電子版有料会員の方はより詳細な条件で検索機能をお使いいただけます。

23件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.002秒)

特に有害性が指摘され、使用禁止、あるいは禁止に向かっている代表的なPFASを特定PFASと呼び、PFOSやPFOA、PFHxSなどが該当する。これらに対し、POPs条約(残留性有機汚染物質に関...

東京や沖縄などで一部市民の血中濃度(PFOS〈ペルフルオロオクタンスルホン酸〉・PFOA〈ペルフルオロオクタン酸〉)が平均より高い。 世界の大手フッ素化学品メーカー8...

トクラス、家庭向け蛇口直結浄水器 マイクロバブルで肌荒れ軽減 (2023/11/23 生活インフラ・医療・くらし)

コンパクトな手のひらサイズの装置で塩素など19種類の物質のほか、人体への有害性が指摘されるペルフルオロオクタンスルホン酸(PFOS)やペルフルオロオクタン酸(PFOA)...

水道水や排水、環境水などの試料から、代表的なペルフルオロオクタンスルホン酸(PFOS)やペルフルオロオクタン酸(PFOA)を中心に測定を行う。

PFAS規制、産業界注視 一括強化に懸念広がる (2023/9/19 素材・建設・環境・エネルギー)

PFASのうち、PFOSやPFOAなど一部の化合物は健康リスクなどが指摘され、すでに製造や輸入が禁止されている。

またPFOS(ペルフルオロオクタンスルホン酸)・PFOA(ペルフルオロオクタン酸)につき、飛行場や基地周辺の河川等での暫定目標値の超過事例発生による近隣住民を中心とした...

【長野】ミヤサカ工業(長野県茅野市、松本耕平社長)は、同社が製造・販売する非常用浄水器で人体に有害とされる化学物質「PFAS」のうちペルフルオロオクタン酸(...

PFASの中でもペルフルオロオクタンスルホン酸(PFOS)やペルフルオロオクタン酸(PFOA)は、水質汚濁防止法の指定物質に追加されるなど規制が強まる見通しで、同事業に...

OKIエンジ、電子機器のPFAS分析 12日に調査・計測サービス開始 (2023/7/6 素材・建設・環境・エネルギー1)

PFOAやPFOSを含め、4500種から1万種存在するとされる。

PFOSに続き、PFOAも21年以降、化審法で製造、輸入および使用が原則禁止されている。 ... また米国の「飲料水暫定生涯健康勧告値」として、1リットル当たりPFOSが0・02ナノ...

三菱ケミ・クリンスイ、フッ素化合物を除去 (2023/6/7 素材・建設・環境・エネルギー2)

三菱ケミカル・クリンスイ(東京都中央区、田邉大地社長)は、同社の浄水カートリッジが有機フッ素化合物のペルフルオロオクタンスルホン酸(PFOS)とペルフルオロオクタン酸&...

PFASは全部で数千種類あるといわれ、国際条約で製造や使用が禁止されているのは「PFOS」や「PFOA」などのごく一部。

グリーンパンはフッ素樹脂不使用で、環境規制物質のペルフルオロオクタン酸(PFOA)やパーフルオロアルキル化合物、ポリフルオロアルキル化合物(PFAS)、鉛などを使用して...

環境規制物質のペルフルオロオクタン酸(PFOA)の非含有も実現した。PFOAは界面活性剤の一種で、フッ素樹脂の製造時に微量に生成する。

日本ドライケミカル/環境にやさしい泡消火薬剤 (2021/1/11 新製品フラッシュ2)

ペルフルオロオクタン酸(PFOA)を含まない有機フッ素化合物を原料に、独自の製造法でフッ素たん白泡消火薬剤を開発。

REACH新規制対応 ジェイテクト、真空室用軸受を発売 (2020/3/3 機械・ロボット・航空機1)

従来の真空環境・クリーンルーム用軸受はグリースの製造過程で、7月4日からREACH規制の対象となるパーフルオロオクタン酸(PFOA)が発生する。エグセブ―EXでは製造過程でPFOAを出...

アパレル・繊維各社、「環境に配慮した服」開発 (2019/7/1 素材・医療・ヘルスケア)

一般的な撥水剤はフッ素系で分解されにくいパーフルオロオクタン酸(PFOA)が含まれている。 【撥水性高める】 一方でPFOA不使用の撥水剤は性能や耐...

小松マテーレ、耐久素材投入 洗濯100回でも高撥水性 (2019/6/24 素材・医療・ヘルスケア)

従来、撥水加工に用いられてきたパーフルオロオクタン酸(PFOA)を使用しない。... PFOAなど毒性の高いフッ素系加工剤は米環境保護局が使用を規制しているため、PFOAフリーで撥水性...

先日、「残留性有機汚染物質に関するストックホルム条約」(POPs条約)の締約国会議でパーフルオロオクタン酸(PFOA)が規制対象となった。... PFOAはかつてPTF...

PFOA(パーフルオロオクタン酸)を含まない環境対応型フッ素を使用し従来工法では難しい一般紙にも加工が可能だ。

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件の記事を保存することができます。

ログイン