電子版有料会員の方はより詳細な条件で検索機能をお使いいただけます。

1,575件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.003秒)

BMW、国内公道でのFCV実証継続 (2024/4/24 自動車・モビリティー)

ビー・エム・ダブリュー(東京都港区、長谷川正敏社長)は23日、燃料電池車(FCV)の実験車両で日本の公道を走行する実証実験を2024年も継続すると発...

福島県は再生可能エネルギー先駆けの地、水素エネルギーで日本先端の地を掲げており、燃料電池車(FCV)の導入では日本有数の件数を実現。

トヨタ自動車の燃料電池車(FCV)「MIRAI(ミライ)」向けに開発した水素貯蔵技術を応用。... 豊田合成の高圧水素タンクはトヨタの旗艦モデル「クラウン」の新型セダン...

公園の電源を使わず、燃料電池車(FCV)とバイオ燃料の発電機でクリーンなエネルギーを使用し、ライトアップしている。

既に燃料電池車(FCV)用の電極触媒など、我々の触媒技術を応用できる領域が出ている。

HV、燃料電池車(FCV)も検討している」と他の電動化技術を搭載する可能性を視野に入れる。 ... 日本では大型トラックの燃料電池車(FCV)開発でホ...

このほか、ユーザーへの対応策や水素運営コストの低減策、燃料電池車(FCV)を購入しやすくする需要喚起策を提言する。 福島県内のFCVの導入数は全国トップレベル。......

日産、バイオ燃料を自社製造 定置型SOFC試験運用 (2024/3/20 自動車・モビリティー)

将来の燃料電池車(FCV)投入につながる可能性もある。... 日産は16年に開発したFCVの動力源としてSOFCシステムを採用しており、今回の定置型システムにもその技術を生かした。.....

ホンダ・日産、協業検討 供給網巻き込み生き残りへ (2024/3/19 自動車・モビリティー)

マークラインズのデータによると世界の主要14カ国の電動車市場では23年のEV、プラグインハイブリッド車(PHV)、燃料電池車(FCV)の販売台数約1196万台のうち、中...

燃料電池車(FCV)の普及促進のため。... FCVの普及は水素ステーションの設置件数拡大がカギだが、現状のステーション運営はFCVが少ないこともあり採算がとれていない。 &#...

日産はSOFCシステムを動力源とする燃料電池車(FCV)を16年に開発しており、現在も研究開発を継続しているが、今後の車両に搭載する計画は明らかにしていない。

クボタ、印で低価格トラクター増産 28年までに新工場稼働 (2024/3/5 機械・ロボット・航空機1)

水素や燃料電池車(FCV)、合成燃料も含め検討していく必要がある」 ―物流業界の「2024年問題」への対応は。

空港車両に次世代バイオ燃料 成田で4日から実証 (2024/3/1 生活インフラ・医療・くらし1)

成田空港は脱炭素化に向け、空港特殊車両について電気自動車(EV)や燃料電池自動車(FCV)への更新を進め、EVが開発されていない車両にはバイオ燃料を使う。

ホンダ、新型FCV今夏投入 プラグイン充電搭載 (2024/2/29 自動車・モビリティー)

FCVにEVや非常用電源としての使い勝手を加えることでバッテリーEV(BEV)を上回る価値を訴求し、FCVの「正解」を探る考えだ。... 燃料電池システムを搭載する新型FCVはホンダが...

燃料電池車(FCV)は移動販売車による実証に加え、リースで80台を導入する。

パワーエックス、MKの営業所に急速充電器 (2024/2/26 機械・ロボット・航空機)

MKは2025年までにタクシー・ハイヤーの保有台数の30%を、30年までに全車をEVや燃料電池車(FCV)などにする計画を掲げている。

水素製造事業は、燃料電池車(FCV)先進地のカリフォルニア州に照準を絞るが、建設費などのコストを慎重に見極め、24年中にも意思決定するという。

機械技術3月号/電動化市場に切り込む金属加工技術 (2024/2/22 機械・ロボット・航空機1)

電気自動車(EV)や燃料電池車(FCV)の普及が進み、モーターやバッテリーなどが車の重要な構成要素となりつつある。

奈良県での30年時点での水素導入量や脱炭素化の目標、燃料電池車(FCV)導入目標などを設定した「奈良県脱炭素戦略(仮称)」を策定。さらにバスやトラックなどの商用FCVの...

対象は①燃料電池車(FCV)やプラグインハイブリッド車(PHV)も含む電気自動車(EV)②製造段階の温室効果ガス(GHG)排出量を削減し...

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件の記事を保存することができます。

ログイン