247件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.015秒)

NICT先端研究/情通機構(237)映像IoT、街見守る (2022/8/9 科学技術・大学)

情報通信研究機構(NICT)では、映像IoT技術を活用した「鳥の目」「虫の目」「魚の目」による都市空間見守り、特に災害の早期発見・早期対応技術開発を進めている。 .....

私たちは、この技術が一刻も早く社会に実装されるよう研究開発を進めている。(火曜日に掲載) ネットワーク研究...

情報通信研究機構(NICT)では、人の立ち入りが困難な場所(被災プラントなど)に展開された複数ロボット(飛行ロボット〈ドローン〉やクローラーロボットなど)...

情報通信研究機構(NICT)では、近赤外線帯のレーザー光を用いた衛星光通信技術の研究開発を推進している。... 現在NICTでは、複数の光地上局による運用の研究と並行して、地上局自体が...

第5世代通信(5G)が普及している中、情報通信研究機構(NICT)は次世代通信基盤のBeyond 5G/6Gの実現に向けた研究開発を推進している。.....

情報通信研究機構(NICT)では、6Gを含む次世代通信システムの研究開発を進めており、殊に得意分野である高周波電波技術の開発や国際標準化に鋭意取り組んでいる。... NICTは、それら...

NICT先端研究/情通機構(231)IR―UWBで測位高精度 (2022/6/28 科学技術・大学)

情報通信研究機構(NICT)は民間企業と協力し、IR―UWB受信機の受信感度を6デシベル以上改善することに成功し、他の手法と合わせることで最大測定距離を4倍に延伸した。... NICT...

情報通信研究機構(NICT)ではさまざまな環境での実測データを収集するため、東京タワーや東京スカイツリーの高所から試験電波を発し、東京23区内全域にて大規模な電波強度測定を実施した。....

NICTでは、10年ほど前から小型無人航空機(当時はまだドローンという呼称は一般的ではなかった)のもつポテンシャルとその無線通信の重要性に着目し、主に災害時などで地上の通信インフラが利...

NICTでは、通信の効率化を目的とした情報指向ネットワーク技術(ICN)を研究している。... (火曜日に掲載) ...

そこで、NICTは移動端末や固定局の技術運用特性、想定される展開シナリオ、電波伝搬特性、モデル化された大気による吸収特性、被干渉システム諸元などからさまざまな状況下での干渉量を計算し、ITU―Rに報告...

NICTは「ファイバー無線技術」の高度化を図り、ミリ波送受信機を簡素化する技術の研究開発に取り組んでいる。... NICTは、最初にファイバー無線技術とNICTが開発した超高速受光デバイスにより、光信...

NICTは、世界に先駆け10年ほど前から光・電波融合デバイス技術の研究開発を進めている。... (火曜日に掲載) &...

(火曜日に掲載) ネットワーク研究所・フォトニックICT研究センター・光アクセス研究室...

(火曜日に掲載) ネットワーク研究所・フォトニックICT研究センター・フォトニックネットワーク研究室 主任研究員...

NICTでは増え続ける通信量に対応するため、光ファイバー通信の伝送容量を着実に増加させ、省エネかつ低コストの次世代光ファイバー通信システムを研究している。... これまでNICTでは、1本の光ファイバ...

NICTでは、情報指向ネットワーク技術(ICN)と呼ばれる技術を活用し、安定した通信品質を維持可能な遠隔授業システムの研究開発を行っている。... (火曜日に掲載)&#...

しかし、「最大の問題は、ミクロな研究と、マクロな脳機能の研究との間に横たわっている深い溝を、繋げていく方法が必ずしも明確でないことである」(塚原仲晃、『脳の可塑性と記憶』)と指摘されて...

酸化ガリウムは、情報通信研究機構(NICT)が2011年に電力変換を担うパワーデバイス応用に向いた材料特性に目を付け、その研究開発に先鞭(せんべん)をつけた材...

このような背景の下、情報通信研究機構(NICT)では新たな周波数資源として、テラヘルツ周波数領域の開拓を目指している。我々が研究開発している2テラヘルツ帯超電導ホットエレクトロンボロメ...

おすすめコンテンツ

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい自動運転の本
第2版

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい自動運転の本 第2版

「からくり設計」実用メカニズム図例集
思いどおりに動く自動機を簡単に実現できる

「からくり設計」実用メカニズム図例集 思いどおりに動く自動機を簡単に実現できる

エッジAI導入の手引き
生産設備/機器制御への組み込み

エッジAI導入の手引き 生産設備/機器制御への組み込み

日本型サステナブル・ロジスティクス
人手不足、コスト増、環境問題、災害を乗り越えて生き残る方法

日本型サステナブル・ロジスティクス 人手不足、コスト増、環境問題、災害を乗り越えて生き残る方法

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい吸着の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい吸着の本

現場のリスク管理と災害未然防止のための 
「不安全行動(リスクテイキング)の防止対策」

現場のリスク管理と災害未然防止のための 「不安全行動(リスクテイキング)の防止対策」

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン