123件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.017秒)

まさに宇宙航空新時代の幕開けに当たって、今回の対談が高度なバルブ技術開発に向けてのヒントになると考えます。... それを防ぐには、一方ではIoTなど電子情報や通信などの新規技術を導入し救済して行きつつ...

データ流通担う基盤作り 情報処理推進機構(IPA)は早ければ5月中にも、多様なデータを産業横断で利活用するための共通技術仕様の設計や専門家を育成する「産業アーキテクチャ・デザインセン...

人口減少時代で日本全体が人手不足に苦しむなか、主力工場の多くが産業集積地帯にあって今後人材採用競争のさらなる激化は避けられない。... 若手育成 企業にとって特に中長期の成長を担う若...

変革の時代を乗り切るため、経営トップを交代する企業も少なくない。... ■新事業開拓 【日本電産 車載関連を拡大】 カリスマ創業者が白羽の矢を立てたのは社外人材だっ...

アジャイル開発など、不確実性の時代に合った戦略が立てやすくなる」 ―経産省はどんな政策を打ち出しますか。 ... 我々が音頭を取り経営者らに情報提供して理解を求め、...

専門技術者同士の交流や事業部の垣根を越えた連携により、デジタル変革(DX)時代に対応する体制を整える。... (川口拓洋) 日立 「電力の消費量予測」で知見共有 【...

こうした中、理工系の大学はどんな人材を育成していくべきなのか。... しかし、IoTやAIは単なる道具にすぎない。... 縄文時代から現代まで脈々と受け継がれている日本のモノづくりは、大和言葉としての...

ダイキンはアジア地域において業務用空調の据え付け工事や保守などの人材育成を強化し、サービス面での差別化を進める。... ダイキンの船田常務執行役員は「かつてモノがない時代はプロダクトアウト(作り手の論...

展望2020/日本IBM社長・山口明夫氏 量子計算機「使い、作る」 (2020/1/16 電機・電子部品・情報・通信2)

システムもダイバーシティー(多様化)の時代だ」 ―米IBMと東京大学が量子計算機のハード・ソフトの開発などでパートナー契約を結び、実機2台を日本に持ち込むことなりました。... 東大...

変種変量、品質向上、多品種少量の時代にあって、競争力を高めるための設備更新需要は大きい。 ... 少子高齢の社会課題から、顧客の人材育成に深く携わるサービスが目立ってきている。...

事業の拡大のため、人材の確保は最重要課題だ。... 人工知能(AI)やIoT(モノのインターネット)が言われて久しいが、ヒトにフォーカスが当たる時代に、その気持ちを社員皆で醸成させていきたい。... ...

(3)時代に応じて事業領域が拡大しても本業が何か見失わないことが重要だ。... (3)時代によって衰退する市場もある。... (3)止められない少子化と、縮小し続ける市場の中で中小企業が勝ち残るために...

江戸時代初期に、鉄砲かじが盛んだった名古屋・鉄砲町で始めた金物商がルーツだ。... 次は現地スタッフの育成や先端技術を活用した商品の拡充など、中身を充実させたい。... もう一つはすでに力を入れている...

各業界でも従業員の多様なニーズに対応し、事業環境や時代の変化に合わせて制度を変える企業が増えている。 ... NTTグループ 世界基準「年俸3000万円超」 IoT...

インタビュー/SCSK社長・谷原徹氏 DX、企業の成長性左右 (2019/11/12 電機・電子部品・情報・通信2)

「顧客8000社の声」で変革 人工知能(AI)やIoT(モノのインターネット)、ビッグデータ(大量データ)などのデジタル技術は、あらゆる業界に欠かせないツールとなった。... 「確か...

【人材育てる】 未来にはAIやIoTと結びつきライフスタイルを大きく変える可能性を秘めている。... 激動の時代に当社がイニシアチブを取るにはこれまでにない人材を育てなければならない...

注力するIoT(モノのインターネット)共通基盤「ルマーダ」事業の世界展開を担う人材育成を急ぐ。 ... 18年10月に本社近くに新設した教育施設を活用し、人工知能(AI)やIoT、ク...

新設した教育施設と重層的な研修カリキュラムにより人材育成を加速し、事業構造変革を先導する役割を担ってもらう。... AI人材育成のために応用数学や統計学、機械学習、ディープラーニング(深層学習)、Io...

日立システムズ、開発速度向上へ毎年コンテスト 社内外から参加 (2019/8/23 電機・電子部品・情報・通信2)

アジャイル開発など瞬発力を求められるシステム開発が主流になる中で、対応できる人材の育成と強化を目指す。 ... エコシステムや共創がキーワードとなっており「IoT(モノのインターネッ...

人材育成やIoT(モノのインターネット)についても取り上げたい」と構想を練る。 ... 「“大繊維時代”に向け、努力したい」と意気込む。

おすすめコンテンツ

すぐ身につく分析化学・機器分析の実務
基礎、前処理、手法選択、記録作成を現場目線で解説

すぐ身につく分析化学・機器分析の実務 基礎、前処理、手法選択、記録作成を現場目線で解説

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい地盤工学の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい地盤工学の本

図解よくわかるスマート農業
デジタル化が実現する儲かる農業

図解よくわかるスマート農業 デジタル化が実現する儲かる農業

岐路に立つ日本医療
破綻か飛躍か!?激変する世界が迫る選択

岐路に立つ日本医療 破綻か飛躍か!?激変する世界が迫る選択

おもしろサイエンス 
火山の科学

おもしろサイエンス 火山の科学

新版 
イチから知る!IR実務

新版 イチから知る!IR実務

電子版クレジットカード決済が対象になりました。キャッシュレスでお支払いのお客様に5%還元 ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる