1,582件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.006秒)

(台数を公表できない一因となるが)エンジンのOEM(相手先ブランド)では『クボタのエンジンを搭載している』とPRされる場合と、逆に納入メーカーの名前にして塗装ごと変えることもある」 ...

OEM(相手先ブランド)生産で供給し、2020年度中の発売を目指す。

神鋼、コーベマグで国交相認定 (2020/3/25 素材・医療・ヘルスケア)

もともとは日鉄日新製鋼の前身に当たる日新製鋼からOEM(相手先ブランド生産)供給を受けていたが、19年4月以降は神戸製鋼が熱延の原板を自ら製造し、冷間圧延加工とメッキ処理を日鉄日新製鋼に委託する手順に...

クボタが300馬力エンジン 23年量産、大型を拡充 (2020/3/2 機械・ロボット・航空機1)

自社の農業機械や小型建設機械に搭載するディーゼルエンジンはOEM(相手先ブランド)供給など外販も扱う。... 供給台数は非公表だが、現在の外販比率は約60%。外販は北米と欧州への供給で計4分の3程度を...

アースプラスの供給に余力はあるが、アースプラスを使った不織布などを委託加工する協力工場で生産が間に合わない事態が生じている。 19年10月には中国で認可を受け、現地メーカーがマスク製...

【二交代制検討】 マスクOEMメーカーの白鳩(名古屋市南区)でも1カ月前からマスクの注文が増加。... 同社は中国にも製品を展開しているが、供給が追い付かず品切れが発生しているという...

自社で企画開発したブランド品「クロッカス」を主力商品に、ライセンスブランド品やOEM(相手先ブランド)供給品など低価格品から高級品まで幅広い扇子を取り扱っていた。... このため、百貨店以外の専門店で...

例えばエアコンのロータリーコンプレッサー用工具(写真)は、ある大手が日東精密からのOEM(相手先ブランド)供給に切り替えたことで、ついに1社のみに。... 供給責任の重さも感じ始めている。

デンマーク・ユニバーサルロボット(UR)のユルゲン・フォン・ホーレン社長は「工作機械メーカーへのOEM(相手先ブランド)供給をターゲットにしている。... 工作機械へのワーク供給はローダーが担ってきた...

2019年下期の新社長 (2020/2/3 下期の新社長)

俊治氏は会長も兼務 マックスバリュ西日本           平尾健一  57  業績不振の経営責任を明確にするため ZOZO      沢田宏太...

「欧米に足場がある国内外の企業に数社、OEM(相手先ブランド)供給したい。... まずOEM供給事業を大きくし、その後富士ゼロックスブランドで販売を始める二段構えでいく。... 21年4月に社名が変わ...

日立・NEC、RPAガイド無償公開 ソフト相互供給も (2020/1/29 電機・電子部品・情報・通信1)

3月にRPAに関する運用管理ガイドを共同で策定・公開するほか、運用管理ソフトウエアの相互供給も始める。... RPA運用関連ソフトウエアの相互供給は、統合運用管理ソフトウエアである日立の「JP1」とN...

特に海外向けは臨床検査薬のOEM(相手先ブランド)販売が堅調に推移し、また海外の特定企業への臨床検査機器供給など一過性の需要もあった。

園芸機器は国内外のメーカーにOEM(相手先ブランド)供給もしており、輸出は売上高の6割を占める。

富士ゼロックス、欧米でOEM供給へ 複数と商談進む (2020/1/9 電機・電子部品・情報・通信1)

富士ゼロックスの玉井光一社長(写真)は8日、日刊工業新聞の取材に応じ「(今後も供給関係を維持する)米ゼロックス以外の複数のメーカーと複合機のOEM(相手先ブランド生産)供給について商談が進んでいる」こ...

富士ゼロックス、米ゼロックスと契約解消 来年新社名 (2020/1/7 電機・電子部品・情報・通信1)

1962年の富士ゼロックス設立以来続いていた技術契約の解消後も、米ゼロックスへのOEM(相手先ブランド生産)供給を継続。一方、販売圏の制約が外れるため全世界へ製品を供給できるようになる。 &#...

建機メーカー大手にOEM(相手先ブランド)供給し高い技術力を誇る。

基幹部品となるサーボモーターや制御装置は安川電機が供給し、性能や価格競争力を高めた。... 安川電機は同合弁会社からOEM(相手先ブランド)でスカラロボットを調達。... 同合弁のOEM調達品を中国以...

2車種ともにダイハツ工業からのOEM(相手先ブランド)供給を受け販売する。

富士ゼロックスとのシナジー創出と欧米市場を含めた全世界でOEM(相手先ブランド)供給できる体制を整え、ドキュメント事業で2024年度に18年度比1・3倍の1兆3000億円の売り上げを目指す。 ...

おすすめコンテンツ

すぐ身につく分析化学・機器分析の実務
基礎、前処理、手法選択、記録作成を現場目線で解説

すぐ身につく分析化学・機器分析の実務 基礎、前処理、手法選択、記録作成を現場目線で解説

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい地盤工学の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい地盤工学の本

図解よくわかるスマート農業
デジタル化が実現する儲かる農業

図解よくわかるスマート農業 デジタル化が実現する儲かる農業

岐路に立つ日本医療
破綻か飛躍か!?激変する世界が迫る選択

岐路に立つ日本医療 破綻か飛躍か!?激変する世界が迫る選択

おもしろサイエンス 
火山の科学

おもしろサイエンス 火山の科学

新版 
イチから知る!IR実務

新版 イチから知る!IR実務

電子版クレジットカード決済が対象になりました。キャッシュレスでお支払いのお客様に5%還元 ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる