電子版有料会員の方はより詳細な条件で検索機能をお使いいただけます。

153件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.015秒)

協定に基づき、J―クレジットをはじめとした環境価値の創出に取り組む。J―クレジットは省エネ設備の導入や再生エネルギーの活用など、事業者による脱炭素活動により得られた二酸化炭素を含む温室効果ガスの排出削...

酪農家のファームノートデーリィプラットフォーム(北海道中標津町)が糞尿発酵を促進する手法を用いてメタンなどの排出を抑制し、丸紅が政府の排出枠取引制度「J―クレジット」を使って販売した。...

村全体でカーボンニュートラル(温室効果ガス排出量実質ゼロ)実現に森林の『J―クレジット』対応も含め取り組む」(随時掲載)

「カーボンプライシング」の主な手法として知られる「排出量取引」と「カーボンクレジット」について、ここでは国内の代表的な制度であるGX-ETSとJ―クレジットについてそれぞれ述べる。 &...

カーボンクレジットは、企業が削減・吸収したCO2をクレジットとして発行し、取引できるようにする仕組みだ。 ... 現在の取引対象は日本政府が認証するJ―クレジットに限られているが、今...

地域材を使ったバイオ炭を製造し、農地で散布することで二酸化炭素(CO2)排出削減量でクレジットを創出する。これを国の排出量取引制度「J―クレジット」で活用する資源循環スキームを構想し、...

リース契約を結ぶ企業は利用用途に応じてJ―クレジットの種類や数量を選択できる。SMFLが無効化手続きや無効化証明書の発行、J―クレジットの購入などを行う。 ... J―クレジット制度...

ナチュラルキャピタルクレジットコンソーシアム(NCCC、馬奈木俊介理事長=九州大学教授)は、世界最大級の炭素クレジット取引所に取引口座を開設した。... 日...

2024年度のプロジェクト登録と25年度以降の森林系J―クレジットの認証を目指す。 大仙市が森林経営計画に基づいて森林整備を実施し、丸紅がJ―クレジットの認証申請やCO2の排出削減が...

有賀執行役員は再生可能エネルギーや二酸化炭素(CO2)の排出削減・吸収量の成果を取引する国の「J―クレジット制度」活用でカーボンニュートラルを達成した自社の取り組みを紹介。

J-クレジット東北地域推進協、CO2削減でサンコー表彰 (2024/1/31 素材・建設・環境・エネルギー2)

J―クレジット東北地域推進協議会(事務局=東北経済産業局)は、優秀な二酸化炭素(CO2)排出削減支援活動を表彰する「東北地域カーボン・オフセットグランプリ」の受...

丸紅と中川(和歌山県田辺市、田中崇社長)、ディープ・フォレスト・テクノロジーズ(京都市左京区、大西信徳社長)の3社は、和歌山県田辺市の森林で二酸化炭...

出光、燃料油にJクレジット 企業の脱炭素支援 (2023/12/26 素材・建設・環境・エネルギー)

出光興産は25日、産業用燃料油として7月に発売した「出光カーボンオフセットfuel」の商品群に、業界で初めてJ―クレジットを付与した「出光カーボンオフセットfuel J(ジェイ)...

井関農機は14日、農家への営農指導で得られた水田からのメタンガス排出量削減効果をクレジット化し、企業に販売していく取り組みでフェイガー(東京都港区)と提携したと発表した。... 得られ...

カーリットHD、J―クレジット購入 栃毛木材工業から (2023/12/14 素材・建設・環境・エネルギー1)

【高崎】カーリットホールディングス(HD)は13日、栃毛木材工業(栃木県鹿沼市、関口弘代表取締役)から森林吸収由来のJ―クレジットを購入したと発表した。... 購入した...

炭素クレジットを調達した国は、自国の削減量から炭素クレジット分を差し引いて報告できる。... 炭素クレジットを他国に譲った国は、自国の実際の排出量に炭素クレジット分を上積みすることにした。... 日本...

NCCC、炭素クレジット民間取引を来春開始 (2023/11/29 素材・建設・環境・エネルギー1)

消費者による炭素クレジットの取得だけでなく、消費者が炭素クレジットを利用して排出量を帳消しにする「オフセット」を実施できる。... 日本では政府が管理する「J―クレジット」の寡占状態だが、海外では民間...

ENEOS、森林由来クレジット推進 北海道森町と連携 (2023/11/27 素材・建設・環境・エネルギー)

森町が保有する豊富な自然資源を利用した森林由来のJ―クレジットを創出し、ENEOSと日本生命は創出されたクレジットを購入して、両社の事業活動で排出される二酸化炭素(CO2)排出量をオフ...

当初は国が認証する「J―クレジット」が対象となる。... J―クレジットは毎年100万トン程度が創出され、22年度は累積889万トンだった。... 今後はJ―クレジット以外の取り扱いを増やし、GXリー...

「カーボンクレジット創出支援」で2社、「カーボンクレジットを活用した脱炭素化促進」で3社を支援する。都では同事業を通じ、二酸化炭素(CO2)排出削減計画の策定や「J―クレジット」制度の...

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

↓もっと見る

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件の記事を保存することができます。

ログイン