23件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.004秒)

 ロボット産業に関わる第一人者が一堂に会して意見交換する「iREXロボットフォーラム2019」が2019年12月18日に、東京・有明の東京ビッグサイト国際会議場で開かれた。「2019国際ロボット展(i...

中曽根元首相が死去 (2019/12/2 総合2)

外交では日米同盟の強化を進め、防衛費の国民総生産(GNP)比1%枠の突破に踏み切った。

バーレーン商人のナジブ・アル・シャハットさん(51)に、見本市を訪れる業者が日本や東アジアの食材にどれだけ期待しているのか聞くと、「産油国は確かに1人当たりのGNP(国民総生産)こそ1万ドル以上ある高...

この『奇跡の日本史』の382ページに、馬野氏のGNP(国民総生産)に関して「歴史工学線」が示されていて、それによると、1990年以降に、日米のGNPが逆転する予想図が掲載されている。 ...

折しもその間と言えば、日本は高度経済成長期と重なり、国民総生産(GNP)で当時の西ドイツを抜き世界第2位の経済大国になっている。

「教育水準、国の安定性といった定性的な要素を数値化したものと、GNPや人口など定量化が可能な指標を用いて国力を示す方程式が先人の研究にある。

GNP(義理、人情、プレゼント)の押しの営業が主流だった業界の常識とは一線を画す。

国民総生産(GNP)に占める割合は2%程度。

私が社会に出た1960年代後半の産業公害が著しかったときには、公害対策は必要悪と叫ぶ人もいたし、昨今では、温暖化対策の強化は日本の国民総生産(GNP)を低下させ、失業を増やし、企業は海外に出て行ってし...

生保営業については長らく、義理・人情・プレゼントに頼ったいわゆる「GNPセールス」が主流だった。

その経費総額は当時の国民総生産(GNP)の約2・5%相当の1兆円に達し、高度経済成長の追い風となった。

富士電機は高効率センサレス同期モーター「GNPシリーズ」を発売した。

「GNH(国民総幸福量)とGNP(国民総生産)のバランスを取ることを念頭に、経済の活性化と発展のために貢献したい」。

かつて「西(京都)の西陣、東の桐生」と呼ばれ、一時は国民総生産(GNP)の1割強を占めたというほど桐生一帯の繊維産業は隆盛を誇った。

オムロンは26日、温度表示の精度を高めた小型の温度調節器「形E5GNP=写真」を9月1日に発売すると発表した。

産業春秋/経済成長 (2009/8/15)

対米輸出で国力をつけ、68年にはGNP世界第2位の経済大国となった。

そこには昨年、国民一人あたりのGNPが3000ドルを突破したという国の成長力がある▼米ゼネラル・モーターズ(GM)が破綻し、「ハマー」ブランドを中国の四川騰中重工機械に売却する話も出ている。

また、日本のGNPの約四分の一は製造業によるものである。

キーワードは「GNP(国民総生産)からGNH(国民総幸福)」。

戦後直後と近年を比較すると洪水関連の年平均で、死者数は1500人から100人以下に、洪水被害額の対国民総生産(GNP)比は4・5%程度から0・3%台へと大幅に減少した。

おすすめコンテンツ

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい半導体パッケージ実装と高密度実装の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい半導体パッケージ実装と高密度実装の本

未来の科学者との対話18
第18回 神奈川大学全国高校生理科・科学論文大賞 受賞作品集

未来の科学者との対話18 第18回 神奈川大学全国高校生理科・科学論文大賞 受賞作品集

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい工作機械の本
第2版

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい工作機械の本 第2版

よくわかる電子機器実装の品質不良検査とコスト削減

よくわかる電子機器実装の品質不良検査とコスト削減

技術士第一次試験 
「電気電子部門」択一式問題200選
第6版

技術士第一次試験 「電気電子部門」択一式問題200選 第6版

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

電子版クレジットカード決済が対象になりました。キャッシュレスでお支払いのお客様に5%還元 ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる