電子版有料会員の方はより詳細な条件で検索機能をお使いいただけます。

14件中、1ページ目 1〜14件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.003秒)

一方、再生医療向けの多能性幹細胞の一種「Muse細胞」は、日本での限定的な承認申請を取りやめ、グローバル戦略の中で戦略を練り直す。

約4900億円を投じてTOB(株式公開買い付け)を実施し、田辺三菱製薬を完全子会社化した理由の一つは、再生医療向けの多能性幹細胞「Muse細胞」の事業化だ。

LSII、「Muse細胞」の良好な忍容性確認 (2021/5/27 ヘルスケア)

生命科学インスティテュート(LSII、東京都千代田区、木曽誠一社長)は、脳梗塞患者を対象に多能性修復幹細胞の一種「Muse細胞」を使った臨床試験の中間結果を公表した。 ...

生命科学インスティテュート(LSII、東京都千代田区、木曽誠一社長)は、新型コロナウイルス感染症に伴う急性呼吸窮迫症候群(ARDS)の患者に、多能性修復幹細胞の一種「M...

Muse細胞で脳梗塞治療 低コスト「他家細胞」で再生医療実現へ 生命科学インスティテュート(LSII、東京都千代田区)は、多能性幹細胞の一種「Muse細胞」を...

LSII、ALS対象に臨床試験 Muse細胞活用 (2021/2/1 素材・医療・ヘルスケア)

生命科学インスティテュート(LSII、東京都千代田区)は、多能性幹細胞の一種「Muse細胞」を使った細胞製品「CL2020」について、筋萎縮性側索硬化症(ALS)を対象...

Muse細胞とは、骨髄や脂肪などの間葉系組織に存在する多能性幹細胞。静脈からMuse細胞を投与すると、傷害を受けた組織の信号を検知して生着し、組織に適応して分化する特徴がある。... 現在、治療用のM...

展望2020/三菱ケミカルホールディングス社長・越智仁氏 (2020/1/3 素材・医療・ヘルスケア)

多能性幹細胞『MUSE細胞』の事業化や素材ビジネスへのバイオ技術導入など、グループ全体でバイオ技術の重要性が増している」 ―今後のポートフォリオ変革は。

三菱ケミカルホールディングス(HD)傘下で再生医療事業を展開する生命科学インスティテュート(LSII、東京都千代田区)は9日、脊髄損傷を対象の疾患とするMuse(...

三菱ケミカルホールディングス(HD)傘下で再生医療を手がける生命科学インスティテュート(LSII、東京都千代田区)は20日、表皮水疱(すいほう)症を対象...

いま、ES細胞(胚性幹細胞)、iPS細胞に次ぐ第3の多能性幹細胞として「Muse細胞」が注目されている。 Muse細胞とは東北大学の出澤真理教授らが発見した、骨髄や脂...

三菱ケミカルホールディングス(HD)傘下の生命科学インスティテュートは14日、多能性幹細胞「Muse(ミューズ)細胞」の独占的使用権を持つ再生医療開発ベンチャーのクリオ...

Muse細胞はさまざまな細胞に分化できる多能性と、一定の増殖能力を持つ。... ヒトの皮膚から採取した線維芽細胞を、Muse細胞とそれ以外の細胞に分離。山中因子と呼ばれるiPS細胞を誘導する4遺伝子を...

さまざまな細胞に分化しストレスに強い性質を持つことから、「多分化ストレス耐性細胞」の英語の頭文字をとりMuse細胞と名付けた。 ヒトのMuse細胞をマウスの精巣に注射すると、神経や肝臓などの細...

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件の記事を保存することができます。

ログイン