356件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.016秒)

電動車は全固体電池の搭載で、現行のリチウムイオン二次電池(LiB)と比べて航続距離の延長や安全性向上が期待できる。

全社を下支えする実績を示したい」 ―半導体材料やリチウムイオン電池(LIB)材料の戦略は。 ... LIBの勝負は25年。

LIBの需要が拡大する中、より安全性に優れたセパレーターを生産し、幅広い需要に対応する。 帝人は2019年に上海エナジーと、車載用LIBに用いるフッ素系化合物のコーティングセパレータ...

東芝、脱炭素化へ 技術のデパート目指す (2020/12/22 電機・電子部品・情報・通信)

独自のリチウムイオン二次電池(LIB)「SCiB」も自動車への採用が順調に増えている。... ペロブスカイト薄膜太陽電池や水系LIB、CO2から化学品・ジェット燃料を製造する資源化技術などが期待される...

接合時に不純物が発生せず、ハイブリッド車(HV)や電気自動車(EV)などのリチウムイオン電池(LIB)の接合で使う。 ... LIB向け電極積層銅箔接合の可能枚数は100枚、ステンレ...

日立建機は15日、リチウムイオン電池(LIB)を搭載した電動ショベルを国内市場で2021年度に投入する計画を明らかにした。... 電動ショベルはLIBが高価で充電1回当たりの稼働時間も4―5時間と短い...

宇部興産、米にDMC新工場 年産10万トン (2020/12/15 素材・医療・ヘルスケア)

宇部興産は、2025年に米国でリチウムイオン電池(LIB)用電解液や、多様なファインケミカル製品の原料となるジメチルカーボネート(DMC)の新工場を建設する。... 北米のLIB関連企業はDMCをアジ...

コマツ、リチウム電池駆動ショベル 欧に22年度投入 (2020/12/7 機械・ロボット・航空機1)

次世代型はこれをリチウムイオン電池(LIB)に置き換え、出力不足と重量の問題を改善する。... 22年度に投入する次世代型電動ミニショベルは、LIBの使用とともに、量産化によりコストを極力引き下げる。...

2021年度に、同手法を用いたLIBの残価分析や管理に関するサービスの提供を目指す。運送会社やバス・タクシー、レンタカー会社といったフリート事業者やLIBの再生事業者などでの活用を想定している。...

同社は17年に、リチウムイオン電池(LiB)を世界で初めて商品化したソニーの電池事業を買収した。

東レは19日、リチウムイオン二次電池(LIB)向け無孔セパレーター(写真)を開発したと発表した。... LIB関連メーカーなどに提案し、3―5年後の試作品開発を目指す。 LIBの高容...

古河電工、溶接用レーザー発振器開発 電動車部品を高速加工 (2020/11/17 電機・電子部品・情報・通信)

古河電気工業は16日、リチウムイオン二次電池(LIB)など電動車部品をより速く高精度に加工できる溶接用レーザー発振器を開発したと発表した。... LIBの製造工程の短縮化や小型化・大容量化などにつなげ...

LIB向けの投資が中国や韓国を中心にアジアで増えており、高速検査装置で市場を開拓する。... 検査対象は18650型、21700型の各LIB。... LIBは電気自動車(EV)や蓄電池、電動工具など向...

経営再建中のマクセルホールディングス(HD)は29日、飛行ロボット(ドローン)向けなど民生リチウムイオン電池(LIB)の積層ラミネート事業を古河電池に売却すると発表した。... マクセルは販売減少が続...

【京都】ニチコンは19日、マイナス30度Cの環境下でも使用可能で、急速に充放電できる小型リチウムイオン二次電池(LIB)「SLBシリーズ」に2サイズを追加し、12月から月50万個を量産すると発表した。

日本ガイシ、シーテックにリチウム電池出展 (2020/10/19 電機・電子部品・情報・通信)

【名古屋】日本ガイシは、20―23日にオンラインで開催する家電やITなどの総合展示会「CEATEC(シーテック)2020オンライン」に、高耐熱でコイン状や切手サイズの超小型・薄型リチウムイオン二次電池...

当面はリチウムイオン電池(LIB)向けに需要が大きいグリス状(半液状)の放熱材料を主に生産する。... 積水ポリマテックは動力源であるLIBの熱対策に関するニーズが拡大すると見て、投資を決めた。...

三菱ケミカル 2030への道(4)車・モノづくり (2020/9/10 素材・医療・ヘルスケア)

2030年以降も車載電池の主流は電解液を使うLIBになるとみて、相次いで新製品を投入。... 通常時は放熱材としてLIBの熱を逃がす。... 車載用LIB材料は巨大市場となると同時に、コスト削減や競争...

住友金属鉱山は2022年をめどに、使用済みの車載用リチウムイオン二次電池(LIB)を対象とした再資源化を事業化する。

ガス燃焼式LiB電極材用焼成炉 ノリタケ・東ガスが共同開発 (2020/8/28 建設・生活・環境・エネルギー)

LiBの正極材は1000度Cの高温度、高濃度酸素雰囲気のもとで熱処理する。... ガス燃焼式の電極材用焼成炉は電気式よりもエネルギー効率が高いため運転費用を削減でき、LiBメーカーの導入需要が大きいと...

おすすめコンテンツ

技術士第二次試験「総合技術監理部門」標準テキスト 第2版
<技術体系と傾向対策>

技術士第二次試験「総合技術監理部門」標準テキスト 第2版 <技術体系と傾向対策>

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしいウェアラブルの本
キーテクノロジーと活用分野がわかる!

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしいウェアラブルの本 キーテクノロジーと活用分野がわかる!

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい量子コンピュータの本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい量子コンピュータの本

3DAモデル(3次元CADデータ)の使い方とDTPDへの展開
24の3DAおよびDTPDの設計開発プロセス(ユースケース)を体系化

3DAモデル(3次元CADデータ)の使い方とDTPDへの展開 24の3DAおよびDTPDの設計開発プロセス(ユースケース)を体系化

プレス加工のトラブル対策 第4版

プレス加工のトラブル対策 第4版

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい包装の本 第2版

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい包装の本 第2版

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる