997件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.004秒)

同市には水素ステーションが立地し、市内では企業を中心に燃料電池車(FCV)約50台が利用されており、水素利用の先進地を目指している。 ... 同市ではいわき商工会議所が音頭を取ってF...

国土交通省は1日から自動車メーカーに対し、燃料電池車(FCV)の燃費測定を義務化した。これまでは水素を燃料とするFCVは国際的にも燃費測定は義務付けられていなかったが、2019年6月に国連欧州経済委員...

いすゞ自動車はホンダと燃料電池車(FCV)技術を採用した大型トラックの実用化に向けて共同研究に取り組む。

燃料電池車(FCV)向け水素ステーションを福岡県久留米市内に開設した。 ... 会社設立100周年も意識した社会的責任から、FCV普及につなげる狙い。

各施設は1時間当たり燃料電池車(FCV)6台分が充填(じゅうてん)可能な規模が多い。

トヨタ自動車も燃料電池車(FCV)の試験車を持ち込み、実用化に向け、ここで試験したという。

パワートレーンには、トヨタの燃料電池車(FCV)「MIRAI(ミライ)」の次期モデル向けに開発されたFCスタック2基を搭載。... エネルギー密度の高い水素を燃料とするFCVが、トラックの環境対応に有...

燃料電池自動車(FCV)など次世代を担う産業の育成、振興をハード・ソフト両面から推進し、産業競争力向上につなげる。 ... FCVの普及に不可欠な水素ステーションの整備や運営、水素需...

省スペース化などの要請から、乗用車タイプの燃料電池車(FCV)が使う水素ステーションには、容量300リットルの蓄圧器が普及しつつある。

災害時に無償貸し出しするのはPHV12台と燃料電池車(FCV)1台、ハイブリッド車(HV)16台。

【福岡】福岡酸素(福岡県久留米市、福田寛一社長、0942・33・0411)は16日、福岡県久留米市内に燃料電池車(FCV)向け「水素ステーション久留米」を稼働した。... 高速道出入り口との近さと合わ...

1日で燃料電池車(FCV)560台分を満タンにする量となる。いわき市では19年に水素ステーションが完成し、FCVを50台導入。... 【FCVの普及】 今後、水素の需要増に向けて福島...

トヨタ自動車は福島県浪江町の福島水素エネルギー研究フィールドに設けた世界最大規模の「パワー・トゥー・ガス(PtG)実証プラント」の開所式で、燃料電池車(FCV)「MIRAI(ミライ)」次期型の市販モデ...

具体的には水素の受け入れ拠点から需要側までの供給網の検討、燃料電池車(FCV)での利用など中部圏全体の水素利用量の試算、適正な水素コストの検討などに取り組む。

具体的には、ホンダと共同開発を進める燃料電池車(FCV)の活用や、電気自動車(EV)の開発推進などを通じて環境負荷の低減を目指す。

浜松ホト、ピンホール検査装置改良 最小検出面積4分の1 (2020/2/25 機械・ロボット・航空機1)

燃料電池車(FCV)用セパレーターやパウチ型二次電池用外装などの検査精度が高まる。

別クラスにしていたハイブリッド車(HV)と乗用車を統合するほか、燃料電池車(FCV)「MIRAI(ミライ)」をラインアップに加える。

30年に燃料電池車(FCV)などへの実装を目指す。 ... ただ、FCVに関する課題は車メーカーにしか分からず、革新技術の実用化を難しくしていた。... FCVのほか、業務用や産業用...

岩谷産業など、東京・葛西に水素ステーション (2020/2/7 建設・生活・環境・エネルギー)

FCバスで5台分、燃料電池車(FCV)なら16台分の満充填ができる。

製造した水素は福島県内の定置型燃料電池や燃料電池車(FCV)、東京五輪・パラリンピックに合わせた東京の水素ステーションなどへ供給する。

おすすめコンテンツ

すぐ身につく分析化学・機器分析の実務
基礎、前処理、手法選択、記録作成を現場目線で解説

すぐ身につく分析化学・機器分析の実務 基礎、前処理、手法選択、記録作成を現場目線で解説

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい地盤工学の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい地盤工学の本

図解よくわかるスマート農業
デジタル化が実現する儲かる農業

図解よくわかるスマート農業 デジタル化が実現する儲かる農業

岐路に立つ日本医療
破綻か飛躍か!?激変する世界が迫る選択

岐路に立つ日本医療 破綻か飛躍か!?激変する世界が迫る選択

おもしろサイエンス 
火山の科学

おもしろサイエンス 火山の科学

新版 
イチから知る!IR実務

新版 イチから知る!IR実務

電子版クレジットカード決済が対象になりました。キャッシュレスでお支払いのお客様に5%還元 ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる