電子版有料会員の方はより詳細な条件で検索機能をお使いいただけます。

923件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.003秒)

KHネオケム、環境融資3年で50億円 みずほ銀から調達 (2024/4/23 素材・建設・環境・エネルギー1)

30年に温室効果ガス(GHG)排出量を17年度比30%削減するといった目標を掲げ、GHG削減に努めている点が評価された。

デジタルで海運効率化 船員不足対応・安全性向上 (2024/4/23 機械・ロボット・航空機2)

自動運航システムなどの実証実験に携わる海上技術安全研究所のGHG削減プロジェクトチーム・自動運航船プロジェクトチームの環境・動力系の平田宏一上席研究員は、運航の安全性におけるデジタル技術の重要性を強調...

温室効果ガス(GHG)の排出削減や公共交通の維持に寄与する。

日新電機は、温室効果ガス(GHG)排出量に仮想価格を付ける社内炭素制度を導入して設備投資に活用すると約束した。宮城衛生環境公社(仙台市青葉区)は、GHG排出量を30年ま...

新潟県は多雪寒冷の気候特性から、暖房由来の温室効果ガス(GHG)排出量が全国平均の約2倍に達する。

JCMは途上国と協力して温室効果ガス(GHG)排出量の削減に取り組み、削減の成果を両国で分け合う排出量取引制度。GHG排出量の削減に貢献した見返りとして、相手国から排出削減量の一部をク...

環境省、脱炭素技術7件採択 (2024/4/18 素材・建設・環境・エネルギー2)

環境省は業界横断で効果を発揮する温室効果ガス(GHG)排出削減技術の開発事業に7件を採択した。

日本ガイシ、ハンガリー社からNAS電池受注 (2024/4/18 素材・建設・環境・エネルギー1)

2050年のカーボンニュートラル(温室効果ガス〈GHG〉排出量実質ゼロ)実現を法制化するハンガリーでは、再生エネの導入加速が急務となっている。

1人当たりのCO2排出量、新幹線の区間別に公開 JR東 (2024/4/16 生活インフラ・医療・くらし)

このほかに脱炭素化の取り組みの一環で、NTTデータの温室効果ガス(GHG)可視化システム「C―タートル」を導入した。

インタビュー/日本製紙社長・野沢徹氏 豪州事業の黒字化急ぐ (2024/4/16 素材・建設・環境・エネルギー2)

実証機整備や認証取得などには時間が必要で(26年度からの)次期中計に盛り込むことになる」 ―温室効果ガス(GHG)排出量の削減で新目標を出しました。&...

DXの先導者たち(149)ディグル 廃棄物のCO2量を可視化 (2024/4/11 電機・電子部品・情報・通信2)

サプライチェーン(供給網)全体の温室効果ガス(GHG)排出量「スコープ3」のカテゴリー5として「事業から出る廃棄物」は算定対象。

コニカミノルタ、「メタン漏れ監視」米で商機 直接測定でカメラ需要 (2024/4/11 素材・建設・環境・エネルギー2)

取引先を含めた温室効果ガス(GHG)排出量を気にかける大企業が増えており、事業者にとっては取引において訴求ポイントになるためだ。... 天然ガスの成分であるメタンは地球温暖化を助長する...

同市では30年度に温室効果ガス(GHG)50%削減、50年で実質ゼロを目指している。 ... 5月の公募をはじめ、企業活動におけるGHG削減への取り組みを促進...

温室ガス算定、差別化競う ICT新興が協業加速 (2024/4/10 素材・建設・環境・エネルギー1)

排出削減、調達面も支援 温室効果ガス(GHG)排出量を算定するICTシステムを提供する新興企業が、他社との連携などで事業を拡大している。

住友不など3社、アルミ缶「水平リサイクル」で供給網構築 (2024/4/9 素材・建設・環境・エネルギー2)

貴重な資源の国内循環や温室効果ガス(GHG)排出量の削減につなげる。

アスエネ、企業の温室ガス削減支援で阪和興業と協業 (2024/4/9 素材・建設・環境・エネルギー2)

アスエネ(東京都港区、西和田浩平社長)は、阪和興業と協業し、企業の温室効果ガス(GHG)排出量削減を支援する。アスエネが燃料や電気の使用、調達活動などに伴うGHG排出量...

温室効果ガス(GHG)の吸収作用を持つ海洋植物などの「ブルーインフラ」の再生・創出・保全を進める。

YKK、ファスナーに低炭素アルミ採用 世界生産の15%切り替え (2024/4/5 生活インフラ・医療・くらし2)

YKKは30年までにサプライチェーン(供給網)全体の温室効果ガス(GHG)排出量「スコープ3」を18年度比30%削減する目標を掲げている。

鹿島と金沢工大、3D造形でベンチ CO2吸収コンクリ活用 (2024/4/4 素材・建設・環境・エネルギー2)

両者は今後も生産性向上やカーボンニュートラル(温室効果ガス〈GHG〉排出量実質ゼロ)実現に向けて二つの技術を融合させた公共物の研究開発を進め、早期の社会実装を目指す。 ...

欧州連合(EU)は、温室効果ガス(GHG)排出削減に取り組むEU企業をコスト競争から守る制度を創設した。... 温暖化対策に“不熱心”な国からのEU内への輸入品に対し、...

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件の記事を保存することができます。

ログイン