3,574件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.04596秒)

...「英国からの輸入額の対国内総生産(gdp)比が最も高いのがアイルランドで、次に高いのがベルギーだ。ベルギー...

...済では、株式時価総額や国内総生産(gdp)成長率などの項目で点数を落とした。一方、上位4都市の比較では、高...

...マケア 米国の医療費は国内総生産(gdp)比で169%、国民1人当たりで1万586ドルと世界で最も高い。一方、高齢化率...

...”は拡大。19年7−9月期の国内総生産(gdp)は4四半期連続プラスを保ったが、中小経営者からは「景気回復の恩恵...

...発表した2019年7―9月期の国内総生産(gdp、季節調整値)速報値は物価変動の影響を除く実質で前期比01%増、年率換... ...税前の駆け込み需要が限定的。実質gdpは4四半期連続プラスをぎりぎり保ったが、10―12月期は景気後退が不可... ...後退が不可避との見方が多い。 実質gdpの年率換算の成長率は、1―3月期の20%増、4―6月期の18%増から鈍化した。...

...した2019年7―9月期の実質国内総生産(gdp)1次速報値は、前期比01%増、年率換算で02%増と4四半期連続のプラス成長... ...たため、外需寄与度はマイナスで、gdp成長率を低下させる結果となった。 10―12月期を展望すると、個人消費... ...と生産が冷え込む見通し。このためgdpは、5四半期ぶりのマイナス成長となる可能性が大きい。企業収益は堅調...

きょうの動き (2019/11/14 総合3)

...うの動き ■政治経済■ ◇7―9月期のgdp(8時50分、内閣府) ■産業企業■ ◇10月の投信概況(15時、投信協会) ◇決...

...会融資総量)の伸びを名目国内総生産(gdp)の伸びと見合ったものにすると繰り返し述べており、名目gdp比で見た債... ...にすると繰り返し述べており、名目gdp比で見た債務残高比率が上昇するのを牽制(けんせい)している。 経済成... ...金融企業向けの多さが目立ち、名目gdp比では1516%となっている。中国政府が18年にデレバレッジを推進したため...

...がある」と分析。国内の国内総生産(gdp)に占める生命保険料の割合が約7%であるのに対し、アジアは約1―2%と低... ...定基準は。 「人口が多く、1人あたりgdpが1000ドルから1万ドルのレンジに入れば保険の浸透率が急速に高まる。...

...長を「中国の減速で実質国内総生産(gdp)成長率が緩やかに推移しているものの、引き続き健全だ」と強調した。... ...と、アジア太平洋地域新興国の実質gdp成長率は19年が54%に対し、20年が55%になる見通しだ。 中尾総裁は中国の... ...伸びる余地がある」と指摘。中国のgdpでは特に「サービスセクターや消費の割合が伸びている」という。また...

...と明らかにした。世界全体の総生産(gdp)比で約230%に達し、「経済と金融安定にリスクをもたらす」と警告した...

...―9月期(第3四半期)の実質国内総生産(gdp、年率換算)成長率は2.0%と、18年通年の2.7%から低下した。“中国依存”... ...”の高さが主因だ。 韓国は輸出の対gdp比が37%と日本(15%)より高い。輸出全体の4分の1強を占める最大の輸出先は...

...人口の約半数、貿易額と国内総生産(gdp)で約3割を占めるさらに巨大な経済圏が誕生する。 自動車も続々 いすゞ...

...で関税が撤廃されると、国内総生産(gdp)はインドで14%、中国で04%、日本で06%押し上げられるとの推計結果をまと... ...1カ国による環太平洋連携協定(tpp11)でgdpの02%上昇を見込み、rcepの方の効果が大きい。tpp11に加盟する東南アジア...

...ート)で、2019年度の実質国内総生産(gdp)成長率見通し(中央値)を従来の7月時点予想比01ポイント減の06%に下方修... ...いる」と明記。20年度と21年度の実質gdp成長率見通しも、従来予想比02ポイント減の07%、同01ポイント減の10%にそ...

...米国2019年4−6月期の実質国内総生産(gdp)は年率換算19%増と前期比ほぼ横ばいだった。しかし、設備投資は30%減と...

... rcepは人口で世界の5割、国内総生産(gdp)で3割をカバーする広域経済圏。交渉分野は関税撤廃削減や電子商取引(e...

...ト下方修正されている。 また世界のgdpのうち、約4分の1を占める米国の成長率は、19年の24%から20年には21%へと... ...、19年の24%から20年には21%へと減速、gdpの大きさでは米国に次ぐ中国の成長率も19年の61%から20年には58%へと減速...

きょうの動き (2019/10/30 総合3)

...パウエルfrb議長会見 ◇7―9月期の米gdp(商務省) (時間は日本標準時〈jst〉) ...

...定がない場合と比べ実質国内総生産(gdp)を約08%押し上げ、2018年度のgdp水準換算だと約4兆円に相当するとの内容... ...生産(gdp)を約08%押し上げ、2018年度のgdp水準換算だと約4兆円に相当するとの内容だ。 しかし「暫定値で国会審...

おすすめコンテンツ

異物不良「ゼロ」徹底対策ガイド
一般エリアからクリーンルームまで即効果が出る

異物不良「ゼロ」徹底対策ガイド 一般エリアからクリーンルームまで即効果が出る

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしいシリコーンの本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしいシリコーンの本

200の図とイラストで学ぶ 
現場で解決!射出成形の不良対策

200の図とイラストで学ぶ 現場で解決!射出成形の不良対策

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい金属材料の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい金属材料の本

原子力年鑑2020

原子力年鑑2020

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい建築材料の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい建築材料の本

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる