237件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.005秒)

かつて上野―札幌間を運行していた寝台列車「北斗星」がこのほど、北海道北斗市でゲストハウスとして復活した。... 北斗星は青函トンネルが開通した1988年に運行を始め、本州と北海道をつなぐ「足...

国交省幹部人事/次官に藤井氏 (2022/6/22 総合2)

19年官房審議官(航空局〈国際〉担当)、20年JR北海道監査役。... ◆北海道局長 橋本幸氏(はしもと・こう)92年(平4)北大院工...

JR北海道社長に綿貫泰之氏 (2022/5/23 総合3)

政府はJR北海道の社長に綿貫泰之副社長(60)が昇格する人事を閣議了解した。... 11年JR北海道取締役、20年副社長。北海道出身。

北海道新幹線、延伸へ連携 JAL・JR北海道など魅力・価値発信 (2022/5/20 建設・生活・環境・エネルギー)

2030年度末を目指す北海道新幹線の札幌延伸に向け、整備主体である鉄道建設・運輸施設整備支援機構、日本航空(JAL)、JR北海道の3者は19日、共同で事業を盛り上げ...

新幹線オフィス車両、来月から指定席で運行 JR3社 (2022/5/17 建設・生活・環境・エネルギー1)

JR東日本、JR北海道、JR西日本の3社は16日、新幹線車内でウェブ会議や通話などが可能な「新幹線オフィス車両」を6月27日から指定席として運行を始めると発表した。東北・北海道新幹...

JR北、7駅を廃止 来年3月ダイヤ改正、在来線運行見直し (2021/12/20 建設・生活・環境・エネルギー)

JR北海道は2022年3月に行うダイヤ改正で利用客が少ない7駅を廃止する。

「北斗星」ヘッドマーク270万円 JR北、最後のブルートレイン (2021/12/17 建設・生活・環境・エネルギー)

多くの鉄道ファンに愛された寝台特急「北斗星」の先頭部分に取り付けられていたヘッドマークが、JR北海道のオークションで271万6000円で落札された。JR北の出品物では過去...

JR3社、22年4月から指定席特急料金4段階に (2021/10/6 建設・生活・環境・エネルギー1)

JR東日本、JR北海道、JR西日本は5日、シーズン別の指定席特急料金を見直すと発表した。2022年4月1日乗車分から東北、山形、秋田、北海道、上越、北陸の各新幹線、JR東日本の一部の特急列車...

JR北海道、年2億円のコスト削減 (2021/8/24 建設・生活・環境・エネルギー1)

JR北海道は新型コロナウイルス感染症による利用者の行動変化などを踏まえ、駅業務の見直しを行う。... JR北は現在、話せる券売機を計24駅に設置。

JR北、10月に北海道周遊列車 (2021/7/1 建設・生活・環境・エネルギー2)

JR北海道は日本航空(JAL)やJTBと連携し、北海道周遊列車「HOKKAIDO LOVE!... 北海道」をコンセプトに、札幌発着で帯広や釧路、網走、旭川をめぐる3泊...

北海道新幹線の開業から26日で丸5年を迎える。... 北海道新幹線は1年目こそ人気に沸いたが2年目以降“開業ブーム”を超えられない。JR北海道にとっては最重要線区の一つであるが、毎年100億円前後の営...

【JR東日本クロスステーション】西野史尚氏(にしの・ふみひさ)81年(昭56)一橋大社会卒、同年日本国有鉄道(現JR東日本)入社。10年執行役員、14年...

ローカル線問題に影響 国交省は1月、JR北海道、JR四国への財政支援継続を決めた。... 本州のJR各社も収支の厳しいローカル線を多数抱える。... JR西日本の長谷川一明社長も「&...

JR北海道やJR西日本、JR九州も宅配便荷物や特産品を新幹線で輸送する“貨客混載”を構想。... JR各社の動き 宅配便、貨客混載を実証 会社間連携で特産品輸送 JR...

ニュース拡大鏡/国交省、JR北・四に財政支援 大型施設の負担免除 (2020/12/28 建設・生活・環境・エネルギー)

早期経営自立化を後押し 国土交通省は、経営再建中のJR北海道とJR四国に対する2021年度以降の新たな支援策をまとめた。... 今回決めた財政支援規模はJR北に3...

新型コロナ/JRグループ、来春ダイヤ改正 環境変化濃く反映 (2020/12/21 建設・生活・環境・エネルギー)

JR東・西 保守確保に終電繰り上げ/三島会社 経営厳しく縮小 JRグループの2021年3月13日ダイヤ改正はJR東日本が首都圏、JR西日本が近畿圏で終電を繰...

JR北海道、ダイヤ改正で18駅廃止 (2020/12/15 建設・生活・環境・エネルギー2)

JR北海道は新型コロナウイルス感染拡大による利用客の減少を受け、2021年春のダイヤ改正で宗谷線など4路線で計18の無人駅を廃止する。... これによりJR北海道管内の駅数は372となる。

JR7社の4―9月期、コロナで需要低迷 北海道・四国、再建厳しく (2020/11/16 建設・生活・環境・エネルギー)

21年3月期連結業績は、予想非開示のJR北海道とJR四国も含めた旅客全社で、各利益段階の赤字幅拡大が想定される。... 一層厳しい経営状況にあるのはJR九州、JR北、JR四の“三島会社”だ。... 特...

東北新幹線で時速320km JR東、防音壁など工事着手 (2020/10/7 建設・生活・環境・エネルギー1)

盛岡−新青森間 防音壁など工事 JR東日本は6日、東北新幹線・盛岡―新青森間で最高速度を時速320キロメートルに引き上げる速度向上工事に取り組むと発表した...

ゼンリンデータコムはドローンを使ったサービスを重視しており、JR北海道とドローンを用いたトンネル点検の実証を行った実績がある。 &#...

おすすめコンテンツ

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい自動運転の本
第2版

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい自動運転の本 第2版

「からくり設計」実用メカニズム図例集
思いどおりに動く自動機を簡単に実現できる

「からくり設計」実用メカニズム図例集 思いどおりに動く自動機を簡単に実現できる

エッジAI導入の手引き
生産設備/機器制御への組み込み

エッジAI導入の手引き 生産設備/機器制御への組み込み

日本型サステナブル・ロジスティクス
人手不足、コスト増、環境問題、災害を乗り越えて生き残る方法

日本型サステナブル・ロジスティクス 人手不足、コスト増、環境問題、災害を乗り越えて生き残る方法

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい吸着の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい吸着の本

現場のリスク管理と災害未然防止のための 
「不安全行動(リスクテイキング)の防止対策」

現場のリスク管理と災害未然防止のための 「不安全行動(リスクテイキング)の防止対策」

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン