55件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.003秒)

IATA(国際航空運送協会)の調べによると、21年4月の世界の国内線は有償旅客キロ(RPK)が19年同月比25・7%減で3月の同31・6%減から改善した。

観光 海外客回復に時間、変異株問題も警戒 国際航空運送協会(IATA)は、航空路線需要の回復時期が新型コロナ感染拡大前の2019年と同水準に回復するには、23年までかかると予想する。...

航空需要は大打撃、回復にしばらく時間…カギはやはりワクチン 国際航空運送協会(IATA)は4月、21年の世界の航空需要について、新型コロナウイルス感染拡大前の19年と比べて、57%減...

【パリ=ロイター時事】国際航空運送協会(IATA)は21日、新型コロナウイルスワクチン接種の遅延に加え、各国政府の「リスク回避」姿勢で路線の運航再開が遅れていることで、航空需要の回復は当初の見通しより...

先が見通せない状況だが、国際航空運送協会(IATA)は、国際線需要(旅客キロ、RPK)が2024年にコロナ前(19年)の水準に戻る長期見通しを維持する。

【ニューヨーク=時事】航空業界の国際団体、国際航空運送協会(IATA)は、変異した新型コロナウイルスの感染がさらに拡大した場合、2021年の航空需要は、新型コロナ前の19年比38%の水準にとどまるとの...

国際航空運送協会(IATA)のリポートによれば、15―19年の5年間の世界の航空死亡事故の最大要因は特殊気象であり、40%の事例において何らかの気象現象が事故の主要因あるいは背景要因となっていた。&#...

【事業縮小で収支均等】 国際航空運送協会(IATA)は、世界の航空旅客需要がコロナ前の水準に戻るのを24年と想定する。

航空は国際航空運送協会(IATA)が50年までの半減を目標に掲げる。

新型コロナ/ジャムコ、航空機内装品のコロナ対策急ぐ (2020/10/19 機械・ロボット・航空機2)

国際航空運送協会(IATA)は世界の航空需要が2019年の水準に戻るのは24年との見方を示す。

国際航空運送協会(IATA)はコロナ前の需要水準に戻るのが24年と予想する。

航空2社の4―6月期、大幅赤字 コロナで移動需要激減 (2020/8/4 建設・生活・環境・エネルギー1)

国際航空運送協会(IATA)の見直しを受けて、福沢一郎ANAHD取締役は「23年度末にかけて緩やかに回復する」と見る。

IATAは、米国や新興国で感染封じ込めが遅れていると指摘。... IATAのドジュニアック事務局長は「旅客輸送は4月に底打ちしたが、上昇の勢いは非常に弱い」と説明した。 IATAによ...

国際航空運送協会(IATA)は50年に、航空機のCO2排出量を05年と比べて半減する目標を打ち出した。

ANAHD、運航以外で発生CO2ゼロに (2020/7/23 建設・生活・環境・エネルギー)

このほか国際航空運送協会(IATA)の行動計画に合わせて、省燃費機材の導入により、航空機運航で発生するCO2排出量の05年比半減に取り組む。

国際航空運送協会(IATA)は、20年の世界の航空業界の損失が843億ドル(約9兆円)に達すると分析する。

JAL、2050年にCO2排出ゼロ 省エネ機材・バイオ燃料採用 (2020/6/22 建設・生活・環境・エネルギー)

航空分野は全世界で排出される温室効果ガスのうち、約2%を排出しているとされ、国際航空運送協会(IATA)は50年に05年比でCO2排出量を半減させる目標を掲げる。

【ニューヨーク=時事】国際航空運送協会(IATA)は9日、2020年の世界の航空業界の損失が843億ドル(約9兆円)に上るとの見通しを公表した。... IATAのドジュニアック事務局長は「新型コロナの...

世界の航空会社が加盟する国際航空運送協会(IATA)は4月14日、20年の国際線・国内線合わせた旅客収入の減収規模が3140億ドル(約33兆5000億円)と予測した。... IATAや定期航空協会の見...

国際航空運送協会(IATA)が同日公表した試算では、2020年の航空業界の旅客収入は前年比半減。

おすすめコンテンツ

演習!本気の製造業「管理会計と原価計算」
経営改善のための工業簿記練習帳

演習!本気の製造業「管理会計と原価計算」 経営改善のための工業簿記練習帳

プラスチック製品設計者1年目の教科書

プラスチック製品設計者1年目の教科書

<解析塾秘伝>AIとCAEを用いた実用化設計

<解析塾秘伝>AIとCAEを用いた実用化設計

技術士第一次試験「機械部門」専門科目過去問題 解答と解説
第8版

技術士第一次試験「機械部門」専門科目過去問題 解答と解説 第8版

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

金属加工シリーズ フライス加工の基礎 上巻

金属加工シリーズ フライス加工の基礎 上巻

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用しています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる