539件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.005秒)

偶然にも同じ英国の投資ファンドであるザ・チルドレンズ・インベストメント・ファンド(TCI)による08年のJパワー株式買い増しに対して、外為法で初めてストップをかけた。当時のJパワーは大間原子力発電所(...

川崎重工業やJパワー、岩谷産業などが参画、輸送コストや安全性などを検証する。

Jパワー、米で新規太陽光プロ 石炭火力跡地に (2021/4/5 建設・生活・環境・エネルギー)

Jパワーは米国現地法人を通じて米投資事業会社との間で米バージニア州における新規太陽光発電などのプロジェクト開発に係る覚書を交わした。Jパワーが2007年以来50%権益を保有するバージニア州バーチウッド...

Jパワー・川重など6社、豪の褐炭水素製造設備を公開 (2021/3/25 建設・生活・環境・エネルギー1)

Jパワーや川崎重工業など6社が参画して水素サプライチェーン実証試験を行う豪州の共同事業体は、豪州ビクトリア州に建設した褐炭ガス化・水素精製設備と水素液化・積み荷基地の運転開始に伴い、両施設を関係者に公...

株式相場/3日続落 (2021/3/24 金融)

エムスリー、Jパワーは堅調で、NTT、KDDIは小じっかり。

負担ではなく新たな商機 【世界初の実証】 東芝グループのシグマパワー有明(川崎市幸区)の三川発電所(福岡県大牟田市)。... 東芝ESSの岩浅清...

中国電力とJパワーが共同出資する大崎クールジェン(広島県大崎上島町)だ。... 【水素専燃へ】 Jパワーは石炭ガス化の技術開発に02年から取り組んできた。... Jパワーも「老朽化し...

川崎重工業、Jパワーなど6社が参画する水素サプライチェーン実証だ。... 褐炭ガス化、水素精製を担うJパワーの玉村琢之研究推進室総括マネージャーは「今後は複数の褐炭の性能を評価する」とし、商用化をにら...

Jパワー、水力発電所の更新工事完了 足寄2号機 (2021/3/3 建設・生活・環境・エネルギー1)

Jパワーは水力発電所の足寄発電所(北海道足寄町)2号機の一括更新工事を完了(写真)し、運転を始めた。

Jパワー、30年に石炭火力4割減 CO2フリー水素発電を実現 (2021/3/1 建設・生活・環境・エネルギー)

Jパワーは2050年に二酸化炭素(CO2)排出を実質ゼロにする計画を策定した。... JパワーのCO2排出量は年4600万―4700万トン。

Jパワー、褐炭から水素製造 豪で設備稼働 (2021/2/2 建設・生活・環境・エネルギー)

Jパワーは1日、豪州で褐炭ガス化・水素精製設備(写真)での水素製造を始めたと発表した。... Jパワーのほか、岩谷産業や川崎重工業など7社が参画する「CO2フリー水素サプライチェーン推進機構(HyST...

最近では三菱マテリアルやJパワーとの共同事業で、19年5月に山葵沢地熱発電所(秋田県湯沢市)の運転を開始し、同9月に安比地熱発電所(岩手県八幡平市)の建設工事を開始した。

Jパワーと岡山理大、ドローンで自律撮影 電線点検50%効率化 (2021/1/14 建設・生活・環境・エネルギー1)

Jパワーは岡山理科大学と共同で飛行ロボット(ドローン)による送電線・架空地線の自律撮影技術を確立し、特許を取得した。... Jパワー送変電ネットワーク(東京都中央区)と共同で本技術の実用化に向けて検証...

電源開発(Jパワー)は停止中の石炭火力発電の燃料に重油を使って発電するという異例の対応もとる。

Jパワー、豪の風力発電で提携 (2020/12/17 建設・生活・環境・エネルギー2)

Jパワーは豪州の再生可能エネルギー企業のジェネックスパワーと同国における新規の風力発電開発で提携した。... Jパワーが豪州で再生エネを開発するのは初めて。

Jパワー、岩手・葛巻町の風力発電所が運転開始 (2020/12/11 建設・生活・環境・エネルギー)

Jパワーは10日、くずまき第二風力発電所(岩手県葛巻町)が運転を始めたと発表した。... これによりJパワーの国内風力発電設備は25地点、総出力は57万5160キロワットとなる。

検証2020/「脱炭素」の大波 エネ業界に対応迫る (2020/12/11 建設・生活・環境・エネルギー)

Jパワーは「古い石炭火力は30年にかけて順次退役する」(渡部肇史社長)検討を始めた。

経営ひと言/Jパワー小出電力所・雲居浩治所長「地域と共生」 (2020/12/11 建設・生活・環境・エネルギー)

Jパワー小出電力所(新潟県魚沼市)所長の雲居浩治さんは、「地域の人になくてはならないインフラだ」と説明する。

Jパワーの渡部肇史社長は、低効率な石炭火力発電所を休廃止する方針について「国内800万キロワットある石炭火力発電所のうち、発電方式で超臨界圧(SC)以下で、石炭火力の4割にあたる350万キロワットが対...

電力新時代 変わる経営モデル(21)中国電力 石炭火力に最新鋭技術 (2020/10/20 建設・生活・環境・エネルギー2)

Jパワーと共同で石炭ガス化燃料電池複合発電(IGFC)と、CO2分離・回収を組み合わせた低炭素火力発電にもチャレンジ中。

おすすめコンテンツ

令和時代を切り拓く! 
日本のリーディングカンパニー【関西・中国・四国編】

令和時代を切り拓く! 日本のリーディングカンパニー【関西・中国・四国編】

技術士第一次試験 
「建設部門」受験必修キーワード700
第8版

技術士第一次試験 「建設部門」受験必修キーワード700 第8版

関西・中国・四国で愛されている長寿企業2021
社会と経済の発展に貢献してきた秘密に迫る

関西・中国・四国で愛されている長寿企業2021 社会と経済の発展に貢献してきた秘密に迫る

モノづくり中部 技術・技能自慢 2021年版

モノづくり中部 技術・技能自慢 2021年版

続・東京の長寿企業50社

続・東京の長寿企業50社

これから伸びる東京のカイシャ2021

これから伸びる東京のカイシャ2021

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

↓もっと見る

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

もっと見る

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用しています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる