電子版有料会員の方はより詳細な条件で検索機能をお使いいただけます。

509件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.003秒)

(高屋優理) ボイスビズ・ユーシーディスプレーはTOPPAN(東京都文京区)が開発したコミュニケーションシステムで、情報通信研究機...

旭化成、深紫外LED搭載の空気殺菌装置 鉄道車両で実証 (2024/3/6 素材・建設・環境・エネルギー2)

旭化成と情報通信研究機構(NICT)は、深紫外発光ダイオード(LED)を搭載した空気殺菌装置を用いた鉄道車両での実証試験を開始した。

バッファロー、法人向けUTM参入 機能選択低価格に (2024/2/15 電機・電子部品・情報・通信2)

また、情報通信研究機構(NICT)のデータベースを脅威情報の参照元の一つとし、国内での使用に強みを持たせた。

技術基盤は情報通信研究機構(NICT)と共同開発した二つのAIモデルだ。

研究主体となる山形県工業技術センターは、情報通信研究機構(NICT)による委託事業の採択を受けた。

これらの課題に対し情報通信研究機構(NICT)や銀行などが連携し実証実験が行われ、目標である「不正送金検出精度80%以上」を達成、現在も実験が継続中である。

産総研や理化学研究所、情報通信研究機構(NICT)など国立研究開発法人が優先的に使用する。

NICT、深紫外LEDの配光制御 取り出し効率1.5倍 (2023/11/2 科学技術・大学1)

情報通信研究機構深紫外光ICT研究室の井上振一郎室長らは1日、光学レンズを使わずに配光制御する深紫外発光ダイオード(LED)を開発したと発表した。光の出射面に微細な同心円パターンを形成...

総務省所管の国立研究開発法人、情報通信研究機構(NICT)がLLMの開発に必要な日本語を中心とした学習用言語データを整備し、民間企業のLLM開発者らに提供する。 量子...

NICTは産学官に成果を提供する。 ... NICTの鳥澤健太郎フェローは開発中のLLMの手応えをこう説明する。 ... これらはNICTが蓄積してきた知見が生きる...

悩みに寄り添う介護目指す KDDIは、情報通信研究機構(NICT)などと共同で高齢者向け対話人工知能(AI)システムを開発した。... KDDI、NI...

西武鉄道、会話翻訳を画面表示 西武新宿駅で実証 (2023/7/6 生活インフラ・医療・くらし)

情報通信研究機構(NICT)の国産翻訳エンジンを使用し、英語や韓国語、中国語、フランス語など10カ国語以上の言語と日本語との翻訳に対応する。

情報通信研究機構(NICT)データ駆動知能システム研究センターの鳥澤健太郎主管研究員と大竹清敬センター長らは4日、日本語に特化した大規模言語モデル(LLM)を開発したと...

東陽テクニカ、衛星通信施設にアンテナシステム納入 (2023/6/6 機械・ロボット・航空機2)

東陽テクニカは米ヴァイアサット製の衛星通信向けアンテナシステムを、情報通信研究機構(NICT)の鹿島宇宙技術センター(茨城県鹿嶋市)に納入した。... NICTでは宇宙...

情報通信研究機構(NICT)、住友大阪セメントなどは、大容量テラヘルツ(テラは1兆)波無線信号を異なるアクセスポイントへ透過的に分配・送信するシステムの実証に世界で初め...

米L3ハリステクノロジーズ製の可視赤外イメージャーとハイパースペクトル赤外サウンダー、情報通信研究機構(NICT)の宇宙環境センサーという三つの高機能センサーを搭載する。

対面相手に翻訳結果表示 凸版、交通・観光向け実証 (2023/2/8 電機・電子部品・情報・通信2)

情報通信研究機構(NICT)が開発した国産翻訳エンジンを活用し、15言語に対応する。海外製の翻訳エンジンは英語を介して翻訳する仕組みをとるが、NICTの翻訳エンジンは英語を介さないため...

データの送受信が発生しない待機時間に電力を伝送するという構想で、5Gの次世代を見据えわが国の国際競争力強化などを図る、情報通信研究機構(NICT)のBeyond 5G研究開発促...

6者は21年11月から情報通信研究機構(NICT)のビヨンド5G研究開発促進事業で共同研究をしてきた。

東芝は東北大学東北メディカル・バンク機構(ToMMo)、東北大学病院、情報通信研究機構(NICT)と共同で、量子技術を使って多数の個人の全...

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件の記事を保存することができます。

ログイン