22件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.005秒)

JR東海が20年7月の営業運転開始を予定している次世代新幹線車両「N700S」は高い走行性能を有しているが、現行のN700A型よりも消費電力を7%減らし、先頭形状の改良でトンネル突入時の騒音もさらに低...

JR東海などによると、東海道新幹線は米原―新大阪駅間などで運転を見合わせたが、全線で再開した。

 JR東海は9日までに、東海道新幹線(東京―新大阪)で運行する新幹線「700系」を、2020年3月までに引退させることを決めた。... JR東海とJR西日本が共同開発した700系は、1999年3月に運...

告発を受け東京地検特捜部は、JR東海が発注するリニアの駅新設工事に絡み受注調整を行ったなどとして、4社を独禁法違反罪で起訴した。

告発容疑は、大手4社の担当者らは2014年4月~15年8月ごろ、リニアの品川、名古屋両駅新設工事の3工区について東京都内の飲食店で面談するなどして受注予定企業を決めたほか、JR東海に提出する見積価格を...

逮捕容疑は、2人は2014~15年、大林組と清水建設の担当者らと共謀し、東京都内などでJR東海が発注するリニアの駅新設工事について受注予定業者を決定したほか、予定通り受注できるような価格の見積もりを行...

27年開業最優先 契約方式の抜本見直し考えず  JR東海の柘植康英社長はインタビューに応じ、リニア中央新幹線について「2027年の開業に向けて...

特捜部は8日、JR東海発注のリニア工事の入札をめぐる偽計業務妨害容疑で大林組を家宅捜索した。... JR東海などはこれまでに24件の工事を契約。

結局、新大阪駅でJR東海側に音の異常などは伝えたものの、走行に支障がないと判断。JR東海に指令部署間の協議を申し出ずに運行を引き継いだ。JR西は、ダイヤが乱れることを恐れて床下点検をしなかったわけでは...

JR東海は14年8月、品川―名古屋間の工事実施計画を国に申請した。... さらに「JR東海が14年に公表した予算を基に各工事の費用を積算した結果、正面から入札で競争すると利益を確保できないと判断した」...

大手ゼネコンの大林組、鹿島、清水建設、大成建設がそれぞれ主体となった共同企業体(JV)は、JR東海と15件の工事を契約した。  

JR東海の柘植康英社長が東京都内での記者会見で明らかにした。  台車の亀裂はその後、名古屋駅でJR東海が点検して判明。... 柘植社長によると、引き継ぎを受けたJR東海の乗務員は京都...

関係者によると、4社の担当者らは、JR東海が事業主体となっているリニア中央新幹線の関連工事の入札について事前に話し合うなどし、受注予定の会社を決めるなどした疑いが持たれている。  

事業主体のJR東海などは2015年8月以降、計22件の工事を契約。

関係者によると、4社の担当者らはJR東海が事業主体となっているリニア中央新幹線の関連工事の入札について事前に話し合うなどし、正当な競争をしなかった疑いが持たれている。 &#...

「のぞみ34号」13号車をクレーンでつり上げ、亀裂が見つかった台車を切り離す作業(16日未明、JR東海提供 時事) 搬出のためクレーンでつり上...

ホーム1本使用できず、最大10分程度の遅れ  台車に亀裂が見つかりJR名古屋駅ホームに停車中のJR西日本の新幹線「のぞみ34号」(16両編成)について、JR東海は...

JR名古屋駅ホーム停車、ダイヤに影響  JR東海は14日、台車に亀裂が見つかりJR名古屋駅のホームに停車中のN700系新幹線について、車両を移動して復旧が完了する...

事業主体のJR東海は、2015年に工事や入札の概要を明らかにした。

同工事では入札情報が発注側のJR東海社員から漏れた疑いが浮上。... この入札でJR東海は、広く参加企業を募る「公募競争見積方式」を採用した。... 当初は4~5社が受注意欲を示していたが、提案内容が...

おすすめコンテンツ

おもしろサイエンス 
腸内フローラの科学

おもしろサイエンス 腸内フローラの科学

カラー写真と実例でわかる 
カビの分離同定と抗カビ試験

カラー写真と実例でわかる カビの分離同定と抗カビ試験

すぐわかる2D作図 BricsCAD入門

すぐわかる2D作図 BricsCAD入門

わかる!使える!粉体入門
<基礎知識><段取り><実作業>

わかる!使える!粉体入門 <基礎知識><段取り><実作業>

わかる!使える!レーザ加工入門
<基礎知識><段取り><実作業>

わかる!使える!レーザ加工入門 <基礎知識><段取り><実作業>

図解!生産現場をカイゼンする「管理会計」
新しい会計を生産技術者が知るための<なぜなぜ88>

図解!生産現場をカイゼンする「管理会計」 新しい会計を生産技術者が知るための<なぜなぜ88>

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる