、日本でも導入を進めている。

三菱ふそうトラック・バスは、小型電気自動車(EV)トラック「eキャンター=写真」の納車台数が世界で300台を突破したと公表した。同車は2017年に世界に先駆...

 いすゞ自動車は8日、2030年をめどに北米市場に電気自動車(EV)トラックの投入を検討していると発表した。... 南真介取締役は「(北米では)30年頃までにディーゼルエンジンは非常に厳しくなる」とし...

(編集委員・大矢修一)  新走行支援システムを搭載したEVトラックの公道走行に向けたセレモニーが12日に山形市内で開かれた。... 事業化の方向としては、SGCC...

主に電気自動車(EV)トラックへの搭載を想定し、2023年度の商業化を目指す。  

 伊藤忠商事は21日、バッテリー交換式の電気自動車(EV)トラックを開発すると発表した。... EVトラックのほか、バッテリーパックやバッテリー交換ステーションも開発する。... 通常のEVトラックは...

三菱ふそうトラック・バスは、東洋食品(東京都台東区)に小型電気自動車(EV)トラック「eキャンター=写真」1台を納車した。... 学校給食の配送車両にEVを用いるのは国内初という。

【山形】サニックス(山形市、佐藤啓社長)は山形大学などと連携し、電気自動車(EV)トラックに向け、小型ディーゼル発電機と制御装置で構成する走行支援システムを開発した。

GMが開発したEV向け電池「アルティウム」を生産する。... 24年量産予定のEVトラックで同社の電池を搭載するほか、次世代電池セル・パックを共同開発する。 ... 一方、EVは販売...

三菱ふそうトラック・バスは、物流事業者向けに小型電気自動車(EV)トラック「eキャンター」の運用シミュレーションができるアプリケーション(応用ソフト)の提供を始めた。事業者が保有するディーゼルトラック...

コネクテッドや電動化技術の進展で、新たな機能をトラックに持たせられる。... 39年までには全製品をEVや燃料電池車(FCV)といった電動車にする目標を掲げる。 ... 例えばEVト...

(日下宗大) ◇   ◇ EVトラックを投入する以上、エンジン車とは違った付加価値が必要になる。... 日野自の東野和幸BR EV開発推進室室長は「小型トラックの稼...

【デトロイト=ロイター時事】米自動車大手フォード・モーターは、主力ピックアップトラック「F150」の電気自動車(EV)版「F150ライトニング」を発表した。... フォード幹部によ...

同市は2021年度中に三菱ふそうの小型EVトラック「eキャンター」1台を市内のゴミ収集車両として導入する。... 架装物のデータも収集し、EVトラックの開発などに生かす。 ... 2...

世界最大規模の商用車メーカーの独ダイムラー・トラック。... ボルボの電動トラック「ヴェラ」を活用している。 ... EVトラックで先行するのが三菱ふそうトラック・バスだ。

連合を組む仏ルノーからEVを含めOEM調達する商用バンの販売は続ける。 ... 商用車市場では今後、EV化が本格的に始まる。特に小型では22年度にはいすゞ自動車や日野自動車がEVトラ...

イケアは企業活動で環境対応を進めており、排ガスの出ないEVトラックの導入を決めた。 ... eキャンターは三菱ふそうが2017年に他社に先駆けて発売したEVトラック。... 25年に...

乗用車と同様に電動車自体のコスト面のほか、EVトラックの場合は搭載した電池の重さで荷物の積載量が制限される課題がある。電動車の開発は航続可能距離や用途を勘案して小型トラックがEV、大型は水素で走る燃料...

おすすめコンテンツ

はじめての現場改善

はじめての現場改善

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい環境発電の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい環境発電の本

後継者不在、M&Aもうまくいかないときに
-必ず出口が見つかる「縮小型事業承継と幸せな廃業」-

後継者不在、M&Aもうまくいかないときに -必ず出口が見つかる「縮小型事業承継と幸せな廃業」-

調達・購買の教科書
第2版

調達・購買の教科書 第2版

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい乾燥技術の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい乾燥技術の本

図解!本気の製造業「DX推進のお金の流れと原価管理」

図解!本気の製造業「DX推進のお金の流れと原価管理」

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用しています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる