130件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.002秒)

国際原子力機関(IAEA)の分析能力評価試験に合格し、今後依頼される試料分析に適用する。核兵器への転用がないかなどを調べるIAEAの査察能力強化につながると期待される。 ...

2月に来日した国際原子力機関(IAEA)の中には中国や韓国の専門家もおり、第三者の視点からの検証のプロセスも含めて正確な情報を発信していく。

きょうの動き/2日 (2022/3/2 総合3)

■政治・経済■ ◇10―12月期の法人企業統計(8時50分、財務省) ◇2月のマネタリーベース(8時50分、日銀) ...

IAEAの関係者らが同発電所も訪問し、東電による処理水のサンプル採取に立ち会った。4月をめどにIAEAが今回の検証結果を公表する予定。 IAEAは処理水の放出の安全性を国際基準に基づ...

東京電力福島第一原発から出る放射性物質トリチウムを含む処理水の海洋放出をめぐり、国際原子力機関(IAEA)の調査団が来日し、14日に安全性検証のための調査を開始した...

経済産業省は7日、東京電力福島第一原発から出る放射性物質トリチウムを含む処理水の海洋放出の安全性検証のため、国際原子力機関(IAEA)の調査団が14―18日の日程で来日すると発表した。...

以降、最新の知見をもとに改訂を続け、国際原子力機関(IAEA)や欧米の核データライブラリにも多くのデータが採用されている。

幸いにも過去に国際原子力機関(IAEA)から講師としてIAEA/RCA諸国向けの非破壊検査のトレーニングコースに派遣され、アジア中心に各国の技術者を教えた。

きょうの動き (2021/11/23 総合3)

■国 際■ ◇7―9月期のNZ小売売上高(6時45分、統計局) ◇11月のユーロ圏PMI(18時、英マークイット) ...

【ベルリン=時事】国際原子力機関(IAEA)は、2050年時点の世界の原子力発電所発電容量が、技術革新などが進む楽観的な想定の場合、20年の実績からほぼ倍増して合計7...

国際原子力機関(IAEA)は、東京電力福島第一原子力発電所の廃炉に向けた評価派遣団の約2カ月間のレビューを終え、日本政府が処理水の処分方法について基本方針を決定したことについて「廃炉計...

風評を生じさせない仕組みづくりには、モニタリング調査強化や国際原子力機関(IAEA)など第三者による監視や透明性確保を掲げた。

経済産業省は9日、東京電力福島第一原子力発電所から出る処理水の処分に関して国際原子力機関(IAEA)から支援を受けることで合意したと発表した。2年後をめどに実施する海洋放出に向け、モニ...

【ベルリン=時事】AFP通信によると国際原子力機関(IAEA)は、イランから濃縮度20%の金属ウランを製造するとの通告を受けたと明らかにした。

国際原子力機関(IAEA)や経済協力開発機構・原子力機関(OECD・NEA)などの国際機関との会合で原子力研究開発の協力を促進した点も評価された。

(冨井哲雄) ■IAEAが政府決定を評価 福島県の復興のためには福島第一原発の廃炉が必要になる。... この決定に関し、国際原子力機関(IA...

成果は10―15日にオンラインで開く第28回国際原子力核融合エネルギー会議「IAEA FEC2020」で発表する。

第三者によるレビューは国際原子力機関(IAEA)などのレビューを通じて、実施計画の審査や海域モニタリングの客観性、透明性を高める取り組みを行うとした。

梶山弘志経済産業相とグロッシー国際原子力機関(IAEA)事務局長は14日、東京電力福島第一原子力発電所に保管されている放射性物質を含む処理水の処分方法が決まったことについてオンライン方...

国際原子力機関(IAEA)も放出に関して安全性を確認している。今後も国やIAEAが高い透明性で監視することで、環境汚染への懸念を排除していく。

おすすめコンテンツ

技術士第一次試験 
「機械部門」 合格への厳選100問 第5版
合否を決める信頼の1冊!

技術士第一次試験 「機械部門」 合格への厳選100問 第5版 合否を決める信頼の1冊!

技術士第一次試験 
「環境部門」専門科目 問題と対策
第4版

技術士第一次試験 「環境部門」専門科目 問題と対策 第4版

雲海を翔る
クラウドベンチャー“サテライトオフィス”の成長力

雲海を翔る クラウドベンチャー“サテライトオフィス”の成長力

利益が出せる生産統制力
異常の芽を事前に摘み取るQCD管理

利益が出せる生産統制力 異常の芽を事前に摘み取るQCD管理

中小製造業の「製造原価と見積価格への疑問」にすべて答えます!

中小製造業の「製造原価と見積価格への疑問」にすべて答えます!

未踏に挑み、オンリーワンを生み出す 
新・日本型人づくり
興研の経営哲学と人事評価制度

未踏に挑み、オンリーワンを生み出す 新・日本型人づくり 興研の経営哲学と人事評価制度

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用しています。オプトアウトを含むクッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる