1,117件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.006秒)

UACJは、トヨタ自動車が2020年12月に発売した燃料電池車(FCV)の新型「MIRAI(ミライ)」のボディーパネルにアルミのリサイクル材が採用された。

中国が2030年までに、燃料電池車(FCV)の販売が100万台以上の市場になると予測する。

フジキン(大阪市北区、野島新也社長、06・6372・7141)は、高圧水素系部品の溶栓式安全弁(PRD)とマニホールド継ぎ手が、トヨタ自動車の新型燃料電池車(FCV)「MIRAI(ミライ)」に採用され...

電動車の開発は航続可能距離や用途を勘案して小型トラックがEV、大型は水素で走る燃料電池車(FCV)というのが業界での基本的な考え方だ。

同地域に水素の受入基地や配送網などを整備し、発電や石油精製、工場、燃料電池車(FCV)などに向けた供給網を構築する。

燃料電池車(FCV)の中核となる金属セパレーターでは中国や欧州のメーカーの試作開発を進めている。... 一方、FCVや環境向け製品など新たな領域での部品開発に挑む。

燃料電池車(FCV)の外部給電機能の活用実証などにも取り組む。

同ゲームは脱炭素チャレンジとして、長野県企業局が運営する水力発電所で発電した電力を中部電ミライズが供給する「信州Greenでんき」、同局運営の水素ステーションの水素を充填した燃料電池車(FCV)を会場...

電気自動車(EV)や燃料電池車(FCV)が普及しつつあるが、当面の主力はガソリン車の見込み。

決済や医療のデジタル化、電気自動車(EV)や燃料電池車(FCV)、燃料電池船による多様な交通体系、食やポップカルチャーをリアルとバーチャルで楽しめる場も実現する。

「当社は燃料電池車(FCV)向けに水素ステーションを作っている。

21年12月期はモビリティー分野を中心に成長投資を続け、燃料電池車(FCV)向けカーボンセパレーターの量産も検討していく方針だ。

既存製品の拡大といった『守り』はしっかりとやりつつ電動化対応の新領域にも攻めていく」 ―トヨタ自動車の燃料電池車(FCV)の新型「MIRAI(ミライ)」にアルミダイカスト製品が採用さ...

大型の燃料電池車(FCV)トラックについては顧客にモニター提供する。... 大型FCVトラックについては20年からホンダと共同で研究している。

【名古屋】愛知県は2050年の二酸化炭素(CO2)排出量実質ゼロに向けて、30年度の電気自動車(EV)、プラグインハイブリッド車(PHV)、燃料電池自動車(FCV)の普及目標を掲げた「あいち自動車ゼロ...

名古屋銀、個別商談会を開催 (2021/2/5 金融・商品市況)

次世代自動車ベンチャーのAZAPA(名古屋市中区)が、燃料電池車(FCV)や電気自動車(EV)の開発を目指す取り組み「FDSコンソーシアム」に参加希望の自動車部品サプライヤーなど10社と商談した。同コ...

火力発電や原子力発電にも課題があるし、再生可能エネルギーを増やすのがベースになると思うが、現実解はハイブリッド車(HV)、その先に燃料電池車(FCV)だろう。

東京都は電気自動車(EV)、プラグインハイブリッド車(PHV)、燃料電池車(FCV)にかかる「自動車税種別割」について、2021年度も軽減措置を継続する。

素材技術を生かし、顧客の困りごとを一番に相談される会社になりたい」 ―トヨタ自動車が発売した燃料電池車(FCV)の新型「MIRAI(ミライ)」に部品が採用されました。 ...

愛知トヨタ、愛知県緑化基金に153万円寄付 (2021/1/29 自動車・ロボット)

トヨタ自動車の「プリウス」といったハイブリッド車(HV)や、燃料電池車(FCV)「MIRAI(ミライ)」1台の販売につき100円を寄付する「愛知トヨタのグリーンプロジェクト」の一環。

おすすめコンテンツ

メカニズム展開で開発生産性を上げろ
品質と設計根拠が「見える」「使える」「残せる」

メカニズム展開で開発生産性を上げろ 品質と設計根拠が「見える」「使える」「残せる」

技術士第二次試験「総合技術監理部門」難関突破のための受験万全対策

技術士第二次試験「総合技術監理部門」難関突破のための受験万全対策

2021年度版 技術士第二次試験 
「建設部門」<必須科目>論文対策キーワード

2021年度版 技術士第二次試験 「建設部門」<必須科目>論文対策キーワード

例題練習で身につく 
技術士第二次試験論文の書き方 第6版

例題練習で身につく 技術士第二次試験論文の書き方 第6版

幾何公差<見る見るワカル>演習100

幾何公差<見る見るワカル>演習100

わが青春の碑 
人生は旅、人は旅人

わが青春の碑 人生は旅、人は旅人

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用しています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる