137件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.004秒)

HV化などの進展に伴う車載用電池の現地生産の拡大を見据え、リチウムイオン電池などHVやEV用廃電池の熱処理とリサイクルを始める。

【フランクフルト=時事】ドイツ自動車部品大手ボッシュは5日、主にマイルドハイブリッド車(HV)に搭載される電圧48ボルト規格の電池で中国の車載電池大手CATL(寧徳時代新能源科技)...

25年までに販売車種の半分以上をハイブリッド車(HV)を含む電動車とする方針だ。

詳細は明らかにしないが、熱延工場などの薄板製造設備に手を加え、EV・HV向けのモーターや、発電所の変圧器などに使う高品位な電磁鋼板の増産体制を整える方針と見られる。

TDK、大電流計測用センサー投入 EV・HV向け (2019/6/21 電機・電子部品・情報・通信1)

TDKグループのTDKミクロナス(ドイツ・フライブルク)は、トンネル磁気抵抗効果(TMR)素子技術を活用した小型の大電流計測用センサー「CUR423x=写真」を開発した。小型・軽量化が求められる電気自...

ULジャパン(三重県伊勢市、山上英彦社長、0596・24・6717)は、千葉県香取市の鹿島EMC試験所に電気自動車(EV)、ハイブリッド車(HV)向け車載機器の試験に特化した新棟を建設する。2020年...

このほか自動車関連は、2位に日産・ルノー問題、3位に三菱電機のハイブリッド車(HV)向けの技術開発、7位にSUBARU(スバル)が約5年ぶりに全面改良した新型セダン「レガシィ」の世界初公開が入りました...

トヨタはハイブリッド車(HV)を業界に先駆けて量産し、普及に貢献。「プリウス」はHVやPHVの代名詞となっています。

東洋システム(福島県いわき市、庄司秀樹社長、0246・72・2151)は、電気自動車(EV)やハイブリッド車(HV)などに使われるリチウムイオン電池パックの劣化度合いを把握する充放電評価を短時間に行う...

硬さは今回の押出比では押出比の影響はなく33HV程となった。

トヨタ自動車は27日、高級車ブランド「レクサス」の新たな小型スポーツ多目的車(SUV)「UX=写真」を発売したと発表した。直列4気筒の排気量2000ccエンジンを搭載し、エンジン車とハイブリッド車(H...

トヨタ自動車は商用バン「プロボックス=写真」「サクシード」を一部改良し、ハイブリッド車(HV)を追加して12月3日に発売する。衝突回避支援パッケージ「トヨタ・セーフティー・センス」や、盗難防止用のイモ...

今後は電気自動車(EV)やハイブリッド車(HV)にシフトする方針。  ... 25年までには新車販売の半分をEVかHVにする計画。

価格はガソリン車が323万280円(消費税込み)、HVが378万4320円(同)から。

ただ、リサイクルを管理する自動車リサイクル促進センター(東京都港区)によると、廃車されて再利用に回る電動車は輸出より少なく、17年度は年間でEVが135台、HVが2万2487台にとどまる。

いすゞも、大型などの他の車型のHV化を検討する。

国内事業は本社以外の3工場体制としEV・HV向けに軸足を移す。

17年度の乗用車の車種別の燃費は、HVが16・5キロメートル(10年度は16・3キロメートル)で、軽自動車が14・1キロメートル(同12・6キロメートル)だった。

今後、3年以内をめどに同工場からの輸出台数が、米国へのボルボ車輸入台数に追い付くよう生産を増やしていき、ハイブリッド車(HV)および電気自動車(EV)を年間最大15万台生産する計画だという。

トヨタ自動車は21年ぶりに最高級車「センチュリー=写真」を全面改良して発売した。1967年に初代を投入し、今回の新型で3代目となる。V型8気筒の排気量5000ccハイブリッドシステムを搭載し、センチュ...

おすすめコンテンツ

実務に役立つ 
食品分析の前処理と実際

実務に役立つ 食品分析の前処理と実際

図面って、どない読むねん!LEVEL 00 第2版
―現場設計者が教える図面を読みとるテクニック―

図面って、どない読むねん!LEVEL 00 第2版 ―現場設計者が教える図面を読みとるテクニック―

設計者は図面で語れ! 
ケーススタディで理解する幾何公差入門
公差設計をきちんと行うための勘どころ

設計者は図面で語れ! ケーススタディで理解する幾何公差入門 公差設計をきちんと行うための勘どころ

実践!モジュラー設計
新規図面をゼロにして、設計の精度・効率を向上させる

実践!モジュラー設計 新規図面をゼロにして、設計の精度・効率を向上させる

図解よくわかる植物細胞工学
タンパク質操作で広がるバイオテクノロジー

図解よくわかる植物細胞工学 タンパク質操作で広がるバイオテクノロジー

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる